外壁塗装は10年を目安におこなおう!

外壁塗装工事は10年ごとにおこなう

外壁塗装工事は何年ごとにやればいいのでしょうか?

今回はそんな疑問を解決するために、外壁塗装工事が必要になる時期とその理由を紹介していきます!

外壁塗装は10年おきにおこなう

外壁塗装工事は10年に一度おこなうのが目安です。10年もたてば、外壁はボロボロになってしまうので、この時期に家のメンテナンスとして外壁塗装をおこなう必要があるのです。

外壁がボロボロになってしまうと外壁の防水効果などが失われてしまい、そのまま放置しておくと建物の内部構造にまで悪い影響を及ぼしてしまうことがあるのです。そうならないように、外壁塗装工事は10年を目安におこなうことが推奨されているのです。

前回の外壁塗装工事から10年が経ち、外壁塗装工事を検討している方は、一度業者の方に点検してもらいましょう。あなたの家にどのような問題があるのか教えてくれますよ。しかし、あなたに外壁塗装工事をさせるために、必要のない工事を進めてくる業者もいますので気を付けましょう。

新築の場合は5年がおすすめ

新築の場合は5年で外壁塗装工事をしてもいいと思います。

こだわって建てた家でない限り、最初に塗られている塗料が経費を抑えるために耐用年数の短いものであることが多いのです。その塗料はアクリル塗料といって、塗料の中でもっとも耐用年数が短いもの(5~8年)なのです。ただ、アクリル塗料が÷いということではないので勘違いをしないようにしてください。アクリル塗料は、建築費用にお金がかかるので、少しでも費用を押さえることができる塗料なのです。

とはいうものの、アクリル塗料の耐用年数は短いので、新築物件の場合は5年を目安に外壁塗装工事をおこなってもいいのです。

すでに劣化現象がみられている場合は工事を考えてみてもいいのではないでしょうか。

外壁塗装をする理由

外壁塗装はなぜ10年という目安でおこなわなければならないのでしょうか。ここでは外壁塗装を10年スパンでおこなう理由を紹介します。

  1. 10年という時間をかけて劣化が進んでしまっている
  2. 塗料の耐用年数は長くても10年程度

以上の理由から10年ごとの外壁塗装が必要なのです。

それぞれの理由について詳しく説明していきます。

劣化が進んでしまっている

あなたの家は、建築中から紫外線や雨・風、ごみなどにダメージを受けてきています。これが10年間続くとなると建物は長い時間をかけてダメージを受けていることになるのです。その劣化がそれ以上続くと建物の内部構造にまで影響を与えないようにするためには10年でも外壁塗装工事が最適なのです。

また、建築時に売られる塗料は、先にも説明したように一番費用の抑えられる塗料を使っているので塗膜がすぐに剥がれてしまうことがあるのです。

このように劣化現象が進行してしまっているということと、塗料の劣化の関係によって外壁塗装は10年を目安におこなうべきと言われているのです。

塗料の耐用年数が10年程度

外壁塗装の塗料として代表的なものは以下の4つです。

  • アクリル系塗料
  • ウレタン系塗料
  • シリコン系塗料
  • フッ素系塗料

それぞれの塗料で特徴があり、アクリルやウレタンは5~10年ほど、シリコンは8~15年、フッ素は15~20年と塗料ごとに効果を保っていられる耐用年数に差があるのです。

このように見てみると、耐用年数はだいたい10年ほどとなっていますよね。

以上のことからもわかるように、家をより長持ちさせ、快適に暮らしていくには10年ほどで外壁塗装が必要なのです。

築年数ごとの劣化症状

外壁塗装をした後から築年数ごとみられる劣化現象をまとめました。

築年数が経過するごとに、外壁に劣化がみられるようになってくるのでメンテナンスをするべき時期を間違えないように参考にしてくださいね。

築年数 症状 詳細
約1~2年 ツヤがなくなってくる 紫外線や雨・風、ごみによって塗膜に受けていいたダメージによって艶がなくなり始めます。
約5~6年 チョーキング 塗料の効果がなくなりつつあり、外壁に触ると手に塗料の粉が付くようになります。
約6~7年 カビ・コケ 外壁塗装の効力が落ちて劣化が進行し、カビやコケが目立つようになってきます。
約8~9年 外壁・コーキングのひび割れ 外壁やコーキング材にひびが入ってきます。この隙間から水分が入ってしまうのでそろそろ補修工事が必要です。
約10年 外壁の剥がれ ここまできてしまうと、外壁塗装の効果は全くない状態です。工事に向けて動き出す必要があります。

これらの症状が進んでいくと最終的には大掛かりな補修工事が必要になってしまうこともあるので、劣化に対する補修はしっかりとおこなうようにしましょう。

外壁塗装をしないと大掛かりな工事が必要になるかも

10年ごとの外壁塗装はあくまで目安ですので、必ずやらなければならないわけではありません。外壁塗装工事の時期は1軒1軒違ってくるのです。

しかし、劣化現象がみられているのに放置し続けてしまうと劣化の症状がひどくなってしまいます。そうなると、普通の外壁塗装工事では補えないような劣化現象ができてしまい、大きな費用がかかる工事が必要になってしまうかもしれません。

そうならないように、外壁塗装工事は10年ごとを目安としておこなうのがおすすめです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。