外壁塗装の3回塗りって?その理由を解説!

3度塗りされた外壁

外壁塗装をすることは人生にそう何度もありませんよね。あるとしたら、マイホームを買ったときではないしょうか。初めて外壁塗装をする際には、業者の言われるがまま工事を任せてしまうことになってしまいます。

ですが、そのように工事を任せっぱなしにしてしまうと、手抜き業者に当たってしまった時にいいように扱われてしまいます。まれにそういった業者から割高請求されてしまうこともあるので、最低限の知識を身に着けておきましょう。

3度塗りは基本!

外壁塗装ではこの三度塗りが基本となっています。その理由や悪徳業者に騙されないポイントを紹介します。

なぜ三度塗り基本なの?

仕上がりだけに注目されがちな塗装ですが、塗っているときに、「何回重ね塗りするか」を注意する必要があります。

塗った回数により、今後の耐久性に影響が出ることもあるので知識として覚えおくとなにかと役に立ちます。外壁塗装は一度塗れば大丈夫と思ってしまいそうですが、そうではないのです。

ずさんな工事を防ぐため

中塗りと上塗りはおなじものを使用することが多いです。しかし、これだと一般人には2回塗ってあるか分かりません。そこで「少し色を変える」ことで、手抜き工事を未然に防げます。

なぜ、少しなのかというと時間が立つにつれ、上塗り部分が剥がれて中塗りとが出てきます。その時にかなり違う色の塗料だと汚く目立ってしまうことがあります。そのため、同系色で若干異なる色だとちょうどいいかもしれません。

三度塗りの工程意図

外壁や塗装を施行する際に、一度目は下地の役割に、二度目が中塗り、三度目が上塗りという工程になります。

この工程が基本になるため、三度塗りが自ずと一般的になるのです。外壁塗装業者から信頼されている大手塗装メーカーでも、三度塗りで最大限の耐久性が発揮されるように設計されています。

例外として、模様をつけたり、より耐久性を求める場合は、四度塗り以上をする塗料もあります。

三度塗り以上をしてもいい?

では、三度塗り以上だとさらに耐久性が増して良いということになるのでしょうか?たしかに、塗る回数が多いほど、塗装が強くなって良いイメージがありますよね。しかし、塗料メーカーから提示されている回数よりも多く塗ってしまうと、よくないこともあります。

塗装の効果をしっかりと発揮できない・料金を上乗せする口実・他の塗装で余った塗料を消費したいから・多く塗ることで信頼を買おうとしている。などの悪い意図で塗る回数を多く提案してくる業者もなかにはるので多いほどいいではなく適性な三回塗りが良いと覚えおきましょう。

三度塗りの工事期間は通常どれくらい?

外壁塗装は家の顔にもなりますし、早く対面したいとおもうかたも多くいるのではないでしょうか。だいたいの目安をみていきましょう。

知っておきたい工事期間

三度塗りの工程をそれぞれ別日に行うという場合もありますが、感想時間は目安でありその時期の気候により変わります。乾燥しやすい天気の日は、湿気がある日よりも乾燥時間は短く済みます。

塗料の乾きが速い気候の日であれば、午前中に一度塗り、午後からもう一回塗ることもあります。塗料のメーカー名が分かれば調べられるので、業者がそれを守っているのか確認もできます。最も大事なことは「完全に乾燥してから次の塗りをする」ということです。

塗料によってさまざまな条件がある

例えば、ある会社の塗料の注意書きには次のようなことが書いてあります。・夏場は、上塗りをする場合中塗りから3日以内に塗装する必要がある・結露が多い環境では使用を避けること・防藻、防カビ効果をもつが、下処理をしっかりとしてきれいな状態ですること。

このように塗料ごとに注意点があるので、それを守らないと塗料の効果が発揮出来ません。

ここで注意したい手抜き業者チェック

悪い業者の場合、たった一日で三度塗りのすべての工程を終えることがあります。つまり、乾燥しないうちに重ね塗りしているので、失敗に繋がります。

また、「下塗りと上塗りだけ」という二度塗りで終えてしまうこともあります。すべての塗り作業が終わってから外壁に何回塗っているのかはプロでも判断が難しいので未然に防ぐことが大切になります。

優良会社に塗装をまかせれば心配ない!

外壁塗装では塗る回数も大切ですが、塗る回数以外にも塗料の種類や、注意点は多くあります。けれども、優良会社に外壁塗装を依頼することでこのような悩みはすべて解決できます。・適切な外壁塗装の塗り回数が見極められる・塗料の知識量・塗装の高い技術を持っている。

これらの要素がある優良会社を選ぶことで塗装のことでの不安や悩みはなくなります。外壁塗装を施行する前にまずは優良会社を探しましょう

悪徳業者に注意!

ほとんどの塗装業者はきちんと三度塗りの基本を踏まえて施行してくれますが、悪徳業者もいることも事実です。

そういった業者に大切な家の顔に手抜き作業をさせないためにも、こういった知識をある程度持って防ぎましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。