外壁塗装中にエアコンは使用できる?

外壁塗装工事中のエアコン使用について

外壁塗装工事中にエアコンを使用できるかどうか気になりますよね。

ということで今回は、外壁塗装工事中のエアコン使用について紹介してきます。工事内容によってエアコンの使用は左右されますので、不安な方はぜひ参考にしてください!

外壁塗装中にエアコンは使えるのか

外壁塗装工事中にエアコンが使えるかどうか気になりますよね。特に夏の暑い時期や冬の寒い時期での塗装はエアコンが使用可能かどうかがとても気になると思います。

結論、外壁塗装中はエアコンを使用できることが多いです。

ただそれも工事の要望や建物の造りによって変わってきますので、工事前に業者に確認しておくことが必要です。特にエアコンまわりを塗装する際は使用できなくなることがあります。外壁塗装中は窓を開けることができないことが多いので、室内環境を考えるとエアコンは必要になります。

それではエアコンを使える場合と使えない場合について詳しく見ていきましょう。

室外機を取り外す場合

エアコンが使えるかどうかは、室外機の取り外しにかかっています。室外機は外壁にぴったりくっついている場合と少し隙間を置いて設置されている場合があり、それが塗装工事に関わることがあるのです。

室外機の裏側の塗装はお客様次第という場合が多いのですが、もし塗装をするのであれば室外機の取り外しが必要になるため、その間エアコンは使用できないと考えましょう。

工事時期次第ではエアコンを使わないと厳しいという場合があると思うので、その場合は室外機を取り外す期間を最短にしてもらうように業者にお願いしましょう。

室外機を取り外さない場合

室外機を取り外さない場合は、エアコンを問題なく使用することができます。室外機が外壁に密着していて裏側の塗装が必要ない場合や、取り外しが面倒になる場合が考えられます。

といても室外機の裏側だけ塗装しないというのもおかしいですので、取り外すことになる場合が多いかもしれませんね。その際は先にもいったように、最短の取り外し期間で済むように業者にお願いしましょう。

また、エアコンの使用可否に関わらない範囲で室外機が移動できる場合は、塗装の取り外す必要がないのでエアコンを使用することができます。

室外機まわりの塗装時は使えない

一つ注意点として、エアコンの室外機回りの塗装時には、エアコンを使用しないことをおすすめします。

その理由は、室外機回りの塗装時にエアコンを使用してしまうと、塗料のにおいが室内に入ってきてしまうことがあるためです。

塗料にはシンナーが含まれているので、長時間や強くシンナーのニオイを嗅いでしまうと体調に影響があります。

塗料のニオイが体に及ぼす影響についてはこちらをご覧ください。

外壁塗装中に換気はできるのかどうか調べてまとめています。外壁塗装中に換気してしまうことによって考えられる健康への害についても紹介しているので、これから塗装工事を考えている方、検討中の方はぜひ参考にしてください!

塗料によってもエアコンの使用可否が決まる

外壁塗装の塗料には、大きく分けて油性と水性の2種類あります。それぞれの特徴を紹介します。

塗料の種類 紹介
油性塗料
  • ニオイが強く、体に与える影響は強い
  • 塗料の性能は強力
水性塗料
  • ニオイが弱く、体に与える影響は比較的少ない
  • 塗料の性能は普通

外壁塗装で多く使用されるのは油性塗料なので、エアコン使用時に感じるニオイは多いかもしれません。もしシンナーのにおいが苦手な方や避けたい方、エアコンを使用していたい方は水性と塗料での塗装を検討しましょう。

いずれにせよ、水性塗料でも全く塗料のニオイがしないということはないので、エアコンの使用には気を使うかもしれませんが油性と用の場合よりはましになります。

エアコン周りの塗装事情

エアコン周りの塗装事情を紹介します。エアコンの使用に関わるので確認しておきましょう。

エアコンの室外機

エアコンの室外機と外壁に隙間がある場合は、室外機の裏側も塗装することができます。基本的に室外機に養生をして、隙間にハケやローラーを入れて塗装していきます。

しかし隙間が全くない場合は、室外機を取り外すことがあるので、その際のエアコン使用はできなくなります。

エアコンに関して塗装職人の方は知識を持っていませんので、取り外しの際はエアコンの業者に相談することをおすすめします。職人の世界では「専門以外のものは触らない」という暗黙の了解があるので、やはり室外機の取り外しにはエアコンに精通している業者を呼びましょう。

エアコンカバー・ホース

エアコンカバーやホースにも「取り外す」「養生する」という2つの選択肢があります。室外機に比べて取り外しが簡単なので、エアコンカバーやホースについては塗装業者が扱うことが多いようです。

ただその際は破損や変形がなかったか確認しておきましょう。

エアコンカバーや配管に関しては、要望があれば塗装可能となっています。ただ使用する塗料が変ることや工事範囲が増えることで費用が別にかかることになると考えましょう。

事前にエアコンについて確認しておこう!

塗装工事中のエアコンの使用については、室外機の設置位置や取り外すかどうかが関係してきます。

工事中の生活でストレスを溜めないために、事前に業者と工事内容を確認しておきましょう。エアコンの使用可否に関しても相談しておくと、生活に支障をきたさないで済みますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。