外壁塗装の色決めでカラーシミュレーションを利用する際の注意点!

外壁の色にお悩みの方は、カラーシミュレーションというツールをご存知ですか?

外壁の色を決める際に、たくさんの色を試すことができるのですが、これだけに頼ってしまってはいないでしょうか。カラーシミュレーションには良い点もありますが、依存してしまうと後悔の残る外壁塗装になってしまうかもしれません。

今回は、外壁塗装の色決めに際し、カラーシミュレーション利用するときの注意点を紹介していきます。

カラーシミュレーションとは?

カラーシミュレーションとは、外壁の希望の色を自由に選択することができ、完成時の外壁の色を可視化できる便利なツールのことです。

これには、インターネットに公開されているものと、業者が提案に使うものと2種類あります。

インターネットで公開されているもの

ネット上に公開されていて、どなたでも簡単に塗装のシミュレーションをおこなうことができます。現在では、スマートフォンやタブレットで使えるアプリも公開されています。

自宅の形に似ているパターンを選択し、屋根の色、2階の色、1階の色など細かい部分まで色を選択することができます。

複数ある色から希望の色を選択すると、すぐに選択外壁の選択部位に色が反映されるので手軽に利用することができますよ。カラーシミュレーションないくつも存在するので機能や操作方法はそれそれぞれ異なりますが、使用目的は同じなので自分が使いやすいものを見つけましょう。色の種類や家のパターンで使うカラーシミュレーションを選ぶと、より完成時のイメージがしやすいのではないでしょうか。

できるだけ多くの色を試すことで、自分の好みや、周りの景観に合った色を絞り込んでいきましょう!気に入った色は目もしておくと実際に業者の方と話すときにスムーズですよ!

業者が提案に使うもの

実際に塗装する建物をベースにしてシミュレーションをします。

こちらは、フォトショップなどの編集ソフトを使用して作成するものですので、気軽に色を選択したりすることは難しいです。あらかじめいくつか候補を絞っておいて業者の方にお願いするということになります。

業者の方にお願いするということで、外壁塗装工事をやると決めている方が利用した方がいいです。工事の意思がないのに依頼してしまうと業者の方との関係が悪くなってしまうことがありますよ。また作成には、写真撮影や編集で時間がかかりますので工事の志士がない場合はやめておきましょう。

カラーシミュレーションの注意点

外壁の色を決める際に便利なカラーシミュレーションですが、これだけに頼って色を決めてしまうのと失敗の原因になってしまうかもしれません。

外壁塗装を失敗しないために、ここからはカラーシミュレーションの注意点を紹介していきます。

色の見え方が異なる

色は無限にあるといってもいいほどたくさんの種類がありますよね。「少しの違いなんてたいしたことない」と思っている方もいるかもしれませんが、外壁塗装工事では塗装面積が広いので、わずかな色の違いでも完成時に違和感を覚えてしまうことが多いのです。

そんな繊細な色を扱うからこそ、カラーシミュレーションのみに頼るのは危険なのです。パソコンのスクリーンの明るさや、画面の質感、電気のあたり具合によって、同じ色でも見え方が全く異なります。

その時見た城が気に入ったといっても、もうその色は再現できないかもしれないのです。あくまで参考としてカラーシミュレーションを使いましょう!

周辺環境を考慮できない

どの地域でもその街らしい雰囲気や、景観がありますよね。カラーシミュレーションではそこまで考慮することができないので、周辺環境に合った色を選択するのが難しいのです。

カラーシミュレーションではいいイメージだったのに、いざ塗装してみたら近所で浮いてしまったなんてことはよくあることです。

地域の景観を壊してしまわないため、近所で恥を書かないためにもカラーシミュレーションだけでなく、周辺環境をみながら色を考えましょう。

外壁の質感を考慮できない

カラーシミュレーションソフトが優秀なものであっても、外壁の質感までは完璧に再現できませんよね。

外壁の凸凹によっても色の見え方は変わってくるのです。これを無視して色をきめてしまうと失敗してしまうので、業者の方や、詳しい方に実際に話を聞くことをおすすめします。

カラーシミュレーションだけに頼るのはやめよう!

外壁塗装の色選びで大切なことはたくさんあります。

中でも一番おすすめなのは、業者の方に希望の色を伝え、実際にその色が塗装してある家を見せてもらうことです。大雑把な色でいいので、その系統の家をたくさん見ることで完成時のイメージをしっかりつかむことができますよ!

また、外壁の塗装は時間が経つにつれどうしても汚れていってしまうので、そのことも考えてさまざまな家を見てみると自分が塗る色がだんだんと絞れますよ!

カラーシミュレーションは確かに便利なツールですが、実物に勝つことはできないので参考程度に考えておくと、後悔のない色決めができると思いますよ!色のおおまかなイメージをつかむため、色を絞り込むためのようにうまく活用しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。