屋根修理はクーリングオフできる!その方法や注意点を徹底解説

屋根修理のクーリングオフ

自分の住んでいる家の屋根が突然落ちてきた、あるいは穴が空いてしまった。そんなときあなたはどうするでしょうか。必ずと言っていいほど絶対的に業者にお願いしますよね。屋根にどのような症状が起きて、どの屋根工事が必要なのかしっかりと把握しておく必要があります。

もし屋根に関する知識がなかったら、屋根業者の言ったことをそのまま鵜呑みにしてしまい、不当な請求をされてしまうかもしれません。あなた自身で正しい屋根知識をみにつける必要があります。屋根工事の主な要因としては以下のようなものが挙げられます。

  • 雨漏りを修理してもらっても修理しきれていない
  • そもそも家のリフォームを考えている。
  • 屋根の汚れがひどい。
  • 訪問営業によって気になりだした。

というように屋根を工事・修理する理由は人様々である。家は大切にしているが、定期的にメンテナンスをせずに、補修や修理をしていかないといけないことを知らない人が多いのです。

上記のように多様な理由で屋根修理をお願いするきっかけがありますが、訪問販売によるきっかけもその1つです。しかし、訪問販売で屋根修理の契約を実際に結んだけど、その後本当かどうか不安になってきたという声も存在します。

実際に、「契約を結んでしまったのにあとから解約するなんてできない」と思ってしまうのもわかります。。というのも、訪問販売をしている営業者の多くは、「今すぐ修理しないと屋根が危険な状態になってしまう。」というように不安を煽り、顧客に考える時間を与えずに契約を結ぼうとする傾向にあるからです。契約する前であれば、いくらでも話し合いもできますし、契約をする必要がありません。

しかし、「契約を結んだ後では解約できないのでは?」と思ってしまう可能性もあるのです。そこで有効的なのが、クーリングオフです。今回は、クーリングオフという制度の実態に注目してみたいと思います。

屋根修理はクーリングオフ可能!

まず、そもそもクーリングオフと聞いて、ぱっとイメージが湧くきますか??クーリングオフという言葉自体は聞いたことがあるという人もいるかもしれないですね。

例えば、「訪問販売で契約した業者と解約したい」、「一度決めた業者を断るのは気が引けてしまう」、「家族が不安で他の業者に移行したい」という悩みであればこのクーリングオフ制度は適用することができます。

クーリングオフとは、リフォーム等工事の契約に関して、ある一定の期限内であれば契約を解除できるという制度です。

これは、業者の言い分を無視して一方的に解約できるので悪徳業者に騙されて不当な料金を払ってしまった後でも条件さえしっかりと満たせば全額返金してもらえるのです。なんとも心強い制度だと思われます。

しかし、忘れてはならないのが全ての契約がクーリングオフの対象に当てはまるわけではないのです。満たすには条件があり、条件を満たせなければ、返金してもらうことはできないのです。

クーリングオフする2つの条件とは

クーリングオフ制度にも適応されるものとそうでないものが存在します。

1.訪問販売で契約した業者、工事であること

訪問販売によって営業され、直接相手から契約を結ぼうとしてきた場合に当てはまります。大事なのが、契約を行った場所が、契約先の事業所ではないことです。

自分で家に呼んだ場合は当てはまらず、そもそも個人の契約であることが第一条件となります。

2.契約日から8日以内であること

たとえ、契約を結んでも8日以内であれば解除できるのです。「やっぱりこの工事は見合わせよう」と思っていても、業者に契約解除を申し出ることで、解除できるのです。また、工事がすでに完了していても、クーリングオフ制度を通知すれば、工事費用を払う必要はないのです。

屋根修理のクーリングオフ時に気を付けること2つ

「今回はクーリングオフ対象外」という悪徳業者の虚偽情報

屋根修理業者の中でも、実際にクーリングオフが対象外であると明記して契約を結ぼうとする業者も存在します。

悪徳業者の見分け方として、例えば雨の中でも兵器で作業を続けようとするなどが挙げられます。このような業者をすでに選んでしまった時点で失敗です。必ず最初の時点で信頼の置ける工事業者を選別することが大切です。

実際に、クーリング適応外という虚偽の情報を流して契約を結ぶ業者も存在します。その時点でしっかりと、見極めることでトラブルを防ぐことができるでしょう。

「確認しますので時間をください」という業者による時間稼ぎ

クーリングオフ行為として特に見受けられるのが、「資料を取り寄せているのでしばらく時間をください」というような時間稼ぎです。8日すぎるのを待ってクーリングオフ制度を適用させないような手口も存在するのです。

確実に信頼できる業者と契約を結ぼう

上記のように実際に虚偽の情報を流したり、顧客にクーリングオフが適用されないようにあえて期限を延ばしたりする業者も存在するのだ。一つの基準として知っておいたほうが良い、悪徳企業の基準を紹介します。

  • アポ無しで突然営業をかけようとする
  • やたらと契約を急がす
  • 契約するのに名刺を持っていない
  • その場で契約させようとする

このような業者は決して信頼できる業者ではないでしょう。こういった業者とはすぐに契約を結ぶのではなく、一度業者に帰ってもらいサイド検討することが大切です。

契約を結ぶ前にしっかりと見極めた上で、信頼できる業者と契約を結ぶと良いでしょう。

クーリングオフは素早い行動が大切!

クーリングオフ制度は期限が過ぎてからもいちおう対応可能です。

しかし、それらは業者側のミスなどを指摘することでしか出来ないものです。事実とは異なる説明を業者にされたり、書類に不備の内容が記載されていたり、渡されるべき書類が渡されなかったりする場合です。

クーリングオフ制度を利用するには早いに越したことはありません。8日以内が最善ですが、教区力早いほうが好ましいでしょう。

8日以内でなければ、仮にその他の条件を満たしていても思考されないという点をしっかりと覚えておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。