屋根塗装のタイミングは?劣化サインで塗装時期を判断!

劣化している瓦屋根

今回は屋根の劣化現象と塗装時期について紹介していきます。

屋根種類別の耐用年数

まず屋根塗装のタイミングは、屋根の耐用年数をもとに考えることがます。もちろん屋根は丈夫な素材が使用され、強固に塗装がされています。しかしいくら頑丈に塗装がされているからと言って永久的にその耐久力が持つはずがありません。メンテナンスを繰り返すことで屋根は屋根としての機能を発揮し、耐用年数の間家を守ってくれます。

それでは屋根の種類別に耐用年数を見ていきましょう。その耐用年数によって塗り替え塗装時期が異なってくるので確認してください!

屋根の種類 耐用年数 塗り替え目安時期
スレート屋根 20~25年 5~10年
セメント瓦 30~40年 5~10年
日本瓦 50~100年 劣化が見られたら
金属屋根 30~60年 5~10年

屋根の種類別に塗り替えタイミングを見ていくと、以上のようになっています。日本瓦に関しては大きな劣化現象が見られない限り塗装は不要となっていますが、もし劣化現象が見られるようなら塗装も可能ですのでぜひ検討しましょう。

屋根は雨風や紫外線の影響を一番多く受けるので、家の中で最もダメージを受けてしまう部分です。外壁のように塗装が耐用年数分持つとは限りませんので、気持ち早めの塗装がおすすめです。

屋根も10年おきの塗り替えが目安

以上の表で紹介したように、屋根塗装のタイミングは10年おきが目安となっています。外壁も10年目安と言われていますので、同じタイミングで塗装をおこなってしまえば足場費用や養生代を節約することができます。

とは言っても屋根の受けるダメージは外壁の比ではないのでタイミングがずれてしまうことも考えられます。

また目に見えて劣化現象がないから大丈夫と考えていても、屋根裏ではすでに雨漏りが起きてしまっていることもありますので10年おきのメンテナンスは守ることをおすすめします。気づいた時には遅かったなんてこともあるので屋根の塗装には気をつかいましょう。

外壁の塗装時期について詳しくはこちらをご覧ください!

外壁塗装に最適なタイミングと時期について紹介しています。「外壁塗装したいけど、いつやればいいのかわからない」という方は、是非参考にしてください!

屋根塗装の時期を示す劣化サイン

外壁で目の届く範囲の劣化は自分の目で確認できますが、屋根は高い位置にあるので実際に見て確かめることは難しくなっています。そこでここからは屋根の劣化現象を紹介していきます。

瓦の滑落

瓦のひびやズレを放置していると、最終的に落ちてきてしまうことがあります。他には台風や防風の際に瓦が落下してしまうこともあります。

瓦が落下してしまうと、その大きさによっては屋根の防水剤やクギが丸見えになってしまう場合があります。この状態で放置してしまうと雨が降った際に雨水が建物の内部に侵入してきてしまいます。最終的に雨漏りの原因となってしまいますので、屋根の塗装か葺き替えが必要になります。

棟板金の浮き、クギ抜け

スレート屋根や金属屋根はそのてっぺんに棟板金というものがあります。棟板金は気温の影響によって膨張や収縮を繰り返す性質があり、この関係で棟板金を停めているクギが抜けてしまうことがあるのです。

これを放置してしまうと、棟押さえが外れてしまったりサビの原因となってしまいます。さらに下地がむき出しになってしまうこともあるので早めのメンテナンスが必要になります。

塗装で劣化部分を補修するか葺き替えも修繕方法の一つとなっています。

漆喰の劣化・剥がれ

日本瓦やセメント瓦は瓦の固定・接着に漆喰を使用します。この漆喰は紫外線や雨風にさらされていますので、ほかの屋根材と同じように経年劣化してしまいます。

地上からみてヒビや剥がれを見つけた場合は危険な状態であると判断しましょう。瓦を止めている力が弱まっていますので、少しの風や地震で瓦がズレてしまったり最悪の場合は落下してしまうこともあります。

瓦がしっかり固定されていないということは、屋根に隙間が空いてしまっているということなので最悪の場合は雨漏りが発生してしまうことも考えられます。この劣化に気づいたら早めのメンテナンスを心がけましょう。

藻・カビの発生

屋根材の塗膜が劣化すると防水機能が低下してしまいます。その影響で水分や湿気が屋根に溜まってしまいコケやカビの発生につながってしまいます。

放置してしまうと、屋根自体の耐久年数にもかからってきますので、塗装をして防カビ・コケ対策をしましょう。

瓦の反り・ひび割れ

スレート屋根は劣化が進んでいくと、反ったり割れたりという現象が出てきます。たとえば瓦が水を含んで凍ったり、急に乾燥したりということで反りにつながってしまうのです。

こちらも放置すると大規模な工事が必要になってしまうことがありますので、早めの補修工事がおすすめです。

色あせはまだセーフ!

単に屋根が色あせているという状態であればまだ塗装や補修の必要はありません。しかし、色あせは劣化が始まっている証拠ですのでその状態が長い間維持できるとは考えないでください。

気づいたときには遅かったとならないように、早めに業者に相談したり自分で調べたりしておくと良いですよ!

劣化は目で見て判断しよう

もし一階部分にも屋根がある場合は、2階からその屋根の状態を確認してみましょう。もしうえで紹介したような劣化現象が見られる場合は、2階以上の屋根にも同じ劣化が起きている可能性が高いです。

またそれが難しい場合は、屋根の縁だけでも双眼鏡などで確認してみましょう。小さな劣化をもつけることができるかもしれません。

それも難しいようであれば業者の方に確認してもらいましょう。それが劣化を見つける一番いい方法です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。