外壁を雨漏りから守る!アステックペイントの防水塗料EC-5000とは

EC-5000

塗装業界では有名な塗料、EC-5000。

アステックペイント社が製造販売している塗料ですが、どんな機能・性質を持っているのでしょうか。

今回は、EC-5000について調べたので紹介していきます!

EC-5000は高防水!

水を弾く

EC-5000という塗料は、アステックペイントジャパンから出ている高防水塗料です。

この塗料、一般的な防水塗料とは比べられものにならないくらい、防水に優れています。それでは、EC-5000がどんな機能を持っているのか紹介していきます。

1:伸縮率600%とにかく伸びる伸縮性をもつ

EC-5000は伸縮性に優れていて、飛行機や水族館の水槽などの塗装にも使用される程の高機能を持っています。

塗料が伸縮性を持っていることで、地震や電車などの揺れによる建物に入るヒビを防止することができます。

その伸縮率は600%で、塗料としてはこれまでの常識を覆すものです。

ひびやコーキングの割れに対応

この伸縮性は、外壁のひびやコーキングの割れから水が浸入することを防ぎます。

EC-5000は伸縮性に優れているので、外壁やコーキングが割れてしまったとしても、表面の塗膜は破れずに、雨水などの侵入を防いでくれるのです。

そのため、雨漏りや建物の内部構造が腐食してしまう危険性を防いでくれます。

この塗料が持つ伸縮性は、建物を長持ちさせるために必要な効果を言えます。

樹脂が弾性を持っている

一般的な弾性塗料は、弾性を持たせるために、樹脂に「可塑剤」が混ぜて弾性効果を持った塗料都なります。しかし、この成分は3~5年で気化してしまい弾性を失ってしまいます。

これに対し、アステックペイントのEC-5000は樹脂そのものが弾性を持ち合わせているので、長い期間にわたって伸縮性を維持します。

弾性による伸縮性のおかげで外壁のひびや割れに対応できています。

伸縮率600%ですからね。少しのひびには屈しない強さを持っています。

耐候性に優れている

耐候性とは、簡単に言うと劣化に耐性があるということです。

要するに、耐久性が高いので長持ちするということです。

時間にしてなんと600時間!約1年間の耐久実験にクリアしています。フッ素塗料と同等の耐候性を持っているので、塗装後の光沢も長持ちさせることができます。

塗料の樹脂が大きく紫外線に強い

EC-5000を形成するピュアアクリル樹脂は、一般的なアクリル樹脂の50~100倍の大きさがあります。大きいため、紫外線によって破壊させるポイントが小さくなるので高い耐候性を発揮することができるのです。

樹脂が長持ちするということで、すぐに塗膜が剥がれたり、ぱりぱりになってしまうことが少ないのがこの塗料です。

有機ガラスを配合し耐候性を高めている

ピュアアクリル樹脂の隙間に有機ガラスを埋めることで、塗膜の緻密化を図っています。

ぎゅっと塗料の樹脂が固まっているので、簡単に劣化せず耐候性を高めることができるのです。

有機ガラス成分はポリカーボネートとも呼ばれており、戦闘機などに使われる信頼の厚い成分となっています。

遮熱性に優れている

特殊遮熱無機顔料を使用しており、室内温度上昇の原因である近赤外線を効果的に反射する塗膜を形成することができます。

太陽の光を反射するので、表面温度の上昇を抑えることができ、室内温度の上昇も抑えることができます。

そのため、快適な室内環境を作ることができます。

表面温度の差を実験済み!

表面温度の差

アステックペイントでは、一般的な塗料とEC-5000に光を当てて、表面温度にどれくらいの差が表れるのか実験しています。

その結果、16℃表面温度の違いを出すことが証明されました。

16℃はかなり大きな違いですよね。体感差もかなりのものでしょう。

室内環境の改善は生活するうえでも大切なことです。室内温度の上昇を防ぐことができれば、夏場のエアコン使用も減るかもしれませんね。

そういった点から考えると、環境にも優しい塗料とも言えます。

EC-5000のメリット

  • 耐候性が高い
  • 遮熱性が高い
  • 防水性に優れる
  • 弾性がある
  • 通気性が良い
  • 塗り直しは上塗りのみ

メリットは以上のようになっています。先に紹介していないメリットについて詳しく解説していきます。

通気性が高い

通気性が高いのがアステックペイントの塗料の特徴です。

通気性がいいので、外壁が傷みにくくなっています。

万が一塗装の剥がれ部分から雨水が入ってしまっても、塗膜の通気性が良いため、外壁を腐らせるようなことがないです。

2回目以降の塗り直しは上塗りのみ

EC-5000は一度塗装すれば、2回目以降は上塗りだけで平気なのです。

通常の塗料は、旧塗膜の剥がし→下塗り→中塗り→上塗りという順序で塗装をおこないますが、アステックペイントのEC-5000は上塗りだけで良いのです!

ただ、注意点があります。次回以降の塗装も前回塗装を依頼した業者に頼みましょう。その理由は、違う業者に「今回は上塗りだけで大丈夫」と伝えても「え、どういうことですか?」と言われてしまうからです。

前に塗装を依頼した業者であればデータも残っているでしょうし、状態を把握しやすいということです。

また、塗装は10年に1度が良いとされていますが、10年後に「上塗りだけでいい」と覚えているでしょうか。また、10年後に上塗りだけでメンテナンスできる状態になっているでしょうか。

そういった不安を考えると、「上塗りだけでいい」というのはメリットとは言っても、頭の中にとどめておかなくてもいいかもしれません。

EC-5000のデメリット

  • 劣化に気づきにくい
  • 乾燥時間が長い
  • 塗料が柔らかいので熱膨れしやすい

劣化に気づきにくい

EC-5000の伸縮性が高いゆえ、外壁自体のひび割れにくづきにくいというデメリットがあります。

伸縮性のおかげで、外壁が雨水に侵されてしまうのを防げているのですが、それでは外壁の劣化に気づかずに外壁の劣化を進行させてしまう可能性があるのです。

あなたの自宅が大きな地震に見舞われたとしましょう。

家が壊れていないか確認すると、目立った外傷はなかったので安心。「よかったー!」と思ってしまうかもしれないのです。

本当は外壁に亀裂が入ってしまっていても…。

地震によって家が損傷した場合は火災保険を適用して直すことができますが、原因となった地震から3年経過してしまうと保険の適用外となってしまうので気をつけましょう。

乾燥時間が長い

EC-5000は乾燥時間が長いので、施工時間が長くなってしまいます。

EC-5000を販売しているアステックペイント社は大元がオーストラリアにあります。気候の違いから、日本でEC-5000を使用する際は乾燥時間を長くとらなければならないのです。

時間にすると約4時間です。日本製の塗料の乾燥時間は中塗りから2~3時間ですから、EC-5000は1.5~2倍の長さの乾燥時間が必要なのです。

そのため、通常の施工期間より工期が延びてしまう可能性もあります。

塗料が柔らかいので熱膨れしやすい

600%も伸びる伸縮性・弾性に優れた塗料です。とても塗膜が柔らかいのが特徴となっています。

塗膜が伸びることで、浸水を防ぎ雨漏りの危険を回避しているのですが、この特徴ゆえデメリットも生まれてしまっています。

塗膜が柔らかいと、熱膨れしやすいという弱点が挙げられるのです。

EC-5000は通気性が良いので熱膨れしにくいとは言いますが、塗膜が柔らかいので他の塗料に比べて熱膨れしやすい性質にあるといえます。

塗膜が柔らかい分、ひび割れしにくいというメリットがあることは忘れないでください。

アステックペイントはどんな会社?

ここまで、防水塗料EC-5000の紹介を紹介してきましたが、この塗料を発売するアステックペイントがどんな塗料メーカーなのか気になりませんか?

ということで、ここからはアステックペイントについて紹介していきます。

会社名 株式会社アステックペイントジャパン
設立 2000年10月
資本金 2000万円
従業員数 126名
本社所在地 福岡県糟屋郡志免町別府北4-2-8
代表 菅原徹
事業内容 塗料の製造加工、販売、輸入

建物の寿命を延ばすことが目標

日本の建物の寿命は欧米に比べて1/3ほどしかありません。

少し驚きですよね…。日本人はものを大切にするイメージでしたが、建物に関しは欧米のほうが意識が高いようです。

地域や環境(台風や地震)の差はあると思いますが、人の平均寿命が長い日本人が、建物の寿命を長く維持できないのはなんとなくもったいない気がしますよね!

そんな状況を変えようと、アステックペイントは「100年ペイント」というスローガンを掲げ、人々が快適な暮らしを確保できるよう、塗装という面から環境を改善しようとしています。

アステックペイントは、建物の寿命を延ばしたいという想いのもと、塗料の製造販売をおこなっています。

アステックペイント塗料別費用

アステックペイントが出す塗料はEC-5000のほかにも多くあります。

ということでアステックペイントが取り扱う塗料を紹介していきます。

機能 対応素材 性質 液型
アステックプラスS5000 防カビ・防さび・防水 全般 水性 一液型
超低汚染リファイン1000MF-IR 遮熱・低汚染 コンクリート・モルタル・サイディングなど 水性 2液型
EC-100PCM 遮熱 鋼板・ステンレス・アルミニウム 水性 一液型
超低汚染リファイン1000Si-IR 遮熱 コンクリート・モルタルなど 水性 2液型
サーモテックシーラー 遮熱 コンクリート・モルタルなど 溶剤 2液型
バリアー 防カビ コンクリート・モルタルなど 水性 一液型
ウルトラフラッシュ 防カビ・防サビ・防水 フックボルト 水性 一液型
無機ハイブリッドクリアー 無機 サイディング 溶剤 2液型

このように見てみると、アステックペイントの塗料は防水・防カビ・防さび・遮熱効果を持ったものが多いとわかりました。

雨漏りを防ぎたい方、外壁のカビやサビに悩んでいる方は、アステックペイントの塗料も検討してみてください。目的に合った塗料が見つかるかもしれませんよ!

アステックペイント利用者の声

「地震が多い日本に合っている」

「日本は地震が多いので、硬い塗料だとすぐにひび割れてしまいます。

アステックペイントの塗料は伸縮性がある野で、地震が来ても簡単にひび割れせず、しっかり建物を守ってくれます。

建物を長く守りたいという方におすすめです!」

「保証が10年で驚いた!」

「メーカーの保証が10年なんてアステックペイントくらいではないでしょうか。

それほど塗料の機能に自信があるのでしょう。実際塗装してみて、塗装がきれいに保たれています。アステックペイントの塗料を選んでよかったです。」

アステックペイントは加盟店制度を採用

アステックペイントでは、一般の方に塗料の販売を行っていません。要するに、ネットや店舗などでの販売は行っていないのです。

アステックペイントの塗料を使うには、塗装業者が加盟店になる必要があります。加盟店として登録された業者にのみ、塗料の販売がおこなわれます

そのため、アステックペイントの塗料を使って外壁塗装したいという方は、加盟店として登録されている業者に工事依頼をする必要があります。

どの塗装業者でもアステックペイントの塗料を扱っているわけではないので注意しましょう!

アステックペイントの塗料に興味のある方は、加盟店である塗装業者にお話を聞いてみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。