外壁塗装の防水機能が家を守る!弾性塗料とは?

防水塗装のされた外壁

防水塗装は、ベランダや屋根以外にも必要であると知っていましたか?

雨の水分は外壁の劣化部分(ヒビや割れ、塗装の剥げ部分)から建物の内部に侵入してしまうので、その状態が長くつづくと雨漏りの原因となってしまうのです。

塗装業者によっては外壁に防水塗装は必要ないというところもあるようです。しかし、外壁のヒビや剥がれの状態が悪い場合、必ず水分が建物の内部に侵入してきてしまいます。雨が少ない地域であるなら大きな問題ではないのですが、そうでない場合は防水性のある塗料の塗装を考える必要があります。

防水塗装は外壁からの浸水を防ぐ

外壁にヒビや塗装の剥がれがあると雨漏りを引き起こしてしまうかもしれません。もし雨漏りが起きてしまったら家は相当劣化が進んでしまっていると考えましょう。

ではどんな状態の劣化が見られると雨漏りの危険性があるのでしょうか。ヒビにはさまざまな状態・種類があるのでそのすべてが直接雨漏りの原因となるわけではありません。それでは、雨漏りを引き起こしてしまうかもしれない外壁の状態についてみていきましょう。

雨漏りを引き起こしやすい外壁の状態

外壁のヒビは雨漏りの原因となります。外壁の状態が以下のような場合は補修が必要なことがありますので早めの対策が必要です。自身の家の状態と照らし合わせて確認してみてくださいね。

ヒビ割れの状態 危険度 説明
ヘアークラック ヘアーという通り、髪の毛ほどの細さのヒビになります。塗料によって形成された塗膜に、細いヒビができてしまっている状態です。このヒビ割れはまだ小さいものといえますが、時間が経つとヒビが大きくなっていきますので、早めの補修をしておいて良いかもしれません。
乾燥クラック こちらはモルタル外壁によくみられる症状です。モルタル外壁は乾燥によって水分の蒸発がおこり、収縮してしまうことが多いので、ひび割れがおこりやすいという特徴があります。この状態のまま塗装を重ねてもすぐにヒビが発生してしまうので早めに対策しましょう。
構造クラック 建物自体の構造的なことが要因で、建物の歪みが原因となってヒビが発生してしまっている状態のことをいいます。この状態だと雨水が簡単に建物の内部に侵入してしまいますので、建物を腐らせてしまうことになります。

雨漏りの原因となってしまうと考えられるヒビの大きさには目安があります。ヒビの大きさが1mm以上の場合は雨漏りの原因となりうると考えましょう。上の表で危険度が大きくないヒビの場合でも、その大きさが目安を超えるようでしたら補修しておきましょう。

ヒビが雨漏りに直結するということはないので安心しましょう。水分がは侵入してしまうことで防水シートの劣化を早めてしまいます。それが雨漏りを引き起こす原因となってしまうのです。すぐに家の中に水が入って切ってしまうと考えていた方は完治以外の内容にしてくださいね!

外壁のヒビは放置してはいけない

外壁にできたヒビを長期間放置してしまうと、防水シートが雨水にさらされ続けてしまうことになります。そうすると防水シートが効果を発揮できなくなってしまい、直接建物の内部に雨水が侵入していてしまいます。そうならないためにも、外壁に大きなヒビを見つけたら早めに補修しましょう。

ヒビの補修をしてから防水塗料を塗ると非常に効果的です。もし防水塗装が必要ないと考える方はコーキング材を詰めることだけでもやっておきましょう。コーキングとはヒビや隙間を埋めるためのゴム素材の材料で、雨水が建物の内部に侵入することを防ぐことができます。ただ、このコーキング材だけでは外壁の見栄えが悪くなってしまうのでその場合はすこし我慢が必要になるかもしれません。

コーキングについて詳しくはこちらで紹介しています。

外壁塗装においてコーキングが果たす役割、特徴を紹介しています。外壁塗装工事を検討している方、コーキングについて知りたいという方はぜひ参考にしてください!
綺麗なコーキングをするためには優良業者に工事の依頼をしましょう。コーキングは隙間・ヒビに詰める量・方法がとても大切ですので知識が豊富で親切な業者を探しましょう。そうすることでできるだけ目立たないコーキングにすることができますよ!

外壁の防水には弾性塗料がおすすめ

外壁のひび割れには弾性塗料を使って対応するのが一般的です。弾性塗料は塗膜の暑さが通常の塗料の10倍ほどあり、ゴムのように伸びる特性があります。

この塗料を使用すれば、万が一外壁の下地にヒビが発生してしまっても弾性塗料の伸縮性によって細かなヒビであれば表面に現れることはありません。紹介したように弾性塗料はゴムのように柔軟な塗料ですので、塗面にヒビが入りにくいのです。弾性塗料は主にモルタル壁やコンクリート壁のようにヒビの入りやすい外壁の防水のために使われることが多いです。

弾性塗料と相性がいい外壁

弾性塗料はゴムのような性質をもった特殊な塗料ですが、塗装しても効果がない外壁もあるので注意しましょう。以下が弾性塗料と各外壁の相性になりますので参考にしてください。

外壁の種類 相性
モルタル壁
コンクリート
ALCボード
サイディング ×

サイディングには弾性塗料は合わない

弾性塗料は主にモルタル壁の塗装に使用されるのですが、最近ではモルタル壁が地震などに弱いということでその外壁自体の使用が減ってきています。代わりにサイディングボードなどの使用が多くなっています。

サイディングボードは外壁材の中でも多く使用されている素材で、モルタル外壁に比べて丈夫で、ヒビが発生してしまうことはほとんどありません。ただそれでも経年劣化やほかの要因によって補修が必要になってしまうことはもちろんあります。

しかし、その補修方法では防水塗料を塗るということはほとんどなく、サイディングボードの張替えや一般的な塗装というのが基本的な補修方法となっています。

ではなぜサイディングボードには防水や耐久性に優れている弾性塗料を使用しないのでしょうか。その理由を次で見ていきましょう。

熱がこもりやすいので膨れてしまう

サイディングボードには断熱材などが入っているため、日差しが強くなる夏場には表面温度が80℃以上に達することもあるのです。この熱によって弾性塗料の塗膜が膨れてしまうことが考えられます。それによって見た目が悪くなってしまい、効果の発揮も期待できなくなってしまうので弾性塗料はサイディングボードに使用されることが少ないのです。

サイディングの割れには対応できない

弾性塗料ではサイディングの劣化に対応できないというのも、この塗料がサイディングの塗装に使用されない理由の一つになります。

とくにコーキング部分は劣化が目立ってしまい、ひび割れてしまうと弾性塗料まで劣化してしまう恐れがあります。

弾性塗料の違いは伸び率

弾性塗料と一般的な塗料の違いはその伸び率にあります。一般的な塗料は伸び率が低く比較的ひび割れができやすいのですが、弾性塗料は伸び率が高く伸縮性に優れているために塗膜の割れができにくいです。

ここでは一般的な塗料と弾性塗料の違いを表にまとめましたので確認していきましょう。

塗料の種類 特徴
硬質塗料 一般的に使われている塗料です。
微弾性塗料 硬質塗料と微弾性塗料の間の特性を持っている塗料となっています。塗料の伸び率は50~100%といわれています。
弾性塗料 この塗料の伸び率は120%以上とされています。

弾性塗料の種類

外壁に防水効果をもたらす弾性塗料ですが、この塗料は各塗料メーカ―が商品として出しいているのでいくつか種類があります。それでは弾性塗料の種類についてみていきましょう。

メーカー 塗料名 成分 種類
日本ペイント DANシリコンセラ シリコン樹脂 水性
関西ペイント アレスアクアビルド 水性アクリル
SK化研 セラミクリーン セラミックシリコン樹脂 水性
アステックペイント EC-5000PCM ピュアアクリル樹脂 水性
スズカファイン セラビューレ アクリルシリコン樹脂 水性
ダイフレックス ダイヤハイパーシリコン アクリルシリコン樹脂 水性
菊水化学工業 ビュートトップアクリル弾性 水系アクリル樹脂 水性
ロックペイント 弾性ビニロックスーパー アクリル 水性

この中でとくにおすすめの弾性塗料は、日本ペイントのDANシリコンセラとアスティックペイントのEC-5000PCMです。ほかの塗料と比べて耐候性、伸縮性に優れた塗料で防カビ性や遮熱機能を持ち合わせています。

自宅を防水という側面からも守っていきたいと考えている方は、塗装業者に確認・相談してみましょう。

防水塗装の作業工法

ここからは防水塗装の塗装工法について紹介していきます。防水塗装の工事にはいくつか方法がありますので確認していきましょう!

1:複層弾性工法

下塗り+高弾性中塗り2回+上塗り2回の計5回の塗装をおこなう工法です。重ね塗りをすることで塗膜に厚みを出し防水性を高めます。また弾力性があるために約8~10年ほど効果を持続させることができます。

2:単弾性工法

下塗り+上塗り2回の合計3回塗装をおこないます。ひびの発生を抑えることができるのですが、複層弾性工法に比べて防水性・弾力性は劣ってしまいます。

3:微弾性工法

下塗り(微弾性フィラー)+上塗り2回の計3回塗装をおこないます。

この工法では下塗りに使われる微弾性フィラーに厚みがあるため、下地の小さなひびで程度であれば簡単に埋めることができます。ただ、密着性はシーラーに比べて悪いので複層弾性工法に比べると耐久性も低い傾向にあります。

紹介した3つの工法のうちで最も優れている工法は「複層弾性工法」ですが、これはコンクリートの下地に適している工法ですので一般的な住宅ではあまり採用されない工法となっています。

塗装費用は80~150万円

塗装費用は、塗装面積や塗料の種類によって変わりますが、30坪の戸建てを塗装したとすると80~150万円の費用がかかります。

弾性塗料にかかる費用は一般的な塗装と大きく変わらないのですが、塗料代が少し高くなります。

また、先に紹介した工法によっても使う塗料の量などに違いがあるため金額に差が出ます。どの塗料でどの工法が一番いいのかしっかり考えて外壁の防水塗装をしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。