ガルバリウム鋼板とは!メリット・デメリットを紹介

ガルバリウム鋼板の家

みなさん、ガルバリウム鋼板という金属系サイディングボードを知っていますか?

最近、メンテナンスが簡単で長持ちするということで人気になりつつある外壁・屋根材となっています。

今回はガルバリウム鋼板の人気は本当なのか、メリット・デメリットや特徴について調べてみました!

ガルバリウム鋼板とは

ガルバリウム鋼板はスタイリッシュな外観を演出できますが、素材は鉄がベースとなっています。鉄ベースの合金の板のことで、ガルバリウム鋼板は鉄合金の板に金属メッキを施したものです。

メッキが特殊で、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、ケイ素1.6%の比率でできています。

特殊なメッキのおかげで、ガルバリウム鋼板は金属にも関わらず、錆にくく長持ちすることができます。

ガルバリウム鋼板のメリット

  • 錆びにくい
  • 耐用年数が長い
  • 耐震性に優れている
  • デザイン性が高い
  • 熱を反射する
  • 耐熱性が高い
  • 風災に強い
  • カバー工法が可能
  • 部屋の天井を高くとれる

錆びにくい

金属系サイディングの中でも、ガルバリウム鋼板は金属製にも関わらずサビにくくなっています。錆びは、建物全体の美観を損なってしまうのでいいものではありません。さらに、建物を傷めてしまう原因となります。

そのため、さびにくい性質を持っているガルバリウム鋼板は、金属製建材の中でとても優位性のあるものと言えます。

「サビない」はウソ!

ただ、錆びにくいと言っても「絶対に錆びない」ということではありません

酸性雨や雨が乾きにくい環境の影響で錆てしまったり、錆びたクギの錆をもらってしまうなど、サビる可能性はあります。

業者には「ガルバリウム鋼板はサビないのでいいですよ!」と勧めるものもいますが、それは営業トークですので信じないでください。

絶対に錆びさせたくない場合は、窯業系サイディングを選びましょう。

金属外壁材にする以上は、サビる可能性を想定しメンテナンスをおこなうことが大切になります。

耐用年数が長い

亜鉛メッキ鋼板の犠牲紡織機能とアルミメッキ鋼板の長耐久性を持ち合わせているので酸性雨に強い特徴を思っています。

トタン屋根と比較して3~6倍の寿命が期待でき、トタン屋根は5~10年程度の寿命ですが、ガルバリウム鋼板は10~20年の高寿命となっています。

メンテナンスをしっかりおこなえば、20年以上持つこともあります。

耐震性に優れている

鉄や金属は本来重いですが、ガルバリウム鋼板は金属の薄い板で暑さが1mm未満となっています。それゆえ、とても軽い建築材となっています。

家の基礎に負担をかけないので、他の外壁材・屋根材に比べて地震の際に建物に負担をかけません

地震による被害を軽減できるので、耐震を目的にガリバリウム鋼板を選択する方も増えています。

また軽い材料ということで、外壁や屋根のイメージチェンジのためにカバー工法にて設置することも可能です。

デザイン性が高い

ガルバリウム鋼板の家3

薄くて着色性が良いのもガルバリウム鋼板の特徴です。その薄さからスタイリッシュな印象を持たせることができるので、建築家に多用されています。

黒など、ほかの外壁材では実現しにくい暗色を再現しやすいので、なかなか見ない外観を演出することができます。

暗い色のガルバリウム鋼板を使って、差し色でオレンジなどを少しだけ使うとおしゃれな外観にすることができますよ!

耐熱性が高い

メッキのアルミニウム含有率が、質量比で55%、容積比で80%と高くなっています。そのため、アルミメッキ鋼板に近い耐熱性を持っています。

風災に強い

ガルバリウム鋼板を設置する構造上、金属板同士をかみ合わせて施工するので、風災に強い外壁・屋根にすることができます。

風災とは、台風・旋風・竜巻・暴風のことを言います。日本は台風が多いですから、風に強い外壁にしたい方はガルバリウム鋼板の設置がおすすめです。

強い風が吹いても影響が少ないということです。

カバー工法が可能

先にも触れましたが、ガルバリウム鋼板は軽量で薄いので、カバー工法にて設置することができます

カバー工法とは、既存の屋根や外壁の上からかぶせてガルバリウム鋼板を設置する方法です。

葺き替えには大きなコストがかかってしまいますので、カバー工法にて比較的安くガルバリウム鋼板を設置できるのはメリットと言えます。

部屋の天井を高くとれる

ガリバリウム鋼板は軽量で薄い特徴があるので、あまり幅を取りません。

そのため一般的な外壁・屋根材を使用している建物に比べて天井を高くとることができます。ほんの少しの違いですが、部屋を広くすることができるのです。

わずかな差でも、建物全体で考えると大きな差です。少しでも家の中を広くしたいという方はガルバリウム鋼板の設置を検討してみてください。

ガルバリウム鋼板のデメリット

  • コストが高い
  • メンテナンスにお金がかかる
  • 見た目が安っぽい?
  • 保証条件が厳しい
  • 断熱機能がない
  • サビることがある
  • 防音性が低い
  • 耐熱性が低い
  • 結露しやすい
  • 施工業者選びが難しい

コストが高い

ガルバリウム鋼板の施工費はほかの外壁材に比べて高くなっています。

理由は、ガルバリウム鋼板がデリケートな建材なため、施工に注意が必要なうえ時間がかかってしまうことが挙げられます。

たとえば、施工時にはほかの金属に接触させないように気を付けなければなりません。(ほかの金属と触れて傷がつくとさびやすくなってしまうため)

また、湿気を通すために施工に工夫が必要だったりと、工事に時間と手間・コストがかかります。

メンテナンスにお金がかかる

ガルバリウム鋼板はメンテナンスにお金がかかります。

一般的な洗浄はもちろんですが、そのほかにもメンテナンス費用が高くなってしまう要因があります。

ガルバリウム鋼板は特徴状、汚れが付着しづらくなっています。そのため、メンテナンスで塗装を施す場合に塗装の乗りが悪くなってしまうことがあるのです。塗装の乗りが悪いゆえ、塗装しても数年で剥がれてしまうことがあります。

以上のことから、メンテナンスには一般的な外壁や屋根よりコストが高くなってしまいます。

見た目が安っぽい?

ガルバリウム鋼板の家2

ガルバリウム鋼板の外観には好みが分かれる傾向があります。

よく言えば「スタイリッシュ」「近未来感」ですが、悪く言えば「トタンっぽい」「倉庫みたい」「プレハブ?」といったところです。

外壁や屋根は人に見えるものですので、周りの印象も気になると事ですが、よっぽど変な配色や見た目じゃない限りかっこいいと思いますよ!わたしの近所に住む方の家はガルバリウム鋼板を使用していてかっこいいです。(配色のセンスも関係あるかも)

保証条件が厳しい

ガルバリウム鋼板は高い耐久性が売りで、製造目メーカーも10~15年の錆や穴あきへ保証を付けています。しかし、保証を受けるにあたって前提条件が厳しいという側面を持っているので注意が必要です。

  • 台風・強風による破損
  • 物の飛来による不良の事故
  • 施工会社の瑕疵による塗装の剥がれ
  • 現場加工を施したガルバリウム鋼板の劣化

以上による劣化は保証の対象外となります。

中でも気になるのが現場加工を施したガルバリウム鋼板の劣化。ガルバリウム鋼板の耐久性は表面メッキによるものなので、切断などの現場加工をしてしまうと切断面にはメッキが施されていない状態になってしまいますよね。

そうなると防錆性がなくなってしまいますので、保証の対象がとなってしまいます。要するに、メーカーからしたら「こっちがやった加工じゃない」ということです。

サビることがある

ガルバリウム鋼板はさびにくいとは言っても金属製の建材ですので、傷や酸性雨かが原因となって錆が発生してしまう可能性があります。

「サビない」という業者の言葉を信じすに、さび対策が必要になることを覚えておきましょう。

防音性が低い

ガルバリウム鋼板は0.4mmの薄さなので、振動を伝えやすく音を遮る性能は低いです。

防音対策として、断熱材料で兼用することが多いですが、天井裏には吸収剤などを敷き詰める施工方法もあります。

断熱性が低い?

ガルバリウム鋼板は断熱性に優れないので、断熱材を利用して機能を追加する必要があります。

ガルバリウム鋼板は外観をよく見せるために、雨・紫外線・湿気・空気中の汚れなどから家を保護するために開発されたものなので断熱機能はもともとついていません。

ただ勘違いしてほしくないのは、「ガルバリウム鋼板は断熱性に優れない」ということではありません。以上で紹介した条件を満たすためにガルバリウム鋼板の断熱性をつけることができなかったのです。

まあ結果として断熱性は低いので断熱材に頼ることになってしまいます。

結露しやすい

ガルバリウム鋼板は他の建材に比べると結露が発生しやすくなっています。一般的な外壁材の場合は結露しないように湿気を外に逃がすように施工されますが、ガルバリウム鋼板は建物との隙間ができないように設置されます。

隙間なくガルバリウム鋼板を設置することで気密性を高めることができますが、湿気や熱気が外へ逃げていかないので結露が発生しやすくなってしまいます。

温まった空気が天井裏に登っていき、そこで結露となってしまうことが多いです。また結露が頻繁に起きると屋根や建物の内部構造が腐ってしまうことがあるので注意しましょう。

施工業者選びが難しい

紹介してきたように、ガルバリウム鋼板は少々扱いが難しい特徴も持っています。

衝撃で傷ついてしまうほどデリケートな建材となっていますし、施工の際は鉄粉をきちんと処理しなければ貰い錆してしまうこともあります。

そのため、ガルバリウム鋼板の設置や施工の際は、経験豊富で知識を多く持っている業者に頼みましょう。業者選びの際には、まずガルバリウム鋼板の施工経験があるか聞きましょう。

ガルバリウム鋼板のメンテナンス方法

ガルバリウム鋼板は、定期的に水をかけて表面に着いた汚れを落としましょう。

1年に1回でもいいので、雨が降った後に外壁を見て泥などがついているのを偶然確認できたときに水洗いしておくと長い寿命につながりますよ!

また、海が近くて潮風の影響を受ける地域は水洗いの回数を増やすことをおすすめします。潮風は錆の原因となるので、もしガルバリウム鋼板に小さな傷があったらそこから錆が広がってしまいます。そのため2・3か月には1回の水洗いが理想です。

劣化症状

  • 傷・へこみ
  • 赤さび
  • 白さび
  • もらいサビ

傷・へこみ

ガルバリウム鋼板はへこみやすく、傷つきやすいデリケートな建材です。

傷がついてしまうとサビる原因となってしまうので、もし傷へこみを見つけたら塗装などで補修しましょう。

錆を防いでいる部分は、ガルバリウム鋼板の塗ってある金属メッキです。傷つくとメッキが剥がれてしまうので錆が発生しやすくなってしまいます。

赤さび

赤さび

赤さびは何かがぶつかったりしてできるサビです。

自転車が倒れてぶつかってしまったり、石がぶつかったりするだけでサビ発生の原因となってしまいます。

キズから徐々に発生してしまうのが赤さびです。

「衝撃を与えてキズつけてしまってはいけない」という外壁材にしては少々特殊な面を持っているのがガルバリウム鋼板です。

外壁のさびについてはこちら!

外壁にサビが発生してしまう原因とその対策を紹介しています。サビは放置しておくと広がってしまい、建物を腐食してしまうので早めの対策が必要です。現在サビに悩んでいる方や、サビの除去方法を知りたいという方は参考にしてください!

白さび

潮風の影響を受ける建物の近くや、高温多湿なエリアで発生しやすいのが白錆です。

金属にできる錆というより、白い斑点がガルバリウム鋼板の表面にできる現象です。赤さびと差別化していると考えるとわかりやすかもしれません。

スタイリッシュなガルバリウム鋼板に白い斑点ができると、なんだか気持ち悪いですよね。かっこいい外観がだいなしで、一気に山奥の倉庫感が出てしまいます。

白錆は庇や軒天のような雨があまり当たらない部分にできる傾向にあります。少しだけ雨に濡れて、それが乾かないことによって白錆となるのです。濡れにくく乾きにくい場所には気をつけましょう。

もらい錆

サビは広がっていきます。たとえ、ガルバリウム鋼板に傷一つなくさびがなくても、ガルバリウム鋼板に錆びているものが触れているだけでさびが移ってしまうのです。

ネジがサビているだけでも、それが大きく広がってしまうことがあります。さらに、一度サビた自転車が触れたというだけでもサビ発生の原因になりますので注意しましょう。

ガルバリウム鋼板の注意点

ガルバリウム鋼板の注意点を紹介していきます。

ガルバリウム鋼板は外壁・屋根両方に利用できる住宅材です。使用箇所によっても注意点がありますので見ていきましょう。

屋根の場合

  • 鉄粉に注意
  • 突風に注意

鉄粉に注意

施工時に発生する鉄粉の処理に気をつけましょう。ガルバリウム鋼板は屋根のサイズに切断して使います。その際に出た鉄粉をきれいに処理しないと、粉がさびてガルバリウム鋼板全体がサビてしまう原因となります。

早い段階で見つかれば中性洗剤で落とすことができますが、屋根は一度メンテナンスしたら何年も点検する機会はないかと思います。業者の方に鉄粉の処理をきれいにおこなってもらうように頼んでおきましょう。

突風に注意

住宅の屋根にはアンテナがとりつけられますが、それが突風で倒れてしまうとガルバリウム鋼板に傷がついてしまいます。傷つくとサビ発生の原因となってしまうので注意しましょう。

最近では壁に取り付けるアンテナもあるので検討してみてくださいね!

自然災害なので対処法と言われると難しいですが、アンテナを取りつける方に「丈夫にお願いします」と頼みましょう(笑)取り付ける方は「当たり前だろ」と思うかもしれませんが。

外壁の場合

  • ぶつからないよう気を付けよう
  • 施工が難しい

ぶつからないように気を付けよう

小さな傷でも錆の原因となるので、なるべくぶつからないように気をつけましょう。

ガルバリウム鋼板は傷に弱いということを覚えておきましょう。

施工が難しい

空気の逃げ道や水の逃げ道を作るので施工が困難なものになります。

経験のある業者でないと、ガルバリウム鋼板を傷つけてしまうかもしれないので注意が必要です。

業者選びにかかっているとしか言えません。

製造メーカーに注意

ガルバリウム鋼板を製造しているメーカーはとても多くあります。

  • JFE鋼板
  • 東海カラー
  • YKKAP
  • 北海鋼機
  • 日新製鋼
  • 旭トステム
  • 日鉄住金鋼板
  • ニチハ
  • セキノ興産

など多くのメーカーがガルバリウム鋼板を商材として扱っています。

信頼できるメーカーのガルバリウム鋼板をつかいましょう。

個人的には、鉄鋼系の商社であるJFEグループのガルバリウム鋼板が信頼できますね。鉄鋼で稼いでる会社ですから信頼は大きいといえます。

ガルバリウム鋼板はこんな方におすすめ

  • 家を長持ちさせたい
  • 耐震性・防災性に優れた屋根にしたい
  • アスベストが気になるので違う屋根に葺き替えたい
  • 見た目をおしゃれにしたい
  • コスパ重視です!

以上のよう方はガルバリウム鋼板の設置に向いているといえます。

個人的にはおしゃれにしたいという方に、ガリバリウム鋼板を使ってもらいたいですね!本当におしゃれな外観になるのでおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。