屋根塗装で補助金が使える?受け取り条件と方法とは

屋根塗装の補助金

「リフォームで屋台塗装したいけど、結構お金かかっちゃうしな・・・。」

そう考えていらっしゃる方は多いのではないのでしょうか?

実は、屋台塗装をするに際して、条件をクリアし、申請の流れを把握すれば補助金を受けることができちゃいます。

今回はそのイロハについてお伝えします。

はじめに、それを受けるための注意点についてお聞かせします。

屋根塗装しよう!!~補助金受給の条件~

屋根塗装で補助金を受けるのは、そう簡単なものではありません。

なぜなら、それは国民の血税から出資されるものであり、役所が提示する条件をクリアする必要があるからです。

ここでは屋根塗装で気を付けるべきポイントを項目ごとに分けてお伝えしていきたいと思います。

自治体によって制度が違う

補助金のシステム・内容・条件はすべて各自治体に任されており、それぞれで全く異なったものとなっています。

そのため、ここではすべてを網羅してお伝えすることはできませんが、基本的に共通している部分、それから、各自治体の補助金の内容の調べ方をお伝えします。

まず前提として、支給をしてくれる都道府県・市区町村はあまり多くはありません。

お住まいの地域の制度はどうなっているのか検索できるサイトもあります。

また、都道府県・市区町村のホームページにいってみてその制度を調べたり、電話や実際に役所に足を運んで聞いてみたりするのも吉です。

とにかくこの項目は、そもそも補助金を受けられるのか否かが分かれるところなので、綿密に調査する必要があります。

塗り替える塗料によっても変わる

「うちが建っている地域は屋根塗装の補助金が受けられる!」

そうなって、実際に塗り替えるときにも注意点があります。

まずここでは、屋根塗装に使う塗料によって、補助金が受けられるか否かが変わります。

ウレタンやシリコンといったような、一般的に塗料として使われるものではダメな可能性が高いです。

税金をだすくらいですから、なにか自治体にとっても得になることがないといけません。

それはつまり、その工事が、地球環境を考慮したエコリフォームであるかどうか、ということです。

具体的には、遮熱塗料・断熱塗料を使った工事のみを認める場合が多いのです。

省エネは今の住宅のトレンドですから、理由は納得できますね。

双方とも、室温を下げる効果があります。

注意点!

ここで注意したいのは、どの塗料が遮熱・断熱塗料なのかは自治体によって異なっているということです。

例えば、業者の人が「これは遮熱塗料です。」といっていたからお金を受けとれる、というのではないです。

なので、しっかりとここも確認する必要があります。

また、築年数や耐震基準を満たしているかなど、その他の条件が付されている場合もあるので注意してください。

工事前後の写真が必要

お金を申請する際、工事前後の外装・内装・リフォームするところの写真・家の平面図や立体図が必要となる場合があります。

平面図や立面図は、業者などのプロに頼むと、少々高額になってしまうこともあります。

自身でつくったものでも大丈夫な場合がありますので、自治体にしっかりと確認してください。

業者にも条件がある

屋根塗装・リフォームの業者ならなんでもいい、ということではない場合があります。

一般的に業者側の条件として求められるのは、その自治体の中に本店・本社がある法人業者か、個人事業主であることが条件であることが多いです。

また、組合に入っている業者でなければならないという場合もありますので、業者の選定もしっかりと行う必要があります。

税金滞納者は受けられない

先ほども申し上げたように、補助金とは国民の税金から賄われているので、税金を滞納している家庭には受給されません。

住民税・固定資産税・年金などの納税は国民の義務ですので、しっかり納めましょう。

ここまでで、注意点についてお知らせしました。

次に申請の流れについてお知らせします。

屋根塗装しよう!!~申請の流れ~

ここでは申請の流れについて詳しくお伝えします。

順番などをミスしてしまうと、屋根塗装に際する補助金が受給されない可能性があるので、十分注意してください。

  1. 住まいのエリアの自治体で補助金の申請
  2. 決定通知が届く
  3. 屋根塗装工事の開始
  4. 工事完了
  5. 工事完了後に報告書を提出
  6. 施工した住宅の確認
  7. 決定通知が届く
  8. 補助金の受給

一般的にこの順序で申請~受給の流れがあります。

ここも自治体によって違うので、確認をお願いいたします。

補助金で安く屋根塗装しよう!!

補助金を受け取るには条件こそありますが、支給されれば安く外壁塗装工事をおこなうことができます。

また、環境にやさしいということで補助金を支給され、どこか地球の役に立っている気分になれるかもしれません(笑)

そんな話は置いといて、後から「え、補助金出たの?!」と気づいても後悔しか残りませんので、申請準備は早めに行いましょう!事前に住んでいる地域の役所に聞きに行くと確実ですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。