外壁塗装にできるムラの原因とは?その対処法!

塗料のムラ

外壁の塗装にムラがあると気持ち悪いですよね。

今回はそのムラの原因と対処法を紹介していくのでぜひ参考にしてください!

外壁塗装のムラには程度がある

きれいな外壁塗装は、光を当てても塗装面がきれいに見えます。それがいい外壁塗装といえるのです。しかし、塗料がきれいに塗られていない場合は、光に照らされると、光がきれいに反射しないので塗装面がきれいに見えないのです。このような状態の塗装のことを、ツヤにムラがある状態といいます。

昔であれば、ハケを使って塗料を塗布するので、手作業ということでどうしても塗装にムラができてしまうのですが、現在の外壁塗装ではローラーを使って塗装をし、細かい部分でハケをつかうというのが一般的です。なので、ローラーを使った現在の外壁塗装では、ムラのないきれいな塗装が可能になっているのです。

しかし、それでもうまく塗装ができない場合は均一に塗料が塗れずに、塗装面にムラができてしまうのです。塗料の塗り具合の偏りが多いと、目見見えてムラとなってしまいます。これは外壁の塗装だけでなく屋根やバルコニーにもいえることです。

ムラは先に言ったように、それぞれに程度があるのです。たとえば、光があたってやっとわかるようなムラから、外壁塗装本来の役割である防水機能を果たすことができていないほどのムラまであるのです。

それによって後の対応方法や修繕方法が変わるので、まずはムラの種類について詳しく紹介していきます。

光の加減でわかる程度のムラ

光に照らされることによってわかるようなムラは、許容範囲のムラとして考えなくてはならないことが多いです。高いお金を払って工事しているわけですから、完璧な工事を期待してしまいますが、やはりそこは人がやっていることなので、どうしても小さなムラができてしまうことがあるのです。

気仮にあててやっと分かる程度のムラは、施工をした業者に塗り直しを頼んでも取り合ってくれないことが多いです。外壁塗装の基本の意味は、外壁に防水の効果を付けることや家の保護が目的となっています。なので光の加減でムラが見えてしまうという程度では、美観も保護も機銃は満たしていると捉えられてしまうでしょう。

それでも過剰に塗り直しを強要する場合は、ただのクレーマーあつかいをされて終わってしまいます。そのようになってしまうと、トラブルの原因となってしいますのですこしのムラはあきらめるようにしましょう。

建物の外観を損ねるムラ

塗料は決められた薄める濃度だったり、塗る量が決められています。塗装の際にしっかり塗料を混ぜて居なかったり、適量を塗っていなかったりとなると、その手抜きが塗装の乾いたあとにムラとなって現れるのです。

こうしたムラをできるだけなくすためには、塗料を切れられた方法で使用することが必要になってきます。もし、塗料の取り扱い間違えで外観が「汚く見えてしまうようなムラができてしまった場合は、業者の施工ミスですよね。

では、このような場合業者は塗り直しをしてくれるのでしょうか。

結論からいうとあまり期待しない方がよさそうです。なぜなら、塗料を決まった方法で使えない業者は悪徳業者だからです。工事の不備が見つかって、すぐに文句を言ったとしても「うちのせいじゃない」「今から工事をすると別にお金がかかると」などといって逃げることがほとんどです。

このような場合も同様に諦めて優良業者に依頼して補修工事をするか、消費者センターに相談しましょう。なにか対応策が見つかりますよ!

防水性能を損ねてしまうようなムラ

ムラがひどい場合は、建物の外観がキレイじゃなくなるということ以外に保護の役割を果たせなくなってしまうことがあります。こうなると業者が手を抜いたとしか考えられません。塗料が3度塗りされていなかったり、塗装が雑だったりということが考えられます。

外壁塗装は10年おきにやると一般的に言われていますが、このような状態では10年も塗装は持ちません。

では、このように外壁に影響のあるほどのムラがある場合、業者は対応してくれるのでしょうか?

結論はもうわかりますよね。そのような工事しかできない業者は悪徳業者です。無償で塗り直しなどに応じてくれるはずがありません。

外壁塗装では、業者選びが一番大切なのかもしれません。あとで後悔しないためにも業者選びはしっかりおこないましょう。

ムラに納得いかない場合は何度も業者に確認をとろう

塗装のムラは、工事をおこなった業者に補修させることは難しいとわかりましたね。原因は悪徳業者ということだけでなく、ムラの原因を素人では説明しづらいということもあるのです。

それでも納得できず、なんとしても業者に塗り直しをさせたいという場合は、何度主業者に確認しましょう。また、できればムラや不備の確認は足場を撤去する前までにおこなってしまいたいです。足場が残っていればすぐに作業ができますからね。

優良業者に補修を依頼しよう

それでも難しいというのが現状かもしれません。そんなときは優良業者に補修工事の依頼をしましょう。優良業者を探すのは難しいかもしれませんが、現在では一括見積もりサービスが充実していて便利ですよ!

一回の見積もり依頼で複数の優良業者から見積もり書を受け取ることができます。その中からあなたが信頼できる業者を選んでくださいね!

業者の選び方についてはこちらで詳しく説明しているのでぜひご覧ください!
外壁塗装業者の選び方!その注意点とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。