瓦屋根への塗装は有効?そのメリット・デメリットとは

瓦屋根の街並み

瓦屋根への塗装は、小さな欠損を修復できるのでとても有効となっています。

そこで今回は瓦屋根へ塗装が生み出すメリット・デメリットを紹介していきますので参考にしてください!

瓦屋根塗装のメリット

瓦屋根は昔から瓦と呼ばれています。瓦は無機質な材料なので材料として半永久的に使用できる便利な屋根材です。

そんな無機質材料の瓦屋根には、塗装工事が不要と考えている方も多いようです。実際塗装をおこなわなくても何も支障はないかもしれませんが、塗装することで得られるメリットは多いので紹介していきます。

欠陥部分を補修

瓦屋根は動きやすく、衝撃に弱いというデメリットがあるのですが、塗装をすることによって衝撃などによってできた欠損をカバーすることができます。一度塗装をすればしばらくの間キレイに保つことができるのでおすすめですよ!

ひびなどの小さな欠損であれば、塗装して塗膜で覆うことによって簡単に補修することができます。瓦は割れやすいので、メンテナンスとして塗装をしておくことをおすすめします。

色あせをきれいに補修

瓦は半永久的な無機質な素材ですので、塗装をおこなわなくても素材的に劣化することはありませんが、瓦自体の色あせは発生してしまいます。経年劣化によって色合いが悪くなってしまうと、見た目に古臭さが出てしまいます。

定期的に塗装をおこない、瓦屋根特有の高級感を維持するように心がけましょう。外観が綺麗になるだけで心も明るくなりますよ!

瓦と言えばいぶし銀を好み使用する方も多くいらっしゃると思いますが、塗装をおこなうことで素晴らしい色合いのいぶし銀を発揮させることもできますのでおすすめです。

色を付けることができる

瓦は無機質なものなので、劣化が多くみられるもので屋根材として好まれているのですが、カラーバリエーションが少ないので見た目が地味になってしまいがちです。

そんな瓦に塗装を施すことで、好きな色にすることができるので理想の外観を作り上げることができます。自分が理想とする色を塗装することで、和風ではなく少し洋風の外観に仕上げることも可能となっています。

以上のように瓦屋根に塗装をおこなうことで多くのメリットを得ることをできます。瓦屋根への塗装は必要ないと決めつけがちですが、塗装をおこなうことできれいな状態で屋根をキープすることができるので検討してみてはいかがでしょうか。

瓦屋根塗装のデメリット

瓦屋根の塗装をおこなうメリットは多くありますが、デメリットもいくつか存在しています。塗装を検討する際は、デメリットの考慮したうえで塗装するかどうか決定しましょう。メリットのみで決めると後悔してしまうことがあります。

ここでは瓦屋根塗装のデメリットとして、

  • 塗膜が剥がれやすい
  • 塗装費用が高い

この2点を挙げて詳しく紹介していきます。

塗膜が剥がれやすい

瓦は動きやすい性質をもっており、瓦同士が接触してしまうので塗膜が剥がれてしまいます。また瓦屋根に対して塗膜が強く密着しないという性質があるので、塗膜が比較的はやく剥がれてしまいます。

そのため、瓦屋根に対し手1度塗装をおこなうと、それ以降も頻繁に塗装をおこなっていく必要があります。瓦屋根の塗装は、瓦や塗料の知識が豊富な業者に依頼しましょう。

業者選びが塗膜の密着性に関わってきます。

塗装費用が高い

瓦屋根は平らでなく凸凹が激しい屋根となっているので、高圧洗浄などの各工程に手間がかかってしまいます。このため、板金などの屋根塗装に比べると費用が高くなってしまうことがあります。

トタン屋根の塗装はシリコン塗料で1800~2200円/㎡なのに対し、瓦屋根は2300~2500円/㎡となっています。平米単価でみると大きな差は無いように感じますが、塗装範囲全体で考えると金額に大きな違いが出てきます。

屋根塗装の費用について詳しくはこちらをご覧ください!

https://www.gaiheki-ranger.com/market-price-2/

瓦屋根は塗装でのメンテナンスが一番

屋根のメンテナンスとして考えられるのは、葺き替えという方法があります。しかしこちらの方法だと工事に時間がかかってしまい、費用も塗装費用より高くなってしまいます。ということで瓦屋根のメンテナンスは塗装がおすすめです。

瓦は腐らないので、小さなヒビなどは塗装で対応すれば雨漏りを防ぐことができます。塗装というメンテナンスをおこなうだけで瓦屋根は半永久的に使用できますので、よっぽど劣化が激しくない限り葺き替えは不要と考えていいでしょう。

屋根塗装のDIYはおすすめできない

  • 瓦がズレやすい
  • 衝撃を与えると破損してしまう
  • 瓦を踏み抜いて落下という危険性もある

以上のことが考えられるので、DIYでの塗装はおすすめできません。もし以上のような危険がなくても、うまく塗装できていなければ意味を持たない塗装となってしまいます。

できるだけ塗装業者に依頼して工事をおこないましょう。

信頼できる業者に塗装依頼しよう!

瓦屋根への塗装は、専門的な知識が必要になりますので、信頼できる塗装業者に工事を依頼をしましょう。地元の塗装業者を中心に探してみることをおススメします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。