戸建ての外壁塗装費用の相場とは?注意点も紹介!

戸建ての家々

戸建てを所持していて「外壁塗装を頼んでみよう」と考えた時、「どれだけ費用がかかるんだろう…」という疑問は気になりますよね。

外壁塗装は普段馴染みの無いものですから、どれだけ費用がかかるか分からないという方がほとんどだと思います。

ズバリいくらが相場なのかというと、

一般的な戸建て住宅(2階建て&塗り面積は200m2)で80~150万円が相場であると言われてます。

しかし、注意したいのがあくまでもこれは相場ということ。

外壁塗装にかかる金額は住まいの大きさや塗装剤の種類、住まいの状況(劣化具合)によって大きく変わるため、相場から高額になることもあれば定額になることもありえます。

そのため、費用の相場について正確に把握するためには、多角的な視点で見積もり書をチェックすることが求められます。

こちらの記事で紹介する内容を参考に、かかる費用が分かるようにしましょう。

外壁塗装での費用相場

ズバリ相場っていくらなの?

導入でも挙げましたが、「一般的な戸建て住宅(2階建て&塗り面積は200m2)で80~150万円」が相場です。

この相場からどれだけ価格が変動するかは住まいの大きさ(塗装面積)や塗装剤の種類、住まいの劣化具合といった様々な要因に左右されるので、変動する要因について意識しましょう。

外壁塗装費用の内訳を知ろう

外壁塗装費用の内訳は、「塗料代」「人件費」「足場の組み上げ代」「利益」に分類されます。

費用を正確に把握するためには、「塗料代」「人件費」「足場の組み上げ代」の3点に関する相場価格をもとに考えることがオススメです。

それぞれの割合としては「塗料代」が20%、「人件費」が30%、「足場の組み上げ代」が20%ほどになっていることが一般的です。

塗料代について

塗料ごとに耐久年数と1缶あたりにかかる費用が大きく変わります。外壁の塗装価格について以下に相場を示します。

・アクリル 3~5年 5,000~15,000円

・ウレタン 5~7年 5,000~20,000円

・シリコン 7~10年 15,000~40,000円

・ピュアアクリル 15年~ 50,000~70,000円

(あくまで目安ですので、メーカーや製品ごとに価格が異なります。)

耐久年数の高さと価格が比例していますので、長い目で見ると高い塗料剤を使っておけば長く住むほどお得になっていくという仕組みになっています。

どの塗料を使うかが、費用に大きく関わってくる

外壁塗装工事に使われる塗料には様々な種類があります。

それぞれの塗料に特徴がありますが、簡単に言うと高品質なものとそうでないもので工事全体の費用が変わってきます。

塗料の値段についても前もって知っておくと大体の費用感をつかむことができます。

ぜひ塗料についても調べてみてくださいね。同じシリコン塗料でもそれぞれ機能が違ったりするので面白いですよ。

人件費

塗装職人が工事をする際に発生する費用です。

基本的に、「飛散防止ネット」「高圧洗浄」「養生」はどんな場合でもかかる費用ですので、以下に相場を提示します。

・飛散防止ネット 100~200円/m2

・高圧洗浄 100~300円/m2

・養生 250~400円/m2

足場の組み上げ代

足場を組みためにかかる費用を表します。

足場の費用計算は以下の式から自分で割り出すことが出来ます。

・足場架面積=(家の外周+8m)×高さ

・足場費用=足場架面積×(足場費用/m2 +飛散防止ネット/m2)

・足場費用 600~800円/m2

・飛散防止ネット 100~200円/m2

【注意】「足場代無料」に気をつけて

足場にかかる費用は材料を運ぶ運搬費や加工費も含まれていますので、基本的に無料になることはありえません。足場代無料と宣伝している分、他の費用を水増しするケースもありますので注意が必要です。

外壁塗装費用の計算方法

自分でも簡単に外壁塗装の費用を計算することができます。

以下が計算式になりますので確認してみてください。

価格相場=外壁の面積×単価

この計算では、塗装面積と塗料の単価や養生シートなどをかけて大まかな値段を出すことができます。外壁塗装にかかる費用を計算するときは塗料代だけを考えがちですが、「養生シート」や「足場費用」も考えて最終的な費用を算出しましょう。

細かい作業の費用相場についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。
気になる方は参考にしてみてくださいね。

外壁塗装工事にかかる費用を紹介しています!作業別でも相場を紹介しているので、実際にいくらかかるのかイメージが付きやすいと思います!外壁塗装工事を検討している方は是非参考にしてください!

しかし、業者によって費用が違う現象が起きるので併せて注意しましょう。
単価設定が業者ごとに違っているのが原因です。大体の相場を知るために、複数業者に見積り依頼を出すといいかもしれません。

外壁塗装の見積もり書で抑えたい4つのポイント

工事の依頼をした後、まずは業者から見積もり書を見せてもらうことになります。

不明な点が必要であれば業者に聞くようにしましょう。

以下では見積もり書をチェックする時に抑えたい4つのポイントを紹介します。

1:塗料メーカーと商品名が記載されているか

同じアクリル材の塗料でも、メーカーごとに価格設定は異なります。

品質についてもメーカーごとに異なっていくため耐久年数にも差が付きやすいです。

そのため、ただ材料名が表記されているだけでは不十分です。

「どのメーカーの」「どんな商品を使うのか」まで見積もり書に記入されている方が推奨されます。

記載されていなければ業者に確認しましょう。

2:面積が「m2」表示になっているか

面積が塗料の量を算出するためには必ず必要な数字です。ここの単位が正しくないと価格設定が大きく異なっていく上、見積もり書も分かりづらいです。

基本的なことですが、この部分がしっかりしていることが業者の良し悪しを分けていると言えます。

3:使用する塗料の缶数が記載されているか

缶の使用数によっても価格は変わります。メーカーごとに推奨される缶の数は決まっており、この数が適性でないと施工不良に繋がります。

4:一式表記には要注意!

一式という表記があった場合要注意です。

詳細な情報が記載されていませんのでトラブル発生の原因になります。

まとめ

ここまで外壁塗装にかかる費用の相場について触れました。外壁塗装には意外とお金がかかりますが、一回業者に依頼した後は耐久年数が経つまで再工事の必要はありません。外壁塗装を頼む時は次の工事までの年数を考えて依頼をしましょう。

また、かかる費用の内訳ごとに相場が存在しました。それぞれの費用に対する相場は自分で確かめることが出来るので、業者から見積もり書を見せてもらう際に確認しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。