外壁塗装で借入可能なローンとは?そのメリット・デメリット

外壁塗装工事のローン利用

外壁塗装工事は10年おきにおこなうのがいいとされていますが、その際にお金が用意できないという方は多いと思います。

そんな方のために、外壁塗装の際に利用できるローンの紹介とそのメリット・デメリットを紹介していきますので参考にしてください!

外壁塗装工事のローンとは

外壁塗装工事の費用にもローンを利用することができます。外壁塗装工事にて利用するローンはリフォームローンというものに分類されます。

リフォームローンは、最も有名である住宅ローンとは異なり、融資の上限額が低く、返済期間も短いのが特徴です。このリフォームローンには無担保と有担保の2種類あり、各金融機関やクレジットカード会社によって金利や融資条件などが異なっています。

借りたい金額や自身に合った商品が取り揃えられているので、もしリフォームローンの利用が必要な場合は気軽に金融機関やクレジットカード会社に相談してみましょう。

工事費用の支払い方法

外壁塗装工事の支払い方法には、

  • 現金集金
  • 口座振り込み
  • クレジットカード払い
  • リフォームローンの利用

以上のような方法があります。それではそれぞれの支払い方法について詳しく紹介していきます。

現金集金

現金集金とは、工事業者に直接お金を支払うという方法です。集金ですので振り込みではなく、業者の方が家にお金を取りにきてくれます。このメリットは振り込み手数料が一切かからないということです。

銀行振込だとどうしても振込手数料がかかってしまうので、それがなくなるというのはメリットということができます。

その反対にデメリットとしては、事前に多額のお金を家に保管しておく必要があるという点です。日本は治安が良く空き巣や泥棒というのはなかなか起こらないと思うかもしれませんが、実際大きなお金を自宅に置いておくのは不安になるものです。

集金の際の注意点として、

  • お金を支払う相手は自分の担当者にする
  • お金を支払ったら、会社の名前が印刷されている領収書をもらう

以上のことに気を付けましょう。

違う担当者に支払ってしまうと、持ち逃げされてしまったりということも考えられます。

銀行口座への振り込み

これはもっとも一般的な支払い方法となっています。塗装業者の指定する振り込み方法に確実に支払うことができるので安心してお金を支払うことができます。

この方法だと事前に大きなお金を自宅においておく必要がないですし、持ち逃げされてしまう可能性もありません。ただ銀行への振り込みは手数料がかかってしまうのでそれが唯一のデメリットといえるかもしれません。

クレジットカード支払い

クレジットカードでの支払いという方法もあります。クレジットカードで工事費用を支払ってしまうと利用枠が狭まってしまうことが心配されますが、クレジットカードのポイントやマイルを一気に稼ぐことができるのでそれが嬉しい方も多いかもしれませんね。

ただ、懸念点として

  • 利用枠が狭まってしまうということ
  • 遅れて工事費用が引き落とされること

以上の2つを挙げることができます。事前に自分の利用枠を確認しておくことや、場合によってはクレジットカード会社への相談も有効かもしれません。このようにクレジットカードでの支払いには事前の準備をしておくことをおすすめします。

リフォームローン

一度にまとまったお金を支払うと生活が苦しくなってしまうという方におすすめの支払い方法です。

一般的に外壁や屋根塗装にかかる費用は60~120万円程度となっています。このように大きな金額を一度に支払うのが厳しい方はリフォームローンの利用をすることで支払い回数を30回・60回・120回と分割して払うことができます。

ローンの利用は毎月の生活で家計への負担を減らすことができます。利用するローンの種類にもよりますが、金利が3%ほどととても金利の低いものもあるみたいです。

ローン利用の注意点

嬉しいメリットも多いリフォームローンですが注意点もいくつかあります。まずはローンの審査です。審査に通過することができなければ、もちろんローンを組むことができなくなってしまいます。クレジットカードの支払い遅れが多い方などは審査に通過できないこともあります。

また自動車購入のローンなどほかにもローンを組んでいる方も、借入金額によってはリフォームローンを組むことができない場合があるので注意しましょう。

リフォームローン検討の際には、返済に無理が出てこないか確認し、計画をしっかり立ててからローンを利用しましょう。

支払いは基本的に工事後

工事費用はいつ支払うの?と疑問に感じている方も多いと思います。結論、工事費用の支払いは外壁塗装工事後になります。というか、工事前や途中で支払ってはいけません!

なぜかというと、もしあなたが依頼した業者が悪徳業者である場合、先にお金を払ったら逃げてしまったり、工事が手抜きになってしまうという可能性があります。このようなことから、工事費用は工事後に支払わなければならないのです。

万が一業者との契約の際に、工事費用の前払いをお願いされたら、その業者は悪徳業者の可能性がありますので契約してしまう前に断例を入れてしまうことをおすすめします。

もし契約してしまったあとに、悪徳業者であることが分かってもクーリングオフができることがあるので諦めないでください!

クーリングオフについて詳しくはこちらをご覧ください!

外壁塗装のクーリングオフの適用条件・通知書の書き方について紹介しています。クーリングオフについて悩んでいる方はぜひ参考にしてください!

リフォームローンの組み方

一口にリフォームローンといっても、どこに・どのように申し込んでいいか分からないという方も多いと思います。そこでリフォームローンの選択肢として考えられるものについて紹介しますので参考にしてください!

銀行のローンを利用する

マイホームの場合、すでに住宅ローンの利用している方が多いのではないかと思います。そこでおすすめなのが住宅ローンを借りている金融機関に相談してみるという方法です。住宅ローンの内容に加えて、無理のない低金利でのリフォームローンを組むことができるかもしれません。

またほかに考えられるメリットとして、既に審査に通過しているということもあり、スダンしやすく親身になって考えてくれることが予想されます。住宅ローンに加えリフォームローンを借り入れる際は再び審査が必要になりますが、これまでクレジットカードの延滞や、住宅ローンの支払い遅れがないのであれば比較的簡単にお金の借り入れができると予想されます。

外壁塗装業者のローンを利用する

塗装業者が扱っているクレジットカード会社で扱っているローン利用ができることがあります。もしそのリフォームローンを利用したいのであれば、見積もりな度の際に、リフォームローンの利用が可能かどうか聞いておきましょう。自分から金融機関への相談・申請も必要なく、塗装業者が手続きのサポートをおこなってくれるのでスムーズにローン借り入れまで進むことができますよ!

もし外壁塗装業者のローンが気に入らないという場合は、金融機関が扱っているリフォームローンの利用を検討しましょう。

担保の有無で金利が変動する

リフォームローンは、銀行やクレジット会社などによって細かく借入形態などが分かれています。リフォームローンを借りるにあたって、担保の有無や金利も変ってくるので、利用の際は必ず確認するようにしましょう!

各金融機関のローンを比較検討すると、自分の想像しているローンが見つかるかもしれません。

それでは無担保ローンと有担保ローンの特徴について詳しく紹介していきます。

無担保ローン

金融機関では、担保がなくても借りることのできるローンがあります。担保設定がない分審査が早く手続きが簡単に済むことが大きなメリットです。

ただ金利に関して、有担保ローンより金利に利率が高いことがほとんどですので注意しましょう。担保の設定がない分、万が一返済が途絶えてしまったときのために毎月多く金額を請求したいというのが金融機関の本音です。

金利が高くなるのは嫌だという方は、有担保ローンでの借り入れか、ローン利用なしでの外壁塗装工事がおすすめです。

有担保ローン

有担保ローンは、家や土地、車などの資産を担保として設定して借り入れるローンのことです。資産となるものを担保に設定することによって、万が一ローン返済が途絶えてしまった場合に備えています。

たとえば土地を担保に設定した場合で、途中でローンの返済が途絶えてしまった際は、その担保に設定してある土地を売却することで未返済分の金額を穴埋めするのです。

担保の設定があり貸し倒れのリスクが低いということで、無担保ローンに比べて金利が低く設定されていることが多いです。

リフォームローン利用のメリット・デメリット

リフォームローンにはどのようなメリット・デメリットがあるのか紹介していきます。ローンを組む際にはメリットとデメリットを把握しておくことが大切ですので確認してください!

担保 返済期間 金利 審査 融資上限
リフォームローン 最長35年 低い 住宅ローンと同じ 2000~3000万円
10~15年ほど カードローンより低く、有担保より高い 比較的早い 500~1000万円
カードローン 基本的になし 10年以内が多い 高い 即日~1週間ほど 300~1000万円程度

メリットは以下の通りです。

  • 工事に際して、まとまったお金が不要になる
  • スムーズに借り入れることができる
  • 金利もそんなに高くない

それではリフォームローンのデメリットは以下の通りです。

  • 借入条件によっては金利が高い
  • 担保が必要になることがある
  • 審査が必要

リフォームローンにはこのようなメリット・デメリットがあるので検討の材料としてください。ローン自体がおすすめかどうかと聞かれたら、ローンを組まずに工事費用を支払うのが一番いいのですが、返済の目途を立てられていてメリットが多いのであればロフォームローンの利用もいいのではないかと思います。

こんな方にリフォームローンがおすすめ

  • 手元に外壁と塗装工事に当てるお金が用意できない
  • 貯金を使いたくない
  • 外壁塗装に予想以上の費用がかかる
  • 長い目で見てお得になるように、高い塗料を使って工事がしたい

以上の項目に当てはまる方にローンの利用がおすすめです。

ぜひ外壁塗装工事の際は、リフォームローンの利用も考えてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。