塗料メーカー紹介!おすすめの塗料メーカーはここだ

おすすめの塗料メーカー

外壁塗装を考えている方は、塗料選びに迷ってしまうことが多いです。

ということで、今回は日本にある塗料メーカーを紹介していきます。

各塗料メーカーの説明を読んで、自分が良いと思うメーカーを見つけてくださいね!

安心!日本3大塗料メーカー

塗料業界には3強が存在します。

  • 日本ペイント
  • 関西ペイント
  • エスケー化研

以上の塗料メーカーについて紹介していきます。合わせておすすめの外壁用塗料を昭明していくので参考にしてくださいね。

日本ペイント

日本ペイントのトップページ

1881年(明治14年)に前身である「光明社」が設立されたのが日本ペイントの始まりです。

後の1898年(明治31年)に「日本ペイント製造株式会社」と改称されました。

日本初の塗料製造会社として長い歴史を歩んできた日本ペイントは、いまや日本で一番有名な塗料メーカーにまで成長しました。

外壁塗装工事で使用される塗料は、もちろん日本ペイントのものが多くを占めています。

おもに、塗料の開発・製造・販売を行っています。

日本ペイントの特徴

日本ペイントの塗料は広く扱われているので、塗装業者を選ばず、どんな場面にも対応できる力を持っています。

また、長い歴史の中で培ってきた経験・ノウハウから、塗料の種類を豊富に、色調も豊かに対応しています。「塗料で困ったら日本ペイント」と言ってもいいほどにさまざまな塗料を取り揃えています。

さらに、塗料の気になるニオイを解消し、塗装時に花のにおいがする「ハナコレクション」や高品質プレミアム塗装システムの「ダイヤモンドコート」など、塗料を使う人、選ぶ人に喜ばれるような開発も進めています。

関西ペイント

関西ペイントのトップページ

日本ペイントに次ぐ有名塗料メーカーである「関西ペイント」。

1918年(大正7年)に設立されました。

顧客に満足される製品及びサービスを提供することによって社会に貢献する

を社是としており、これまで長きに渡って安全や環境に配慮した塗料を世の中に提供し続けています。

塗料の製造・販売を始め、配色設計やバイオ関連製品、電子材料関連製品の製造販売もおこなっています。

現在では国内にとどまらず、海外市場においても成長を続けている塗料メーカーです。

※外壁塗装豆知識 塗料業界では「カンペ」と呼ばれています。

関西ペイントの特徴

主に、ビルや高層建築用の塗料をメインに扱っているので、大規模修繕やビル・マンションの補修・塗装事業に従事している業者によく選ばれています。

世界・地球規模の環境保全に沿った建築用塗料の研究開発などにも余念がなく、成長・前進し続けようとする姿勢を感じる会社です。

中でも屋根用高日射反射率塗料「アレスクール」は、地球温暖化対策になる塗料として注目を集め、多くの企業や家庭に選ばれています。

さらに、関西ペイントでは経験・ノウハウを生かし、外壁用塗料に留まらず、自動車用塗料なども取り扱っています。

エスケー化研

エスケー化研のトップページ

3大塗料メーカーの一角を担うエスケー化研。

エスケー化研は、1955年(昭和30年)に「無から有を生じる」をモットーに、「四国化学研究所」として設立されました。1963年(昭和38年)に「四国化研工業株式会社」、1991年(平成3年)の「エスケー化研」となりました。

社名が変わっても、会社のモットーを一貫して貫き、設立以来快適・健康・安心・安全・環境をテーマに建築塗材や特殊塗料の分野で活躍してきました。

日本の生活文化の創造、住生活環境の向上に貢献している塗料メーカーです。

先に紹介した2社に比べ設立が遅かったにもかかわらず、ここまで有名な塗料メーカーにまで成長したことから、エスケー化研の思いや技術が世の中に認められていると言えるでしょう。

エスケー化研の特徴

エスケー化研はセラミック系の塗料を多く扱っています。

また、資源が少ない日本の省エネへの関心の高まりを受け、最近では遮熱塗料の開発に力を入れています。なかでも優れた遮熱効果を発揮する屋根用の遮熱塗料「クールタイトシリーズ」は防汚効果に優れ、長い間高い遮熱効果を維持することができます。結果として室内環境の快適さを向上させ、冷房使用率の低下につながっています。

このように環境にやさしい塗料の開発が評価され、3大塗料メーカーとまで呼ばれるまで上り詰めたのでしょう。

また、エスケー化研の塗料は他メーカーに比べて比較的安価なので、世間の声「なるべく安く、高い質の塗装工事をしたい」に応えています。

ほかにも塗料メーカーがたくさん

塗料メーカーは、3大塗料メーカーのほかにも多く存在あしています。

ここでは、その中でも名のある塗料メーカーを紹介していきます。

アステックペイント

アステックペイントのトップページ

アステックペイントの塗料は「長持ちする!」と人気の塗料メーカーです。

2000年(平成12年)に設立され、建物の資産保全を目的とした、オーストラリア製の塗料を輸入し国内で販売していました。

2008年(平成20年)、オーストラリア大使よりオーストラリア製品の拡散に関する活躍を認められ、「IMPORT AWARD」の表彰を受けています。

最近では営業所・工場を次々と開き、日本の塗装業界に貢献しています。

アステックペイントの特徴

日本の建物の寿命を長くしたい」という想いのもと、“100年ペイント”というコンセプトを掲げ、耐久性の高い塗料の開発をしています。

社名からきている「アステック」という塗料は。厳しい自然環境にあるオーストラリアで研究・開発され、外壁や屋根の耐久性を高めることで建物の内部構造を守ることができる塗料を世に送り出しています。

また、保証も充実しています。建物の寿命を延ばし、社会に貢献している塗料メーカーです。

日進産業

日進産業のトップページ

社名よりも塗料名が有名になった塗料メーカー、日進産業。

ロケット打ち上げ時の摩擦熱から人工衛星などを守る特殊な塗料の開発を行ったJAXAの技術をもとに、一般住宅用に改良された断熱塗料「ガイナ」を開発・製造しています。

このガイナ、テレビなどでも取り上げられ知名度が高い塗料です。知名度だけでなく、その性能が評価され、これまで数々の賞を受賞しています。

2003年6月 東久邇宮記念賞
2006年3月 日本経済新聞社賞
2006年6月 島根県誘致認定企業
2006年10月 勇気ある経営大賞・優秀賞
2006年11月 板橋区製品技術大賞・環境賞

これほど世間に評価されている塗料、ガイナの性能や特徴について詳しくはこちらをご覧ください。

ここではアクリル塗料の特徴、メリット・デメリットを中心に紹介しています。ほかにも費用相場や耐用年数など、アクリル塗料に関することをできるだけ多く紹介していますので参考にしてくださいね!

AGCコーテック

AGCコーテックのトップページ

1963年(昭和38年)に前身の「ボンタイル株式会社」が設立されました。

設立当初からフッ素樹脂塗料の製造・開発に力を入れ、1988年(昭和63年)に「旭硝子コートアレンジ株式会社」へ」社名を変更、2007年に「AGCコーテック株式会社」のなりました。

現在の社名になる頃には、フッ素樹脂塗料のリーディングカンパニーとしての地位を確立しました。

現在は、建築用塗料はもちろんのこと、煙突や橋などの大型構造物、航空機や車両など、広い分野に活躍の場を広げています。

AGCコーテックの特徴

AGCコーテックはフッ素樹脂塗料「ルミステージ」というものをメインに取り扱っています。寿命は約20年で、一般的な塗料に比べて長い耐用年数を誇ります。

また、メンテナンスに手間がかからないので、施工主にかかるトータルコストを抑えられるのも魅力です。

さらに、品質管理を行うシステムを開発し、充実した安心のアフターサービス、保証を提供しています。

日本プロツバル

日本プロツバルのトップページ

ガイナと同じように、JAXAの技術を元に開発された遮熱塗料「プロツバル」を製造・販売している塗料メーカーです。

2005年(平成17年)に設立され、地球温暖化対策のために環境に負荷のかからない塗料の開発に力を注いできました。

その結果、JAXAの技術をもとに、省エネ塗料「プロツバル」が完成しました。

今後も遮熱塗料分野での活躍が期待されています。

日本プロツバルの特徴

遮熱塗料プロツバルは汚れが付きにくく、長きに渡って優れた遮熱効果を発揮します。真夏も太陽の熱を効率よく反射し、室内空間を快適に保つことができます。

戸建て住宅はもちろん、ビルやマンション、公共施設でも採用されている塗料です。エアコン効率を向上させ、省エネにも貢献します。

また、日本プロツバルの塗料は比較的安価なので、遮熱効果を期待する方に多く選ばれています。省エネしたいという方はぜひ日本プロツバルの塗料を使用してみてください!

ロックペイント

ロックペイントのトップページ

ロックペイントは1952年(昭和27年)に設立されました。

建築用・工業用・家庭用塗料の販売製造を主な事業としています。また、接着剤の製造販売もおこなっている会社です。

品質本位、適正価格

を社是とし、品質を最優先にしながら、適正価格で製品を世に送り出している塗料メーカーです。

ロックペイントの特徴

フッ素樹脂をベースにしている塗料で、油性塗料「サンフロン」は高い性能を持っており、ロックペイントのエース的存在です。

耐久性はもちろん、耐熱・耐候・耐水に優れています。さらに汚れや紫外線に強く、トップクラスの品質を持っています。

この塗料は、一度塗装すれば長期間にわたって美しい外壁を維持することができるといわれています。

その分価格が少々高いですが、品質を考えれば“適正価格”なのではないでしょうか。

おすすめの塗料メーカーは「日本ペイント」

ここまで、塗料メーカーの紹介をしてきましたが、おすすめしたいのは「日本ペイント」です。

日本で一番長い歴史、高い技術・品質を持っている日本ペイントの塗料は、何と言っても信頼飛びぬけています。

外壁塗装の塗料選びに迷ったら、日本ペイントの塗料を選んで間違いはありませんよ。

また、日本ペイントの塗料は職人さんにもなじみ深いので、施工不良やミスの心配が少ないといえます。安心・安全の工事を求めるなら、日本ペイントの塗料がおすすめですよ!

優良な業者が工事を成功に導く!

ここまで、おすすめの塗料を紹介してきました。

あなたがいくら塗料について詳しくても、結局塗装業者の技術、親切さが工事の完成度を左右するという面もあります。

要するに、塗料メーカーについての知識がついた状態で、優良業者を選ぶことで、塗装工事の成功がぐっと近づくのです!

これから、塗装工事を考えている方は、業者の選択を慎重におこないましょう!

業者の選び方についてはこちらをご覧ください。

外壁塗装業者の選び方を紹介しています。合わせて、注意点や業者を探す方法も紹介しているので、これから外壁塗装を考えているという方は参考にしてみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。