屋根塗装のメリット・デメリットを紹介!

屋根塗装のメリット・デメリット

屋根リフォームや屋根塗装をおこなうことで、家自体が長持ちさせられることは良く知られていることです。

屋根は毎日、雨や風、太陽の熱に直接さらされるので、どんなに耐久性のある素材や塗装をつかっていても、時間の経過とともにその状態は劣化していきます。

そのため、塗装が色あせなどで見栄えが悪くなるだけではなく、屋根自体の痛みが激しくなったり、雨漏りが発生してしまうこともあります。屋根がそうなると家の中に水が入り骨組みの腐食につながり、家全体の劣化になります。そうなる前に早めの屋根修繕をしましょう。

屋根塗装の基本を紹介

屋根のリフォームや改修工事は3つの種類に分けられます。屋根塗装、屋根カバー工法、屋根の葺き替えです。屋根の修理や改修をする時にはそれぞれの状況に合わせた最適な工法を選ぶことが大切です。

屋根塗装はこの中で、最も簡単なもので、対応できる屋根の種類も多いです。また、塗り替えが必要な屋根では定期的な塗装をメンテナンスとしておこなう必要があります。

なぜ屋根塗装をするの?屋根塗装って?

屋根の塗装は、屋根材に塗料を塗ることで、屋根材本来の働きを保持するためにおこないます。屋根は、建物を雨や風から守るために必要不可欠な物です。

屋根が外的要因によってダメージや、経年劣化を受けると、雨漏りになるリスクが高くなります。大きなダメージを未然に防ぐために、屋根の塗装をおこなうのです。

屋根材そのものに比べて塗膜は、ダメージを受けやすくなっています。屋根材を守るためにも塗膜が常に機能する状態に保つことが大切です。

塗装が必要な屋根材はほとんど

屋根の塗装は、屋根の階層や修理工事のなかでは比較的に手軽にできるリフォームとなっています。ですが、すべての屋根に塗装が有効的かというと、そうではありません。

屋根材の種類によって塗装が必要なものとそうではないものがあるのです。塗装必要な屋根の例として、スレート屋根・金属屋根・セメント瓦屋根・ガルバリウム剛鉄があります。

逆に必要のないものの例は粘土瓦屋根があげられます。

塗り替えの目安は?

気になる塗り替え時期ですが、屋根材別にその目安の例をあげると、一般的にはトタンが3~4年、スレートは7~8年、ガルバリウム剛鉄とセメント瓦が6~7年となっています。

お住いの屋根がこの目安時期に近い場合は一度はしごを登るなどして屋根の状態を調べてみることをおすすめします。表面にサビがあったり塗膜が剥がれている、変色している場合は塗り替えを考えたほうが良いかもしれません。屋根に上る際はくれぐれも安全第一でお願いしますね!

もし変わった変化がなくても定期的なメンテナンスをしたほうが良いのかもしれませんね。

屋根の塗り替えでかかる費用は40~60万円

屋根の塗り替えだけなら殆どの場合、40~60万円ほどでできます。

しかし、塗り方や、施工面積、使用する塗料の塗り方や種類、足場の組み立て費用などの条件によって価格はまちまちです。

また、場合によっては塗り替えだけでは済まないこともあります。屋根材ごと取り替える「葺き替え」という工事をした場合60~200万円ほどします。内容によっては数百万円以上ということにもなります。

屋根塗装の費用について詳しくはこちらをご覧ください!

屋根塗装にかかる費用、それぞれの工程の相場を細かく紹介しています!これから屋根塗装工事を使用と検討されている方は一度相場について知っておいてください!相場を把握することで工事の全貌が見えてきますよ!

屋根塗装のメリットは4つ

定期的に屋根の塗り替えをすることで、4つのメリットがあります。

  • 屋根の寿命を延ばす
  • 雨漏りを未然に防ぐ
  • 節電効果に期待できる
  • 外観を綺麗にできる

屋根の寿命を延ばす

屋根は風や雨、太陽光、その他の外的要因によって毎日ダメージを受けています。

スレート屋根や金属屋根は粘土瓦と違い、塗り替えを行わなければ屋根材が傷ついてしまい、本来の機能が保持出来なくなってしまいます。

そのため、塗り替えを定期的におこない新しい塗膜でカバーすることで、屋根材の寿命を伸ばすことができます。

雨漏りを未然に防ぐ

屋根にひび割れが出来てしまうと、その隙間から雨水が侵入してしまい、雨漏りに繋がってしまう可能性があります。

新たに塗膜を形成することで、雨の侵入を防ぎ雨漏りの対策とすることができます。

節電効果の期待できる

塗料のなかには、遮熱や断熱の性能に優れたものがあります。性能の優れた塗料を使うことにより、太陽光による夏の暑さを弱める効果が期待できます。

そうなると、冷房の費用を抑えることにもつながり、節電への効果が期待できます。

外観を綺麗にできる

屋根の塗装をおこなうことで、外観を新しい印象にできます。

暮らす家の屋根が美しく保たれることで、日々の暮らしに充実感がプラスされます。

屋根塗装のデメリット

屋根塗装によるデメリットはほぼないです。以下は強いていうならば、ということなので断然メリットの方多いです。

  • いずれ訪れる色あせ
  • 費用がかかる

必ずなる色あせ

塗装は必ず時間と共に色あせてしまいます。そのため、新しく塗装を施してもいつかは色あせになるということですがこれは仕方ないことです…。

費用がかかる

先の屋根塗装の基本で言及しましたが、屋根のとそうにはそれだけで50~100万円かかります。

ですが、この補修によって家全体の寿命が結果的に延びるので安いとも思えますね。

屋根塗装は家を守る!!

ここまで屋根塗装のメリットを紹介してきましたが、雨漏り対策になったり、寿命を延ばしたりと建物自体を保護する役割を担っているとわかっていただけたと思います。

塗装工事には大きなお金がかかりますし、時間も必要になってしまいますが、目先の面倒ばかり考えず、未来のメリットを考えましょう。

塗装することで単純に家が長持ちしますので、屋根の老朽や劣化が激しい場合は塗装工事を検討してみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。