外壁・屋根にできるピンホールの原因とは?その対処法は?

外壁塗装にできたピンホール

外壁の塗装面に小さい穴がいくつもできてしまっていませんか?それはピンホールといい、放っておくと外壁や家にダメージを与えてしまうかもしれません。
家を長持ちさせるためにはそのピンホールを早めに直す必要があります。

今回はピンホールの発生原因と、その対処法について紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね!

ピンホールとは

外壁塗装の塗膜に、ポツポツとできてしまう直径1〜3mmほどの小さな穴ができてしまうことがあります。この小さな穴のことをピンホールというのです。

外壁塗装のトラブルで多いこのピンホールは、外壁塗装工事時に下塗りや上塗りがうまくできていないことが原因で発生してしまうことが多いのです。針の穴のような小さい穴ができてしまうのが特徴です。

この穴自体はとても小さいものですが、放置してしまうと塗膜面の内側に雨水などの水分が溜まってしまうことによって塗装の剥がれが起きてしまうことがあります。そうなると、外壁を痛めてしまうことになってしまうので、建物の外観、家の耐久度を悪くしてしまうのです。

もしこのようなピンホールを発見した場合は、すぐに外壁塗装業者に補修の依頼をしましょう。小さな穴ということで自分でも補修ができそうですが、綺麗にできなかった場合や方法を間違えてしまうと、さらに工事費用がかさんでしまいますので業者に依頼するか、まずは相談だけでもするようにしましょう。

ピンホールの原因

ここからはなぜピンホールができてしまうのか、その原因を詳しく紹介していきます。ピンホールの原因には多くのことが考えられますので、自分の家は何に当てはまるのか考えてみてください。

もし業者の施工ミスのようであるのならそのように業者に相談しましょう。

高気温の中で屋根塗装をしてしまった

気温を考慮せずに塗装をしてしまうことが原因でピンホールができてしまうことがあります。

気温が高い環境で塗料を塗ると、塗料に含まれるシンナーの蒸発速度が速くなります。それが原因で杜黙が十分に乾いていない状態の時にシンナーの気泡が外に逃げ出すことになってしまうので、小さな穴ができてしまうのです。

また、気温を考慮してシンナーを選択しなかったことにより、蒸発のそくそが速くなってしまうこともあります。シンナーの選択ミスや気温の考慮ミスでピンホールは発生してしまうのです。

これから外壁塗装をおこなう方は、気温を考慮に入れて外壁塗装をおこないましょう。そうすることで綺麗な外壁塗装にすることに繋がりますよ!

塗料の量が多かった・厚塗りしてしまった

塗料の量が必要以上に多く、厚塗りになってしまうことでピンホールが発生してしまうことがあります。塗料を一度に厚塗りしてしまうと、内側の塗料が乾き切らず、後になって内側から気が抜けていくことによってピンホールができてしまうのです。

まず、塗料は数回に分けて塗装することが普通です。それは、きれいに外壁塗装を仕上げるという他に、塗料の耐久性・効果を最大限に発揮するためなのです。一度に多くの塗料を塗って外壁を覆うことがいいのではありませんので覚えておきましょう。また、契約の際に業者が「一度の塗装で大丈夫」という場合はその業者は断りましょう。いい業者でない可能性が高いです。

さらにいうと、塗料は一度の塗装にしようすべき量がメーカーや塗料ごとに決まっています。その量を守らないことによってピンホールができてしまうので工事の際は、業者に確認するようにしましょう。

乾燥時間を十分にとっていなかった

塗料の乾燥時間を十分に取らないことでもピンホールはできてしまいます。

ほかにもピンホールの原因がいっぱい

ほかにもピンホールの原因となってしまうことは多くあります。以下がほかにピンホールを発生させてしまう原因となる施工ミスです。

  • 下地処理が十分に行われていなかった
  • エアスプレーの圧力が適切でなかった
  • 塗装面にゴミやホコリが多く付着してしまう
  • 塗料や道具の選択を間違えてしまった
  • 高圧洗浄やヒビの補修が適切におこなわれなかった

以上のようにピンホール発生の原因は多く存在するのです。塗料を塗る際以外でも、外壁や屋根の洗浄がうまくおこなわれていないとピンホールが発生してしまいます。

後悔のない外壁塗装工事のために、以上で紹介したようなことには十分注意し、業者の方と確認しながら工事を進めていきましょう。

また、現在ピンホールの悩んでいる方は工事を行なった業者に報告しましょう。もしかしたら無償または格安で補修を行なってくれるかもしれません。もしその業者がきちんと対応してくれない場合は、他の業者を頼りましょう。

ピンホールの予防法

ピンホールを発生させないためにはどうすればいいのでしょうか?

ここからはピンホールを作らないために大切なことを紹介していきます。これから外壁塗装をおこなう方、補修工事をする方はぜひ役立ててくださいね。

  • 塗料の乾燥時間を十分にとる。ただし急激な乾燥はかえって逆効果なので避ける
  • 塗装時の気温を考慮することで良質な塗料を選ぶことで、シンナーの蒸発速度が早くなることを防ぐ
  • 缶の底に塗料の成分が沈殿してアンバランスにならないようにしっかり混ぜてから塗装をおこなう

以上のことに注意して外壁塗装をおこなうことでピンホールの発生を防ぐことができますよ!外壁塗装の工事際はこのようなことにも注意して業者の方に工事をおこなってもらいましょう。

ピンホールを発見したらすぐに業者連絡しよう

ピンホールが小さい場合は研磨剤で綺麗にしてから塗装し、ピンホールが大きい場合は一度塗装を剥がしてから再塗装することになります。

先にも触れたように、業者のミスである場合は無償で補修をおこなってもらえるかもしれません。

ただ、「保証の対象外」と言って業者に逃げられてしまうこともあります。なので、外壁塗装を頼む際は信頼できる優良業者に外壁塗装工事を依頼するようにしましょう。ピンホールの補修で悩んでいる方は工事をしてもらった業者を信頼できないのであれば、他の業者を探しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。