ラジカル塗料とは?特徴とメリット・デメリットを紹介!

ラジカル塗料を塗装する人

今回は新しい塗料、ラジカル塗料について紹介していきます。

ラジカル塗料の特徴をメリットやデメリットに触れながら紹介していくので参考にしてください!

ラジカル塗料とは

ラジカル塗料とは、正確にいうと「ラジカルを制御する機能を持った塗料」です。ラジカルという塗膜の劣化を進行させてしまう成分を抑える効果があるので、耐用年数が長い塗料となっています。

発売が2012年なのでまだあたらしい塗料なので知名度や実績はまだまだなのですが、ラジカル抑制技術は、塗料メーカーが新しい塗料の開発をしていくうえで注目されている技術です。

ラジカルとは

ラジカルとは、樹脂や顔料を劣化させてしまう成分のことをいいます。このラジカルは、塗料に色を付ける際に使う酸化チタンに太陽の紫外線があたることで発生します。

このラジカルが塗料の樹脂や顔料にダメージを与えてしまうので、塗膜の劣化が進んでしまうのです。このためチョーキング現象の原因になってしまうのです。

チョーキングについて詳しくはこちらをご覧ください!

外壁塗装のチョーキングはどうして起きるのか、確認方法、対策方法を紹介しています!外壁塗装のチョーキングに悩んでいる方、チョーキングについて知りたいという方はぜひ参考にしてください!

ラジカル塗料の特徴

ここからはラジカル塗料の特徴についていくつか紹介していきます。

チョーキングに効果がある

塗料の成分として含まれる酸化チタンにょって発生してしまったラジカルによって、樹脂が傷んでしまうことで塗膜が粉を吹いてしまうことがあります。この劣化現象ことをチョーキングといいます。チョーキング現象は外壁を手の平で撫で、塗膜の粉が付くか付かないかで確認することができますので試してみてください。

このチョーキングですが、塗膜の劣化現象としてとても有名なものとなっています。塗膜が劣化してしまっているということは外壁の塗り替えが必要になってしまっているということです。

ラジカル塗料はチョーキング現象を引き起こさない効果があります。チョーキングの原因となるラジカルの発生を抑えることで、結果として劣化を防止し塗膜の耐久性を向上させることができるのです。

高耐候酸化チタン

酸化チタンとは、塗料の色を作る際に使用する成分となっています。酸化チタンは白い色の顔料として使用されます。

この酸化チタンはラジカル発生の原因となってしまうのですが、ラジカル塗料では高耐候酸化チタンというものを使用しています。高耐候酸化チタンはラジカルバリアという機能を持っていて、発生したラジカルを外に出さず閉じ込める効果を発揮します。

そのため塗膜の樹脂が分解されることを防ぎ、劣化しにくい塗膜を維持することができるのです。

光安定剤

ラジカル塗料に含まれる光安定剤は、発生したラジカルを捕まえてラジカルの働きを抑制するチカラを持っています。このためラジカルの飛散を防ぐことができるのです。

ラジカル塗料は、高耐候酸化チタン・光安定剤の働きで塗膜が劣化しにくい塗料となっています。塗装をより長く維持することができるので、最近注目の機能的な塗料です。

ラジカル塗料のメリット

ラジカル塗料はこれまでのアクリル・ウレタン・シリコン・フッ素のように現在では当たり前となっているように、これからもっと普及していき幅広く使用されることが期待されています。

そんなラジカル塗料は多くのメリットを抱えていますので紹介していきます。

単価が安い

フッ素塗料や光触媒塗料のように、塗膜が長が持ちする塗料は基本的に単価が高くなってしまいます。しかしラジカル塗料の単価は2500~3000円/㎡となっていてとても手ごろな価格を実現しています。

参考までにほかの塗料の単価を表にまとめたので見ていきましょう。

塗料の種類 単価/㎡
アクリル塗料 1000~1200円
ウレタン塗料 1800~2000円
シリコン塗料 2500~3500円
ラジカル塗料 2500~3000円
フッ素塗料 3500~4500円
光触媒塗料 5000~5500円

現在一番普及しているシリコン塗料と同じくらいの価格となっているので、一般家庭の塗装にも安心して使用することができます。機能性が高いのに単価が安いというのはとても魅力に感じますよね。

耐久性が高い

シリコン塗料の耐用年数が8~10年というのに対し、ラジカル塗料は15年前後と約1.5倍になっています。同じくらいの価格で耐用年数が長いのでおすすめです。

30年のスパンで考えると、シリコン塗料は3回のメンテナンス(塗り替え)が必要なのに対し、ラジカル塗料はたった2回のメンテナンスで済みます。このように長い目で見てもコストパフォーマンスが高いのが特徴です。

光沢があり防汚性に優れている

ラジカル塗料の塗膜はきれいなツヤがあり、光沢が出る塗膜となっているので汚れが付きにくい特徴があります。塗膜に汚れが付きにくいので、塗装が劣化しにくく外壁自体へのダメージを抑えることができます。このため外壁の寿命をキープすることができます。

ツヤなしでの塗装も可能となっていますが、やはりツヤ有りに比べると汚れが付着し安くなってしまいますので注意しましょう。

塗膜の汚れは落とすのが大変ですし、外壁へのダメージを考えるとツヤありでの塗装がおすすめです。

防カビ性が高い

ラジカル塗料は防カビ・防藻性があるので、太陽が当たりにくい北側の外壁や風通しの悪い部分にも塗装可能となっています。

カビや藻は一度発生してしまうと繁殖してしまうので厄介な存在です。放置してしまうと塗膜を破って外壁に直接ダメージを与えてしまうこともあるので注意が必要です。

またカビはアレルギーを引き起こし、人体に直接影響を与えることもあります。ラジカル塗料ではこのような心配ごとをなくすことができます。

作業効率が高い

外壁用のラジカル塗料は水性で1液が型が多いので、手間がかからず塗装ができるというメリットもあります。

水性ということで伸びがいので、ローラーや刷毛で簡単に塗装することができ作業性に富んでいるといえます。実際に工事依頼者が塗装していくわけではありませんが、予定通り工程が進んでいくということに関しては嬉しいですよね。作業工程などに対しても一定の安定感をもたらします。

下地を選ばないから便利

ラジカル塗料は基本的にどんな下地に対して塗装することができます。金属サイディング・モルタル外壁・コンクリート壁・木部・亜鉛メッキ・アルミ・剛版などいかなる下地に塗装可能です。

塗料の中には塗装可能な下地が限られてしまっっているものも多いので、このように万能であるのはラジカル塗料の大きな特徴といえます。基本的に下地を選ばないアクリル塗料やシリコン塗料が塗装できる部分には、ラジカル塗料も塗装可能と考えてよいでしょう。

ラジカル塗料のデメリット

ここからはラジカル塗料のデメリットについて紹介していきます。塗料選びはメリットだけで判断してはいけません。しっかりデメリットも理解したうえで、どの塗料で塗装するのか決定しましょう。

ここで紹介するラジカル塗料のデメリットは以下の2つです。

  • 実績が少ない・知名度が低い
  • 塗装経験豊富な業者が少ない

この2つについて詳しく解説していきます。

実績が少ない・知名度が低い

ラジカル塗料は2012年販売開始なので、まだ耐用年数の実証ができていなません。2012年に塗装したとしてもまだ耐用年数15年に至っていないので、本当に15年の耐用年数が実現しているのか確認できていないのです。

この点、「ラジカル塗料は実績ある塗料だ」とはまだ言えないというのが現状となっています。また発売から8年足らずとうことで知名度もまだまだとなっています。

機能性には文句なしですが、その実績や知名度を感じることができないということで、使用をためらってしまう方が多いようです。

塗装経験のある業者が少ない

紹介したようにラジカル塗料は2012年発売開始ということで、実際にラジカル塗料を塗装した経験がある業者が少ないというのが現状です。また一度も塗装したことがないという業者もいるでしょう。

思い切って新しい塗装をするのに、塗装経験がない業者に工事を依頼するのは少し不安ですよね。このことも一つラジカル塗料のデメリットということができます。

ラジカル塗料の単価は2500~3000円/㎡

ラジカル塗料の㎡単価は、先にも触れていますが2500~3000円/㎡となっています。ここでも他塗料との比較のために単価と耐用年数を表にまとめましたので参考にしてください。

塗料の種類 耐用年数 単価/㎡
アクリル塗料 4~7年 1000~1200円
ウレタン塗料 6~10年 1800~2000円
シリコン塗料 8~10年前後 2500~3500円
ラジカル塗料 15年 2500~3000円
フッ素塗料 15~20年 3500~4500円
光触媒塗料 10~15年 5000~5500円

こうしてみると他の塗料比べてコストパフォーマンスが良いとわかるのではないでしょうか。

おすすめのラジカル塗料

ここでは大手塗料メーカ―から発売されているおすすめのラジカル塗料を紹介していきます。外壁用・屋根用ともに紹介するので参考にしてください。

外壁用ラジカル塗料
塗料メーカー 商品名 性質 樹脂
日本ペイント パーフェクトトップ 水性 アクリル系
関西ペイント プレミアムシリコン 水性 シリコン系
エスケー化研 アレスダイナミックTOP 水性 シリコン系

次に屋根用塗料の紹介です。

屋根用ラジカル塗料
塗料メーカー 商品名 性質 樹脂
日本ペイント ファインパーフェクトベスト 弱溶剤 アクリル系
パーフェクトクーラーベスト 水性 アクリル系
アスティックペイントジャパン 超低汚染リファイン500Si-IR 水性 シリコン系
スーパーシャネツサーモSi 弱溶剤 シリコン系

ここではおすすめのラジカル塗料を紹介しました。ラジカル塗料には遮熱・低汚染・防カビ・耐候性などそれぞれに強いものなど多く存在していますので、どの機能が自宅の外壁・屋根に必要か考えてラジカル塗料を選びましょう。

ラジカル塗料はこんな方におすすめ

ラジカル塗料は、

  • 初期費用が少々高くなっても、いい塗料を選びたい方
  • コストパフォーマンスを重視する方
  • 淡い色での塗り替えを考えている方

以上のような方におすすめです。

機能性の十分のラジカル塗料が少しでもいいと感じた方は、塗料選びの候補の一つとして考えてみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。