外壁塗装で雨漏りしてしまう原因とは?

雨漏りの原因

あなたの家は雨漏りしていませんか?

もし雨漏りがみられるようであれば、あなたの家は劣化が進んでしまっているかもしれません。

今回はその劣化から雨漏りにつながってしまうのはなぜなのか。雨漏りの原因を紹介していきます。

雨漏りの原因

雨漏りの原意には様々なことが考えられます。

  • 自然環境によるもの
  • 経年劣化によるもの
  • 施工不良によるもの
  • 家のメンテナンス不足によるもの

以上のようなことが雨漏りが起きてしまう大本として挙げられるのですが、具体的に外壁にどのような症状が出てしまうと雨漏りの原因となってしまうのか紹介していきます。

雨漏りを起こす症状 症状の原因
屋根材の浮き・割れ・ズレ 屋根材の浮きや割れが発生することでその隙間から雨水などの水分が侵入してしまいます。この屋根の割れや浮きは経年劣化である場合が多いです。瓦屋根は割れ、ストレートの屋根はズレが起きてしまうことが多いという特徴があります。時間が経つにつれてこのような劣化現象が出てきてしまうのです。
谷樋(タニトイ)の劣化 これは屋根の谷部分にある、雨をいったんためておく部分のことです。長い間水に触れていることになるので、経年劣化によって腐敗してしまったりすることがあります。劣化が進むとその部分から水がない部分に入り込んでしまい雨漏りが引きおこってしまいます。金属素材の屋根にこの現象がみられることが多いです。
棟板金のクギ・ビス浮き 経年劣化や強い雨風によって棟板金が浮き上がってしまうことで、止めていたクギやビスが緩んでしまうことがあります。この隙間から雨水などの水分が浸入することで雨漏りの原因となってしまっています。
雨樋(あまどい)の詰まり 雨を下に落とす役割のある雨樋ですが、この雨樋にコケやごみが発生・溜まってしまうことで筒が詰まってしまうことがあります。また、詰まりが原因で雨樋が壊れてしまうこともあります。そうなると、雨水などの水分がせき止められてしまうので、逃げ場を失った水が外壁や屋根にしみ込んでいってしまうのです。これが原因で雨漏りが起きてしまうことがあります。
コーキングの剥がれ 経年劣化によって、サッシや出窓の隙間を埋めていたコーキング材がはがれてしまうことがあります。このコーキングは、隙間を埋めてゴミや雨の侵入を防ぐものです。これが剥がれてしまうことで水が入ってくるようになってしまうのです。
コーキングの施工ミス コーキング材が剥がれたり割れたりしたからといって、ただ新たに埋めるだけではいけないのです。コーキング材は水の流れも考えられてつけられているので、それを考えずに隙間を埋めてしまうと、かえって水が溜まりやすくなってしまうことがあるのです。
漆喰(しっくい)の崩れ 瓦屋根を支える土台である漆喰ですが、これが経年劣化で崩れてきてしまうことがあります。これが崩れてしまうと、隙間ができてしまうのでそこから水が入り込んでしまうようになってしまうのです。それが原因で雨漏りが起きてしまうことになります。
テレビアンテナ設置時の穴 テレビアンテナを設置する際に、それを固定するためのクギ・ビス用の穴をあけることになります。その必要以上に大きかったりするとその隙間から雨水が入り込んでしまうのです。これが原因となり雨漏りが起きてしまうのです。
外壁にできたヒビ 屋根の劣化などが原因ではなく、外壁のひびが原因で雨漏りしてしまうことがあります。外塗塗装は防水性を高めるという役割があるのですが、ヒビができてしまうことで防水性が失われ水が建物の内部に入り込んでしまいます。その水がしみ込んでいくことによって雨漏りが起きてしまいます。
施工不良 建物建築時の施工不良が原因で雨漏りしてしまうことがあります。建築時の施工不良ですから、その原因はさまざまでいろんなことが考えられます。本来あるべき材料が不足しているとか塗装が十分におこなわれていいなかったなどが考えられますね。ほかにも多く原因は考えられますが、施工不良も雨漏りの原因となってしまうことがあると知っておいてください。
屋根塗装の縁切りが不十分 屋根塗装時に屋根同士の隙間が塗料で埋まってしまっていると雨漏りの原因になってしまいます。塗料が隙間を埋めてしまうと、水がきちんと流れていかなくなってしまいます。そうすると水の逃げ場がなくなってしまい溜まってしまうので雨漏りを起こしてしまうことがあるのです。

雨水が建物の中に入ったらすぐに雨漏りがするということではないのです。しかし紹介したような症状が見られる場合は、建物が可なり劣化してしまっていることが考えられます。そのような場合は、業者に相談して補修工事を検討しましょう。補修工事を怠ってしまうと後で大きな規模で費用も大きな工事が必要になってしまいますので早めの対策を心がけましょう。

ひびの放置は絶対にしてはいけない

「外壁のヒビは雨漏りに関係ない」と思う方は多いかもしれませんが、それはおおきな間違いです。外壁のヒビを放置してしまうと、防水シートが雨水などのずいぶんにさらされ続けてしまうので、時間の経過とともし防水シートが腐敗してしまいます。その結果家の中に水がはいってしまうのです。

以上のことから外壁塗装のヒビを放置することは非常に危険なのです。実際に生活スペースまで水が侵入していなくても建物の内部構造は水に侵食されてしまいます。こうなると雨漏りだけでなくほかの弊害が引きおこってしまうこともあります。

外壁塗装のひびが1mm以上である場合は工事を検討するようにしてください。ひびが大きくなっていたらそれは1つの目安ですので工事の時期が近付いていると考えるようにしましょう。

モルタル外壁はヒビが入りやすいので注意が必要

モルタル外壁は特にひびが入りやすいので注意しましょう。反対にサイディングなどはヒビがめったにはいらない傾向にあります。

モルタル壁は乾燥や揺れなどに弱いのですぐにヒビが入ってしまうのです。これはモルタル外壁の特徴なので仕方のないことなのですが、このような傾向があるので外壁からの甘っ森が発生する事例モルタル外壁が圧倒的に多いという現状があります。

それゆえ、モルタル外壁はヒビの手入れ補修に注意が必要です。

水の侵入経路

雨水などの建物に侵入した水は、屋根の下に貼ってある防水シートにしみ込んで、徐々に防水シートを腐敗させてしまうのです。この時点ですでに雨漏りの初期症状は始まっていると考えましょう。

このような進みで水が建物内に入ってきてしまうのです。その結果、防水シートを通過することで雨漏りが起きてしまうのです。

雨漏りは劣化症状のある部分からすぐに建物内に侵入してくるものではありません。それまでにいろんなものや部分を腐らせてゆっくり侵入してくるのです。なので雨漏りが見られたときには、すでに屋根や外壁はかなり劣化症状が進んでしまっていると考えましょう。

雨漏りを発見したら修理しよう

雨漏りが続くようでしたら、すぐに工事の準備に取り掛かりましょう。ただ、すぐに工事の依頼をするというのは危険かもしれません。たしかに雨漏りがしているのであれば補修の緊急性は高いのですが、業者選びや原因を明確にする前に工事となってしまうと結果としていい結果にはならないことがあります。

工事をするにあたってあなたがすべきことは以下のとおりです。

  • 業者選びを慎重におこなう
  • どこから雨漏りがしているのか確認する
  • 原因となる症状はどのようなものなのか明確にする
  • 本当にそれが雨漏りなのか確認する
  • 建物の築年数を確認する

工事の前には上に紹介したようなことを確認する必要があるのです。工事の前に原因などを確認しておかなければ、その補修をおこなうための適切な業者を選ぶことができなくなってしまう懸念があります。本当は外壁に原因があったのに屋根修理専門の業者に工事の依頼をしてしまっては費用と時間の無駄ですよね。

また、家の築年数によって雨漏りの原因となっているものの不備が経年による劣化なのか、施工不良なのかなど野「判断機銃になります。それがわかることでこれから施すべき工事作業にも関わってきます。さらに築年数などの個人的な情報は業者が建物を見ただけではわからないで、先に伝えておくことが大切なのです。

以上のように、雨漏りの修繕工事をするにあたってさまざまなことを確認しておくことで、工事が馬k」宇良く原因になるのです。適切な工事をしてまた快適な生活が何年も続くように、焦って工事を依頼するのはやめましょう。まずは原因の特定などが大切なのです。

雨漏りを防ぐには防水塗装が必要

外壁や屋根塗装では、防水塗装をすることで雨漏りの発生を防ぐことができます。防水塗装は、補油面的な役割にとどまってしまうので根本的な解決にはならないですが、少なくとも雨漏りの発生を少しでも防ぐことは可能なのです。

外壁にわずかなヒビがある場合でも、防水塗装をしてあれば、かんぜんに水の侵入を防ぐことはできませんが少なからずその侵入を遅らせることはできますよね。水が建物の内部に侵入し、内部構造を腐食してしまうことで雨漏りの原因となってしまうので、それを遅らせることができるのは大きなことなのではないでしょうか。

外壁塗装は本来、家の保護を目的におこなうものなので防水という意味もあるということを覚えておいてください!

雨漏り工事は優良業者に依頼しよう!

屋根や外壁塗装は年数や周辺環境によって確実に劣化していきます。

それが原因で雨漏りとなってしまうのです。その補修工事を依頼する業者は必ず優良業者にしましょう。

雨漏りの工事には知識や経験が多い職人さん業者にやってもらうことをおすすめします。雨漏りお公示は、豊富な経験や知識がないと、結果的に失敗してしまうことがあるのです。そのような結果を避けるために、雨漏りの工事は知識や経験が豊富な業者に頼みましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。