雨天時に屋根塗装はできる?その注意点を紹介!

雨を受ける屋根

雨が降ってしまうと屋根塗装がやりにくくなってしまうというのは、みなさんなんとなく想像することができると思います。しかし、劣化や雨漏りが原因で緊急の工事が必要な時期がたまたま雨季や台風の多い時期にあたってしまうことがあると思います。

ここで、雨天時は絶対に屋根塗装ができないのかという疑問が生じますよね。そこで今回は雨天時の屋根塗装における注意点やデメリットを紹介していきます。

どうしても雨季に塗装をしたい方や雨を懸念している方は参考にしてください!

屋根塗装は雨の日に向かない!

結論からいうと基本的に雨天時の屋根塗装はできません。もし工事中やスケジュール期間内に雨が降った場合、その日の塗装工事は中止になります。理由は、雨の中塗装をおこなってしまうときれいに塗装できないためです。

工事は早く終わらせたいものであるとは思いますが、屋根塗装に後悔を残さないためには雨の降っていない日に工事をおこなうのが最適です。

しかし、雨が降ってしまったからといっていかなる作業も中止になってしまうというわけではありません。雨天時は塗装ができないというだけで、養生や足場を組むといった作業は進めることができます。ちょうど雨が塗装のスケジュールと被ってしまった場合は、工事期間が伸びてしまうので覚えておきましょう。

雨の中塗装するとどうなる?

雨の中では塗装をするのが厳しいということはわかりましたね。では、具体的にどんな理由から雨天時の屋根塗装はできないのでしょうか。ここからは雨天時の屋根塗装が抱えるリスクを紹介していきます。

このリスクを読んで、雨季の屋根塗装を考えている方はもう再検討してみましょう。

塗膜の劣化が早まってしまう

雨の日に屋根の塗装をすると屋根に塗った塗装の塗膜の劣化が早まってしまいます。その理由は雨による湿気や雨の粒が屋根にあたることできれいなムラのない塗装ができなくなってしまうことが挙げられます。

雨の誠意で塗装がうまくできないことで、塗膜の膨れや剥がれというような症状も出てきてしまいます。そうなると塗装の寿命が短くなってしまうということから雨天時の屋根塗装はおすすめできません。

また、雨の影響で塗料が薄まってしまい、塗料が持つ効果を最大限に発揮できなくなってしまうことも考えられます。

塗料がしっかり乾かない

次に塗料がしっかり乾かないという懸念があります。雨による湿気や、直接塗装面に雨が落ちることで塗った塗料が乾きにくくなってしまいます。塗料が乾かなければ塗料野垂れやまんべんなく均一に塗料が乾かなくなってしまう原因になってしまいます。

塗料が乾かなければ、中塗り・上塗り作業も遅れてしまうので必然的に遅れてしまうので、作業日程にも影響が出てしまうと考えておきましょう。

このようことからも、雨の日に塗装ができない理由を考えることができます。

ムラができやすい

また、雨天時に屋根の塗装をしてしまうと塗装にムラができてしまいます。このムラは塗膜の剥がれや膨れのような劣化の原因となりますので、ムラが全くないというのが理想です。このためにはまず、雨天時の塗装は避けるべきなのです。

塗装は職人さんがおこないますので、きれいでムラのない塗装をする技術を持っています。しかし、いくら職人さんでも雨のような自然のものには対応することができせん。雨がきれいな塗装面を汚してしまうということになってしまうのです。塗膜劣化の原因となるムラを作らないためにも雨天時の塗装はできるだけ避けたいものです。

雨が降ったら作業は中止しなければならない

雨が降ったら塗装はできなというのは当たり前のことです。お金を支払っている以上、最高の塗装をしてもらう権利がありますよね。もし雨が降った場合はその日の塗装は中止となり、天気が回復してから塗装再開となります。雨天でスケジュールが伸びてしまったからといって工事費用が高くなってしまうことはないので安心してください!

万が一、雨の中塗装をしようとする業者にあたってしまった場合は、「本日の塗装は中止にしてください」ときちんと伝えましょう。これから何年もその塗装に役立ってもらうためには最適な環境で塗装をおこなうことが必須条件となります。

屋根塗装に不適な条件

雨のほかに屋根塗装に向かない気象条件、気候があるので紹介していきます。以下がその条件なのでこの気象条件の場合は塗装工事を避けるようにしましょう。

塗装に向かない条件 説明
雨天・降雪 塗料が乾きにくいですので塗装には向かない条件です。f塗膜のムラの原因ともなります。
気温5℃以下・湿度85%以上 塗料が乾きません。塗膜の状態にも影響があります。
冬季 日没が早いので作業時間が短くなり、スケジュールが延びることが予想されます。
夏場 気温が暑すぎても塗装の状態に悪影響です。
強風 職人さんの足元が安定しないので綺麗な塗装が期待できません。また安全確保のために工事は延期すべきです。

屋根塗装は信頼できる業者を探そう!

屋根塗装の業者には、以上のように紹介した悪条件下でも塗装をおこなってしまうかたもいます。これは塗装にとって全くいい影響がないのでやめるべきなのですが、それに反する悪徳業者はゼロではありません。

良いと屋根塗装にするためには、優良業者に巡り会うことが一番の近道です。業者選びの際は優良業者に巡り会うために下調べを徹底しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。