屋根塗装で足場は必要?その理由についてご紹介

屋根塗装に足場は必要か

屋根塗装、外壁塗装をおこなう際によく目にする足場。この足場は、作業の効率を上げるだけでなく、作業員の安全性の確保にも繋がります。このように、足場は工事をおこなう面で重要な役割を担っています。

ただし、この足場代は意外と高く、足場を作らないという業者、依頼者が多いのも現状です。

今回は、足場は本当に必要なのかどうか、詳しい理由とともにご紹介していきます。

まず、屋根塗装をやろうか悩んでいる方は、こちらの記事をご覧ください!

屋根塗装の費用や意味などのような基本情報と、塗装がうむメリット・デメリットを紹介しています。屋根の塗装は建物を守り、長期にわたっていい状態を保つために必要です。これから屋根塗装をする方は参考にしてください!

屋根塗装に足場は必要!

率直に屋根塗装に足場は必要かどうかについてですが、必要です

屋根に上がることだけを考えたらはしごなどで十分なように思えますが、その中でも足場が必要な理由は下のようになります!

正確で安全な工事をおこなうため

1つ目は、正確な工事をおこなうためです。屋根はとても高く、私達が想像している以上に足場が不安定です。塗装を依頼している屋根は、瓦が割れていたり、コケが生えていたりと劣化もあり、さらに危険な場所になっています。

そんな危険な状況下で、屋根塗装という慎重さが求められる工事をおこなうことは、かなり大変です。業者の方に安全に集中して工事をおこなってもらうためにも、足場は必要なものです。

近隣住民への配慮のため

2つ目に、近隣住民への配慮のためです。塗装工事をおこなう際、必ず高圧洗浄という工程があります。高圧洗浄とは、屋根についている汚れや劣化している部分をキレイに洗浄することで、塗料が屋根と密着しやすくなる工程です。

この高圧洗浄は、洗浄という文字の通り、水を使用します。この汚れた水が周囲に飛び散ることを防ぐのが、足場と飛散防止シートです。

足場がある場合、足場に飛散防止シートを貼り付けられ、家に汚水が飛び散ることを防ぐことができます。足場がない場合は、飛散防止シートを貼ることができないため、近隣住民に被害を与えてしまう可能性があります。

近隣トラブルを防ぐためにも、足場は必要なものです。

足場は、1㎡あたり約700~1000円くらいの費用がかかる!

それでは、屋根塗装をおこなう際に必要な足場は、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

足場には色々な種類があり、これらによって費用や効果も変化します。

単管足場

単管足場とは、2本の丸いパイプを並列につなぎ合わせて作られる足場です。この足場の幅は狭く、安全性も低いため、職人さんの作業効率も下がってしまいます。

近隣との距離が狭く、まともな足場を作ることができない時に使用されます。

ピケ足場

ピケ足場は、プラケットと言われるものを組み合わせて設置され、組み立てと解体がしやすいことから、近年最も使用されている足場です。単管足場に比べて、幅も広く安定感があり、職人さんにとっても作業のしやすい足場です。

デメリットをあげるとすれば、足場を作る際にトンカチなどを使用しパイプを叩くため、大きな音が出てしまいます。ですので、事前に近隣の住民へ説明をおこなうことが必要です。足場を組むために必要な近隣住民との間隔がない場合にも、立てることは難しいでしょう。

屋根足場

屋根足場は、屋根が急な場合に使用される屋根専用の足場です。急勾配な屋根以外にも、風の強い地域などでは、作業員の安全を考慮するために使われることが多いです。

費用は、1㎡あたり700~1000円

足場を立てる際の費用は、1㎡あたり700~1000円(飛散防止シート代込)だと言われています。しかし、ピケ足場などのしっかりとした足場の場合は、この価格に100~200円増しで見積もりされるので、自宅に合った足場を選択することが大事です。

屋根塗装の詳しい相場が知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

屋根塗装にかかる費用、それぞれの工程の相場を細かく紹介しています!これから屋根塗装工事を使用と検討されている方は一度相場について知っておいてください!相場を把握することで工事の全貌が見えてきますよ!

屋根塗装をおこなう時には、ココに注意すべし!

ここまで屋根塗装について紹介してきましたが、屋根塗装をおこなう上で注意すべきポイントについてご紹介していきます。

近隣住民への配慮を怠らない

工事をする際に気になるのが、近隣トラブルです。足場を作る際、高圧洗浄をおこなう際、不測の事態により近隣住民へ被害を与えてしまうかもしれません。「足場を作ったから大丈夫!」などと言って、報告を疎かにするのではなく、近隣トラブルの対策として、近隣住民への事前報告は必ずおこないましょう。

工程通り進んでいるか、自分の目で確かめる

いざ工事をおこなっている際、工程通り作業が進んでいるとは限りません。もし頼んだ業者が悪徳業者であれば、工程表通りに工事を進めてくれない可能性だってあります。

必ず自らの目で工事が順調におこなわれているかの確認することで、未然に手抜き工事を防ぐことにもなるのです。

屋根塗装に足場は必要!

屋根塗装をおこなう際、職人さんの安全、作業効率を考えると、足場は必要であることがわかりました。足場の中にも様々な種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分の家に合った足場で屋根塗装をおこなうことをおすすめします。

費用がかさむという理由だけで、業者に頼まずに自分で足場を作ることは一番危険です。足場を立てる際は、必ず業者に頼みましょう。

屋根塗装をおこなう際は、悪徳業者や近隣トラブルに気をつけていくと良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。