屋根塗装の周期は10年毎?工事のタイミングを調査!

屋根塗装のタイミング

皆さんは屋根塗装をどのタイミングでおこなえばいいかご存知ですか?屋根瓦が割れた時、雨漏りを発見した時など、工事をしようかなと考えるタイミングはたくさんあります。

では実際に、どのような兆候が現れたら、工事をおこなえばよいのでしょうか?

そして、屋根塗装をおこなう時期や季節も重要です!

今回は、屋根塗装をおこなうタイミングや兆候の現れ方、適した時期についてご紹介していきます。

屋根塗装をおこなうメリット・デメリットが知りたい方は、こちらの記事も合わせてご覧ください!

屋根塗装の費用や意味などのような基本情報と、塗装がうむメリット・デメリットを紹介しています。屋根の塗装は建物を守り、長期にわたっていい状態を保つために必要です。これから屋根塗装をする方は参考にしてください!

屋根塗装をおこなう周期は、約10年!

まず大前提として、屋根塗装は定期的におこなう必要があります。これはどんなに耐久性が高い屋根であってもです。

屋根は、雨や風、雪などから建物を守っており、年々劣化していることから、必ず屋根塗装は定期的におこなわなければならないのです!

屋根塗装は、塗料を屋根に塗ることで屋根材本来の耐久性をアップさせることに繋がります。耐久性アップだけでなく、色味やデザインの変化による見栄えの良さにも繋がります!

屋根塗装は、一般的に約10年を周期におこなうべきと言われています。屋根の種類や地域によって差はありますが、10年前後での塗装工事をおすすめします。

このような兆候が現れたら、屋根塗装すべし!

続いては、屋根塗装をおこなうべきタイミングや兆候についてご紹介していきます。

屋根塗装の周期は約10年と言っておりますが、「我が家ではこんな症状が出たけど、大丈夫…?」とお思いの方もいるかと思います。今回はそんな方に向けて、症状別に解説します。

屋根材の色あせ ▷ まだ塗装しなくても良い!

屋根材の色あせについては、まだ塗装や修復をおこなわなくても大丈夫です!しかし、色あせが起こっているということは、多少は劣化しているということです。

少しでも気になる方は、業者の方に相談することをオススメします。

サビ・コケや藻の発生 ▷ 早めに工事を検討するべき!

サビやコケの発生は、早めに工事を検討するべきサインです!サビやコケを放っておくと、どんどん広範囲に広がっていき、屋根瓦の破損や雨漏りに繋がりかねません。

そして、現時点で雨漏りはしていないかもしれませんが、もしかすると屋根裏では雨漏りが進行しており、シミができている…なんてこともあります。

早急に工事をおこなう必要はありませんが、早めの対策、状態の確認をおこなうべきです!

雨漏り・屋根瓦の破損 ▷ 今すぐ工事をおこなうべき!

雨漏りや瓦のひび割れ、剥がれは、早急に工事をおこなう必要があります。瓦の破損は、塗装の保護機能が下がり、雨水を吸収してしまうことにより瓦自体の耐久性の低下によって引き起こされます。

これにより、雨漏りの発生、瓦の落下など、我々が生活する上で不自由になってしまいます。

早急に業者に対して見積もり依頼を出し、工事をおこないましょう!

屋根塗装に適した時期は春と秋!

ここまで屋根塗装をおこなうべきタイミングや兆候についてご紹介してきましたが、実際に屋根塗装に適した時期はあるのでしょうか?

次に、屋根塗装に適した季節についてご紹介していきます。

屋根塗装に適した季節だと言われているのは、一般的に春と秋であると言われています。

業者や塗装メーカーは塗装工事に適している条件として「湿度85%未満、気温5℃以上」の環境であることとしています。その中で気温的にも丁度良く、台風や雪などの塗装をおこなう際の障害になるようなものがない春と秋が1番適していると言われているのです。

屋根塗装に適した季節について更に詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてご覧ください!

屋根塗装をおこなう際に重要であるポイントの1つに季節がありますが、一体どの季節が工事に適しているのでしょうか。適した季節とその理由、屋根塗装で抑えておきたいコツまでご紹介しています!

しかし、実は塗装工事は1年中おこなえる

ですが、塗装工事は1年中おこなうことができます。地域によっては、夏であっても湿度が高くない場所もあり、冬であっても雪が降らない場所だってあります。

さらに、前述した屋根塗装に適した季節である春と秋ですが、デメリットもあります。春と秋に工事をおこなうべきと業者やメーカーも全面的に押し出しており、繁忙期でもあります。早めに予約をおこなわないと、自身の希望通りの日程、工事内容を通すことは、かなり難しいです。

自身の住んでいる地域の状態をしっかり把握し、適した季節を選ぶことが大切です!

屋根塗装をおこなう周期は、約10年!(例外あり)

屋根塗装をおこなう周期は、約10年であることが分かりました。しかし、症状によっては早めに対処することによって、後々費用がかからずに済むこともあります。しっかりと自宅の状態を確認し、対処することが大切です!

そして屋根塗装をおこなうタイミングは、春と秋が適しているとのことでした!春と秋は気候的にも適しており、工事に向いていますが、繁忙期でもあるため早めに依頼をすることをオススメします。

症状やタイミングについて、少しでも気になることがあったら早めに業者に見積もりを依頼しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。