屋根を高圧洗浄する意味は?費用や注意点も紹介!

屋根の高圧洗浄

今回は一般的なスレート屋根(コロニアル屋根)の高圧洗浄について紹介していきます。

注意点や費用も紹介していくので参考にしてください!

屋根の塗装には高圧洗浄が必要

スレート屋根の塗装の際には、まず高圧洗浄で屋根全体に付着した汚れをきれいに落としていきます。

コケやゴミがついている状態で塗装をしても、塗膜は均一になりませんし、塗料をしっかり密着させることができません。そのため、高圧洗浄は必要になります。

カバー工法においても、高圧洗浄は必要になります。

屋根の高圧洗浄は洗うというより削り落とす

屋根の表面についている汚れは塗膜を取り除くのは、本来手洗いでできれば理想的です。屋根を傷つけずに洗浄ができるからです。

しかし、それでは屋根の表面に着いた汚れを落とすのに何日もかかってしまいますし、汚れは強固にこびりついていますので手洗いでは難しい現実があります。

また、屋根の洗浄は高所での作業になるのでなるべくスムーズに終わらせたいです。したがって、屋根の塗装は高圧洗浄ということになります。

高圧洗浄は家庭用の高圧洗浄機とは違って、とても強い力で洗浄をしていきます。表現すると、洗い流すというよりは表面のごみや古い塗膜を削り落とすというイメージです。

塗料が密着しやすくなる

高圧洗浄をおこなう意味として、新しく塗る塗料を密着しやすくするということがあります。

屋根の表面に古い塗膜や汚れがある状態で塗装しても、塗料がしっかり密着せず、すぐに剥がれてしまう塗膜となってしまいます。大きなお金を支払ってすぐに塗膜がだめになってしまうのはもったいないですよね。

塗料を長い間効果的に耐久させるためにも、高圧洗浄は必要になります。

塗料の耐用年数が生きる

また、塗料の耐用年数を長く保つためにも高圧洗浄は必要です。

高圧洗浄をしないと、塗膜が密着しないことにより、すぐに剥がれてしまう塗膜となってしまいます。そうすると塗膜本来の耐用年数や効果を発揮させることができないのです。

以上のように、屋根の高圧洗浄は、

  • 塗膜を密着させるため
  • 塗料の耐用年数を長く保つため

におこなうということになります。

屋根高圧洗浄時の注意点

スレート屋根の高圧洗浄の際は、注意すべき点がいくつかあります。

あなたが実際に高圧洗浄するわけではないですが、工事依頼者として洗浄にムラや手抜きがないか確認するために注意点について知っておきましょう。

今回紹介する注意点は以下の通りです。

  • スレートの耐久性を劣化させてしまう
  • 洗浄中にスレートを破損させてしまう恐れがある
  • 雨漏り発生の原因となりうる
  • アスベスト飛散の原因となる

それでは九会悪しく紹介していくので参考にしてください。

スレート屋根の耐久性を劣化させてしまう

高圧洗浄は屋根の汚れや旧塗膜を取り除くのですが、古い塗膜と一緒にスレート材まで落としてしまうことがあります。

劣化したスレート屋根

↑の画像は高圧洗浄にて劣化したスレート屋根ではないですが、同じような劣化が起きているものです。白い基盤部分が露出してしまっています。この状態はスレート屋根がダメージを受けていて、耐久性が落ちてしまっている状態です。

高圧洗浄ではスレート屋根の本体も削って落としてしまうことがあるので注意しましょう。不安な場合は、業者の方に丁寧に洗浄してもらうように念を押しておきましょう。

洗浄中にスレート屋根を破損させてしまう

経年劣化しているスレート屋根は当然弱っていますので、高圧洗浄によってスレートが割れてしまうことがあります。このときは人が乗っただけでも割れてしまうこともあります。

ここまで劣化したスレート屋根が破損してしまっても、業者のせいとは言い切れませんが、万が一のために破損箇所がないか確認しておくといいでしょう。

悪い業者の中には、「スレート屋根に割れている部分がありました」と事後報告する業者もいます。経年劣化による破損は業者のせいだけできませんが、悪い業者にあたってしまったことも考えて注意しておきましょう。

高圧洗浄によってスレート屋根が割れてしまうこともあると、頭に入れておきましょう。

雨漏り発生の原因となりうる

スレート屋根の破損と同時に、下に敷いてある防水シートを破ってしまうことがあります。そうすると、雨漏り発生の原因となってしまうのです。

高圧洗浄中は大量の水を使用するので、被害の大きな雨漏りとなってしまう可能性があります。

また、その場で雨漏りが起きていなくても工事後何年か経って雨漏りが発症してしまうこともあります。

劣化があまりにもひどい屋根は、葺き替えかカバー工法を検討しましょう。

アスベスト飛散の原因となる

スレート屋根にもいくつか種類があり、中にはアスベストが使用されているスレート屋根もあります。

基材が露出したスレートを高圧洗浄にかけるとアスベストが飛散してしまいます。アスベストはガンなどを引き起こすことがあります。

そんな「アスベストを、高圧洗浄の圧力によって飛散させてしまうことがあるのです。健康に害がある可能性がありますので、それを避けたいという場合は葺き替え工事をおすすめします。

屋根の高圧洗浄の費用は200~800円/㎡

高圧洗浄の費用は200~800円/㎡となっています。高圧洗浄にはグレードがあるので金額に差があります。

特別費用が高いものでもないので、高圧洗浄はもったいないと思わずにきちんとおこないましょう。

最後になりますが、高圧洗浄は塗装を成功させるために重要な役割を担っています。無駄なものではないので、省かないことをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。