外壁塗装の耐用年数は知っておくべき!

外壁塗装の耐用年数

外壁塗装の耐用年数は塗料などによって変わってきますが、あなたは自分の家の耐用年数を把握していますか?

外壁に塗られている塗料は長く10~20年で短くて5年ほどです。塗装はいつでも良い状態でなければ家にダメージを与えてしまいます。

外壁に深刻なダメージを与えてしまわないように、耐用年数についてすこし知っておきましょう。

耐用年数とは

外壁塗装における耐用年数とは、「塗料・建物などを使うことのできる年数」のことをいいます。外壁塗装には限りがあることを表しているのです。

外壁塗装でいう耐用年数とは、塗料の耐用年数・建物の耐用年数と2つにわけることができます。どちらも外壁塗装の耐用年数に関係のあるものです。

ここでは、塗料の耐用年数について紹介していきます。

塗料別の耐用年数

塗料の耐用年数は各塗料メーカーが定めています。しかし、ここで各塗料ごとの耐用年数を書いてしまうとものすごい量になってしまうので、ここでは塗料の種類ごとに耐用年数を紹介していきます。

塗料の種類 耐用年数 塗料の紹介
アクリル系塗料 4~7年 耐久度はあまり高くないが、低価格なのでよく利用されていました。現在ではシリコン塗料が1番主流になっています。ほかの塗料と比べると汚れやすいのがすこし残念な点です。
ウレタン系塗料 6~10年 低価格なのに耐久性が高いのでコストパフォーマンスが高いです。汚れや色あせにも強いので人気の塗料でした。現在はウレタン塗料の人気に押され気味です。
シリコン系塗料 8~15年 耐久性にとても優れている塗料です。現在で外壁塗装で1番多く使われる塗料です。汚れや色落ちに強いのはもちろん、防カビにも効果があると認められています。コストも安く抑えることができるというもの大きな特徴です。
ラジカル系塗料 8~15年 耐久性が10年を超える塗料です。k路絵は2015年に発売されたあたらしい塗料になります。シリコン塗料と同じく価格は比較的安いです。
光触媒塗料 10~15年 こちらも耐用年数が10年を超える塗料です。雨や太陽の光などの自然の力で外壁をキレイにするチカラがあります。ただ、とてもいい塗料なので価格が高いです。できるだけ長く、そしてきれいに外壁を保ちたいという方はぜひ利用してみてください。
フッ素系塗料 15~20年  耐用年数がトップクラスとなっています。主に大きなビルや商業施設にて使用されることが多いです。光沢感もあり、汚れにも強い塗料となっています。こちらも光触媒塗料と同じく価格が高いです。近年では一般的な住宅でも使用されることが増えてきています。
遮熱系塗料 15~20年 耐用年数がとても長いです。光を反射する効果があるので 室内に余計な熱をためないことができます。よって室内環境を快適に保つことができるのです。省エネや環境に配慮した塗料になっています。

塗料の耐用年数や効果が優れているものは価格が高く成りますが、長い目で見たらコスト削減になることもありますよ。しかし、塗料の耐用年数は建物の周辺環境や地域によって差が出てくるので、ここで紹介した数字はあくまでも目安としてくださいね。

あなたが考える一番いい塗料を選択するといいですよ。塗料の値段や工事にかかる費用の予算と相談して決めるのもいいと思います。

耐用年数だけでなく塗り替えサインも意識しよう

塗料には耐用年数があると紹介しました。しかし、一度塗れば必ず10年もつというわけではないのです。先にも言ったように周辺環境やその地域の環境によって耐用年数が変わってきます。その影響で劣化が早く進んでしまうということもあるのです。

劣化現象を早めてしまう原因として、

  • 太陽光の紫外線
  • 雨・風
  • 自然災害

などが考えられます。また、南側の外壁は劣化が早いということもあります。その結果、さまざまな劣化現象が現れるようになってしまいます。いまから紹介する劣化現象が現れてしまったら、塗料の耐用年数に関係なく外壁の塗り替えをする必要があります。

劣化現象 現象の詳細
外壁のヒビ 外壁のヒビから雨などの水分が侵入してしまうことで建物の内部構造を劣化させてしまうことに繋がるので早めの対策が必要です。
塗装の剥がれ 塗装が剥がれてしまうと、ヒビと同じように外壁に水分を取り込みやすくなってしまいます。この影響で内部構造の腐敗や雨漏りの原因となってしまうことがあります。
塗料の膨れ 塗料の膨れも劣化の一つです。これも放置してしまうと外壁に悪影響ですので早めに塗り替えをしましょう。
チョーキング チョーキングとは、塗膜がはがれ粉吹いている状態のことを言います。これは塗料の耐久度が落ちてしまっていることを示していますので早めの対策が必要です。外壁を手で触り、手の平にチョークのような粉が付いたらチョーキングが起きていると思いましょう。
コーキングの割れ・剥がれ コーキングとは雨戸やサッシなどの隙間を埋めているゴム素材のことです。これは太陽光や自然環境の影響で割れたり剥がれたりしてしまうことがあります。コーキングの剥がれや割れがある場合、その隙間から雨水が入ってしまうので注意が必要です。
外壁のコケやカビ・サビ 外壁にコケやカビが生えてきている場合も劣化現象と捉えましょう。塗料の幕を壊してしまうこともあるので注意が必要です。また、サビがある場合も劣化現象が進んでしまっていると考えましょう。

以上のような劣化現象は、塗料の耐用年数に関係なく現れることがあるので注意しましょう。塗料の耐用年数が10年だからと放っておいてしまうと劣化現象が進んでしまうので、外壁は定期的に劣化がないか自分の目で確かめるようにしましょう。

もし外壁に劣化現象が見つかった場合は、症状が軽いうちに補修工事をおこなうようにしましょう。早い段階での修繕工事であればコストも安く抑えることができますよ!

耐用年数が30年続くような塗料はない

良くない外壁塗装業者は工事の契約が欲しいがために、「うちで使ってる塗料は30年もちますよ!」というように普通では考えられないような耐用年数を売り文句にすることがあります。

たしかに本当に30年も塗料が長もちするのであれば、その業者にぜひ工事のお願いをしたいですよね。しかしそんな塗料は存在しないので信じないで下さいね。

現在では15~20年の塗料が耐用年数最長です。しかも、それは紫外線の影響が少ない地域や、海が近くなくサビなどの心配がない地域といったように、塗料にとっていい条件ばかりがそろっていないと20年という耐用年数を実現することはできません。

このように、多くの要因を考えると30年塗料が持つということは考えにくいのです。もし外壁塗装業者が「30年以上塗料の塗り替えは不要」というようでしたらそれは工事契約が欲しいだけですので信じないでくださいね。

耐用年数が過ぎたら?

耐用年数が過ぎてしまった場合、建物、塗料の劣化がかなり進んでしまっていることが考えられます。そのまま外壁塗装工事をおこなわずにいると、大規模なリフォーム工事や建物の建て替えが必要になってしまうということもあります。早めに外壁の補修工事をおこないましょう。

建物のリフォーム工事には30坪の広さで100~300万円の工事費用が必要になり、建物の解体には100万円前後かかってしまいます。

無駄な工事費用を発生させないためにも外壁のメンテナンスを怠らないことをおすすめします。

耐用年数を長くするためにできること

外壁塗装の耐用年数はさまざまな要因によって、簡単に短くなってしまいます。なので塗料に記されている耐用年数だけを信じてはいけないのです。しかし、その耐用年数は、ただ短くなってしまうのを見ているだけでなく、長くするためにあなたにできることがあるのです。

ここでは、外壁塗装の耐用年数を少しでも長くするためにできることを4つ紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね!

下地処理をしっかりしよう

下地処理は、後から塗る塗料がしっかり外壁に馴染むように施す塗装前におこなう工程のことです。ここをしっかりおこなっているかどうかで、塗料の効果を最大限発揮できるかどうか、塗料の耐用年数を保つことができるかどうかに関わります。

そのため、外壁塗装業者に入念に下地処理をおこなうように頼みましょう。また、すべての工程を念入りにおこなってくれる業者を探しましょう。

塗料がしっかり外壁に馴染まなければ塗料はすぐに剥がれ落ちてしまいます。塗料の効果を最大限に発揮するために下地処理は重要なのです。

丁寧な外壁塗装工事を依頼しよう

外壁塗装工事はすべての工程が重要です。一つも手を抜いていい工程はないのです。一つひとつの作業が丁寧であることで外壁塗装の耐用年数を長く保つができます。すべての作業が得意な優良業者は見つけるのが大変ですし、人気なので工事の予約をなかなか取れないかもしれません。

ですが、すべての工程が丁寧であることに越したことはありません。工事費用の安さだけにこだわらず、いい工事をしてくれる外壁塗装業者に依頼しましょう。

塗料にこだわろう

外壁塗装の耐用年数を延ばすために、ただ安い塗料を使用するのではなく、耐用年数が長くさらにほかの効果を兼ね備えている塗料を使用することをおすすめします。

塗料がいいものであれば、家を守る力が強くなると考えましょう。塗料・建物をより長持ちさせるために、塗料にこだわってみるもの良いかもしれません。

3回塗り以上の塗装をする

塗料の耐用年数を高めるために、塗料は必ず3回塗りしてもらいましょう。一般的に塗料は3回塗りすることになているのですが、中には工事を早く終わらせるために2回しか塗料を塗らない業者もいるのです。

塗料は重ねて塗ることで強度が増しますので、3回以上は重ね塗りをしてもらいましょう。それ以上に重ね塗りする場合は、コストもかさみますのでそれも頭に入れたうえで重ね塗りしましょう。

業者の技術・質も耐用年数に関わる

ここまで塗料の耐用年数について紹介してきましたがいかがでしたか?塗料には、決まった耐用年数があるものの、周辺環境によって耐用年数に違いが出てくるということもわかりましたね。

また、周辺環境以外にも塗料の耐用年数にかかわることがあります。

ずばり外壁塗装業者の技術力・質です。業者の技術がたしかであれば耐用年数は質の悪い業者に比べて長くすることができます。なので塗料などに大きな費用をかけられないという場合は業者にこだわってみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。