外壁塗装と屋根塗装は同時におこなおう!その理由は?

キレイに塗装された家

外壁塗装と屋根塗装は同時におこなうのがいいとされていますが、その理由にはどんなものがあるのでしょうか。

今回は同時に工事をおこなうメリットと施工業者について紹介しているのでぜひ参考にしてください!

外壁塗装と屋根塗装は同時におこなうのが基本

まず、外壁塗装と屋根塗装を同時におこなうと費用の節約になるということ以前に、この工事は同時におこなうことが基本であると覚えておきましょう。

たとえば外壁だけ塗装したとしても、数年後は屋根に不具合が出てしまい、新たに工事が必要になってしまうことが多いです。そうなると結果として費用がかさんでしまいますし、時間の無駄になってしまいますよね。

また、屋根と外壁の塗装タイミングがズレると、劣化スピードもズレてくるので次の塗装もタイミングがずれてしまいます。このように、外壁と屋根塗装のタイミングを変えてしまうと後になって面倒なことになってしまいます。

同時に工事をおこなうメリット

それでは外壁塗装と屋根塗装を同時におこなうメリットを紹介していきます。

  1. コストの削減になる
  2. 外観を1度でキレイにできる
  3. 漏水を防ぐことができる

それではこの3つについて詳しく紹介いていきます。

コストの削減になる

コストの削減になるというのは、工事を同時におこなうことで業者に工事費用を割引してもらうということではありません。

外壁塗装、屋根塗装工事の際には必ず足場が必要になりますよね。この足場、一般的な2階建て住宅で約20万円ほど必要になります。ということは2回に分けて工事をおこなうと40万円必要になるのです。

このことから、外壁塗装工事と屋根塗装工事を同時におこなうことで20万円の節約になるのです。工事には塗料代や養生費、人件費などほかにも費用がかかってきますので20万円の節約ができるのは大きいですよね。

足場について詳しくはこちらをご覧ください。

外壁塗装する際の、足場の相場はどれくらいなのか、足場にはどんな役割があるのか紹介しています。足場の相場について知りたいことがある方は是非参考にしてください。

外観が一気にキレイになる

またメリットとして、外観を一度できれいにすることができるというものもあります。外壁だけきれい、屋根だけきれいというのはどこか気持ち悪いですよね。

屋根・外壁同時にきれいにすることで、新築のような仕上がりにすることができます。

また先にも言ったように、将来的な工事のタイミングにも関わってきますので、塗装工事は屋根・外壁同時におこなうことをおすすめします。

防水機能の回復ができる

塗装の一番の目的は外壁を守ることにあります。中でも「防水」という点が塗装の持つ意味を多く占めています。

雨や湿気などの水分が建物内に侵入してしまうと、建物の内部構造に悪影響を与えてしまいますので注意が必要です。浸水がひどい場合は構造を腐らせてしまい、雨漏りなどが起きてしまうことも考えられます。それを防ぐという意味で塗装は非常に大切なのです。

屋根・外壁の塗装を同時におこなうことで、長い時間をかけて劣化してきたと悪をきれいに修復させることができますので建物の防水機能が一新されます。それゆえ建物を守る機能が大幅に回復します。

業者の選び方

それでは工事をする際どのような業者に依頼すれば良いのでしょうか。屋根・外壁の工事をおこなうさい、同じ業者に工事の依頼をしましょう。

工事が成功するかどうかは業者選びにかかっているといっても過言ではないので慎重に選びましょう。

優良業者と悪徳業者の違いは以下の通りです。

優良業者 悪徳業者
見積もり 適正価格の見積もりを提示 相場価格を上回る見積もりの提示
塗装 ・キレイ・丁寧

10年もつ塗装をしてくれる

塗装が雑で1~2年で塗膜が剥がれてきてしまう
態度 礼儀正しく好感がある 態度が悪く、横暴
アフターフォロー すぐに駆け付けてくれる 無視、しつこく連絡してやっと来る

優良業者、悪徳業者にはこのような違いがありますので参考にしてくださいね。

業者を選ぶ段階では、見積もりと態度が直接的な判断材料となりますのでそこを意識して業者選びをしてみてください!

大手業者は避ける

大きな業者に依頼すればすべて安心ということはありません。

大手業者へ塗装の依頼をするとほとんどの場合で下請け業者が塗装を任されることになります。

この場合、下請けに流すということで中間マージンが発生して費用が高くなってしまうことや、施工に不具合がある場合は対応が遅くなるといったことが考えられます。このようなことを避けるために大手業者への工事依頼は避けることをおすすめします。

屋根・外壁両方の塗装が得意な業者に依頼

多く方は塗装業者は屋根と外壁の通すを両方得意だと考えていると思いますが、実際にはそのようなことはありません。

屋根と外壁はそれぞれ性質が違いますので、塗装面に対する専門知識が必要になってくるのです。偏った知識を持っている業者に工事の依頼をしてしまうと後悔することになってしまうかもしれません。

地元業者に工事の依頼をしよう!

結論として、外壁・屋根塗装は地元業者に依頼することをおすすめします。

その理由として、

  • 中間マージンという無駄な費用を削減できる
  • 自社施工なので責任のある工事が期待できる
  • 不具合があればすぐに駆けつけてくれる
  • 悪い評判が広がれば仕事がなくなってしまうので仕事や対応が丁寧

このようなことが考えられるので塗装は地元業者に依頼するようにしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。