雨戸に塗装は必要?補修方法・費用について紹介

雨戸の塗装

外壁をきれいにするとかえって雨戸の劣化が目立ってしまうことがあります。特にサビや剥離があると劣化は目立って見えます。

これを避けるためには、外壁塗装と同時に雨戸の補修をおこなうことを検討しましょう!一度に塗装をしてしまえば費用の節約にもなります。

それでは雨戸の補修補法についてみていきましょう。

雨戸の補修方法は2つ

雨戸の補修方法としては、「取り換え」「塗装」の2つが考えられます。費用を考えると塗装は取り換えの1/10の価格で済ませることができます。ただ劣化の状況や耐久年数を考えると、雨戸の取り換えを選択した場合もありますので状況に応じて対応方法を決定しましょう。

それでは雨戸の「取り換え」「塗装」それぞれについて詳しく紹介していきます。

取り換え

雨戸やシャッターの修理にかかる費用は、天戸・シャッターの種類や数量、修繕箇所によって変わってきます。一般的な価格ですと雨戸の取り替えには工事費用を含めて20~30万円が必要になります。少々高いなという印象が正直なところなのではないでしょうか。

また、サッシ・雨戸を取り扱う業者によっても価格の設定が異なるので、それによっては取り換え費用に違いが出てくることもがあるので知っておきましょう。さらに特殊な形・大きさの雨戸の取り換えでは、オーダーが必要になる場合もあります。その際は紹介した価格の倍近くの費用がかかってしまうこともあります。

ただ取り換えは補修ではなくまったく新しい雨戸やシャッターを取り付けるということですので、一度取り換えると長い間メンテナンスが不要になり、余計な心配も減ることが期待できます。

塗装

雨戸を塗装するメリットは以下の通りです。

  • サビを防止できる
  • 外観をきれいにすることができる
  • 取り換えより費用が安い

雨戸の塗装には上のようなメリットがあります。雨戸に塗装というのは少し違和感を覚えるかもしれませんが、外壁塗装をおこなう際に一緒におこなうことをおすすめします。

外壁塗装の目的は、劣化部分を補修して家を守ることにありますが、多くの方は「だいぶ汚れてきてるし、コケも目立つから…」という理由で塗装するのではないでしょうか。きれいにすることを目的に塗装をおこうのに、雨戸だけは建築当時のままというのはおかしいですよね。

また、雨戸の多くは金属性ですのでサビてしまいやすくなっています。サビを放置してしまうとサビが外壁にまで広がってしまう恐れがあります。これを防ぐためにも雨戸への塗装は必要になってきます。

耐久年数は5年程度

外壁への塗装は10~15年と長い耐用年数なのですが、雨戸は金属で塗料が密着しにくいということで耐久年は5年ほどとなっています。しっかりとしたさび止めや下地処理をおこなうことでより長い耐用年数を期待できますが、基本的には5年程度と考えておきましょう。

外壁塗装のメンテナンスサイクルに比べると短いスパンでの補修が必要になります。このサイクルでメンテナンスが必要なことが不満な方や、取り換えの方が信用できると考える方は、天戸の取り換えを検討されると良いですよ!

塗装の流れとは

ここからは雨戸塗装の一般的な流れを紹介していきます。

基本的に雨戸は凸凹があり、金属ということで塗装がしにくく手間と時間がかかってしまいます。通常、刷毛で雨戸の溝を1つひとつ塗装していきます。端から塗装していき、最後に真ん中を塗装して仕上げるといった工程になります。

1枚ずつ丁寧で細かい塗装が必要になりますので、下塗りのザビ止め剤だけでも1枚20分程度かかります。3時間ほどで乾燥が完了しますので、それから中塗り・上塗りと重ね塗りしていきます。

刷毛では時間がかかってしまうので、雨戸塗装ではスプレーによる吹き付け塗装が有効になる場合もあります。

刷毛・スプレーといった塗装方法について詳しくはこちらをご覧ください!

外壁に塗装していく際、ローラーと吹き付けの2種類が塗装方法としてあるのですが、どちらがいい方法なのでしょうか。今回はこの2種類の方法の特徴を比較してみました。気になる方はぜひご覧ください!

塗装タイミングは劣化が見られたら!

雨戸塗装のタイミングとしては、

  • 赤さびの発生
  • 表面のくすみ

といった劣化があった場合がベストとなっています。あまり汚れているように見えていなくても塗装をしてみると前とは見違える仕上がりになるのでおすすめです。

ただ雨戸単体で塗装するということはあまりないと思うので、雨戸の塗装は外壁塗装と同じタイミングでおこなうのが費用面でもいいと思います。雨戸の塗装にも足場や養生が必要になりますので、2回に分けて工事をおこなうと余計な費用がかかってしまいます。

塗装費用は2000~3000円

工事内容 費用
雨戸取り換え 20~30万円
塗装 2000~3000円/枚

雨戸の塗装費用は2000~3000円/枚となっています。日本の家屋には窓が平均5~8枚付いています。この窓1枚に付き雨戸が2枚付いていると考えると、雨戸の数は10~16枚となります。

ということは雨戸の塗装は20000~48000円ほどでおこなうことができます。すべての窓に雨戸がついているとは考えにくいので、もう少し費用が安くなることが考えられますね。

こう考えると、雨戸の塗装は取り換えに比べてとても低価格でおこなうことができます。単純計算で、取り換え1回の費用で塗装が10回できます。こう考えると塗装の費用の安さが実感できるのではないでしょうか。

外壁塗装の際はぜひ雨戸の塗装も考えてみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。