ベランダを防水加工したい!種類やポイントを調査

ベランダ 防水

ベランダは、家の中と違って雨や風にさらされ、劣化が激しくなりがちなものです。

そんなベランダを防水工事したい、塗装したい、少し工事を考えているという方に向けてベランダ工事の種類とその費用、工事を依頼する上でのコツなどをご紹介していきます。

ベランダ防水とは、雨漏りの侵入を防ぐためにおこなう工事

まず初めに「ベランダ防水」とは、ベランダなどの床面に防水加工をおこない、水分がベランダの下地に侵入して、雨漏りを発生することを防ぐ役割を担います。ベランダには、家を建てた際に防水加工を施すのですが、外壁塗装と同じく一生効果が持続するものではなく、何年おきかで工事をおこなうことによって、しっかりとしたベランダとなります。

そんなベランダが劣化を起こす原因は、雨水や紫外線、強風となっており、ベランダが劣化しひび割れを起こってしまいます。そしてこの劣化した部分から雨水が侵入し、雨漏りが発生します。この雨漏りは、ベランダの耐用年数だけではなく、建物自体の耐用年数も短くしてしまうので、ベランダの状態を1年に最低一度は確認するなどの対策をおこなうことが重要になっていきます。

ベランダ防水の種類は3つ

次に、ベランダ防水の種類についてです。

塗膜防水

1つ目は、塗膜防水です。こちらは、現場で液状のFRPやウレタンなどの塗料を直接塗り、化学反応によってベランダに防水の膜を張り付ける工法です。

この工程は、ベランダのどのような素材にも隙間なく密着してとても自然な仕上がりとなりますが、一定の厚みを確保することが難しく、耐用年数も少し短いため、定期的に工事をおこなう必要があります。

アスファルト防水

2つ目は、アスファルト防水です。この工法は世界最古の工法とも言われており、古くから使われているので信頼性が高く、材料がアスファルトなので防水耐性も抜群です。液状のアスファルトと、防水性の高いアスファルトを何回も積み重ね、厚みのある層を作ります。必ず2層以上の層を原則とし、防水性と耐久性ともに高いのが特徴です。しかも、工法自体に不具合が起こりづらいことも特徴です。

しかし、アスファルトを溶解することで煙と臭いが発生してしまうため、工事をおこなう際は近隣の住民に対して了承をとっておく必要があります。

近年では、アスファルトの構造を向上させた冷工法やトーチ工法など様々な進化を遂げています。

シート防水

3つ目は、シート防水です。こちらは、他2つとは異なりとても簡単な工法となります。

ゴムや塩化ビニールからなるシートを、ベランダの床に貼ることで完成します。しかし、簡易的なため、外部損傷に弱く、個人個人の管理が重要になってくる工法と言えます。

このように様々な方法がございますが、この3つの中でしたら、私は塗膜防水をおすすめします。

ベランダ防水をおこなう際の注意点

それでは、ベランダ防水を業者に依頼する、工事をおこなう上で、私達はどのようなことに注意していけば良いのでしょうか。

業者選びに気を付ける

まずは、業者選びに気を付けることです。このようなベランダの防水工事はピンからキリまであると言われていますが、高いところでは数十万を超えてくる工事もあります。さらにベランダ防水は頻繁におこなうものでもなく、一回の工事に対する重要性はとても大きいです。

良い業者の選び方の例ですが、優良業者は工程表がとてもしっかりしています。工程表がしっかりまとめられているということは、「私達は、工程を曖昧にしてお客様を騙すことなくこの工程通り工事をおこないます。」という信頼を得るのに充分です。

さらに、良い業者は現場が綺麗という面もあります。知識など言動はとても優れていたとしても、現場が汚い業者は経験があまりなく、技術が低い可能性が高いです。ですので、しっかりとした業者に依頼することがとても重要となっています。

悪徳業者について、特徴を詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

外壁塗装工事を安く抑えるためにはどのようなポイントを押さえればいいのでしょうか?安さを求めすぎて、様々な落とし穴にはまってしまう場合も...。外壁塗装を安くおこなうポイントと注意点を紹介していきます!

自宅に合った工法を選択する

自宅に合った工法を選ぶことも重要です。床質によっては、この工法が良い・悪いというものが存在します。近隣住民との距離が近く、今後長年住む予定のない方は、臭いや煙が発生し、近隣住民との問題が発生しかねないアスファルト工程ではなく、耐用年数は少し短いですが塗膜防水をおこなうなど、自宅の環境にあった工法を選ぶことが重要です。

工事工程を実際に観察する

そして、実際に工事工程を観察することが重要です。世の中には、工程表だけしっかりしているが、工事は手抜きといった業者も存在します。工程表だけを見て信じ切ってしまい、工事は見学に行かないなどの対応をすると、業者側も手を抜いても良いのではと感じてしまうかもしれません。

ベランダ防水は、十分な検討をおこなうべし!

このように、ベランダ防水には様々な種類があり、工事をおこなう上でどの業者が良いのか、どれが自宅の環境に合っているのかなど、十分に検討することが重要です。

世の中には様々な業者がありますので、知人の紹介や近隣住民が依頼していた会社だからといった理由ではなく、自分自身で検討することにより、最適な工事をおこなえるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。