自宅の屋根に雨漏りができたら?屋根修理前に確認したい3つのこと

日本は梅雨の時期以外にも雨がよく降る降雨量の多い国です。

豪雨がやってくる夏や雪の降る冬だけでなく、台風や季節の変わり目によって天気は不安定になります。

降雨量の多さによって、心配になるのが住宅の雨漏りではないでしょうか?

今回は、自宅に雨漏りが発生した際、業者に屋根修理を依頼する前に自身で確認できると良いことを3つをご紹介します!

1,雨漏りと住宅の状況をチェックしておこう!

雨漏りが発生する場所はどこ?

業者に屋根修理を依頼する場合、まずはあなた自身が「敵」を知っておく必要があります。

どの階で雨漏りが発生しているか確認しましょう。

1階ですか?

それとも2階か3階ですか?

どこの部屋で雨漏りが発生しているか把握してください。

屋上のすぐ下ですか?

ベランダのそばや窓枠から雨が漏れていたりしてませんか?

住宅の外壁に設置されている室外機が雨漏りの原因となっている可能性もあるので注意してください。

雨漏りの状況はどんな感じ?

天井にシミが発生している場合はすぐに屋根修理をしなくてはなりません。

しかし、シミが発生していたり、水滴が垂れていたりするなどわかりやすい症状がでているとは限りません。

雨が強い日に限って、部屋がかび臭くなっていることはないですか?

住宅の屋根や外壁、内装からではわかりにくい場合があるので、屋根修理業者の方と一緒に確認するのも良い方法ですね。

雨漏りが発生するのはどんなとき?

雨漏りが発生するのは、天気が荒れているときだけとは限りません。

どれくらいの強さの雨が降ったときに雨漏りが発生していますか?

降雨量雨が降った時間の長さにも気をつけてみるとベストです。

また、降雨量は関係なく、風の強さや向きによって雨漏りが発生することもあります。

雨漏りするときの状況をよく振り返って、屋根修理に臨むのがよいでしょう。

住宅の現在の状況はどんな感じ?

これまで、雨漏りの発生場所や発生条件について注目してきましたが、一度視点を変えてみましょう。

そうです!

あなたの住宅がそもそもどのような状態であるかを再確認しましょう。

あなたの住宅は築何年目でしょうか?

築10年未満ですか?

それとも建てられてから20年以上経っているなんてことはありませんか?

また、以前にネズミやシロアリによる被害を受けたことがあるなら、屋根修理の際に業者の方に伝えましょう。

また地震によるダメージで、倒壊はしなかったものの小さな雨漏りが発生したというケースもあるのでよく振り返ってみてください。

2,雨漏りの原因について知っておこう!

雨漏りの原因はたくさんある!

屋根材の不良

屋根材が瓦の場合、強風や強雨によってズレや割れが発生し、その隙間から雨水が住宅に入ってきてしまうことがあります。

瓦以外の他の屋根材でも、劣化によって浮きが発生し、雨漏りとなってしまうこともあり、早急な屋根修理を要します。

雨樋の詰まり・壊れ

雨漏りは屋根不良による場合だけではありません。

雨樋(あまどい)とは、屋根に降った雨を下方に流すために屋根の外側に設置されるレール部分のことです。

雨樋にコケや落ち葉などが詰まり、雨水の流れがせき止められることで雨漏りが発生してしまうのです。

漆喰の故障

漆喰(しっくい)とは、屋根材をささえる土台のことです。

漆喰が崩れてしまったところから雨水が住宅に侵入し、雨漏りが発生することもあります。

太陽光パネルやテレビアンテナの設置ミス

太陽光パネルやテレビアンテナを設置する際、釘やビスで屋根に固定することが多いです。

しかし、これらの設置ミスのせいで、問題のなかった屋根に傷が生じてしまい、雨漏りを発生させてしまうこともあります。

DIYなど素人による屋根改修でできたミス

屋根材の交換や塗料の塗り直しなどを、詳しい知識がないまま、自身で進めてしまったことで問題のなかった屋根に雨漏りの原因を作ってしまうこともあります。

屋根修理は必ず屋根修理業者に依頼して行ってもらうのが正しい方法です!

3,雨漏りを事前に防ぐ方法を知っておこう!

定期的に屋根点検をしてもらう

定期的に屋根点検をしてもらうことで、屋根材の劣化や屋根周りの不良を早く確認することができます。

喜ばしいことに、定期点検であれば低価格で進めてくれる屋根修理業者も多いようです。

6~12ヶ月に1回依頼するのがベストです。

何事も早期発見が大事なことでしょう!

台風や大雨などがあったら点検に来てもらう

台風や大雨など、大きな災害があった場合は、住宅自体に損傷がなくても、屋根には傷が発生してしまっているかもしれません。

すぐに対処していたら低価格で済むほどの小さな傷や雨漏りが、いざ大きな損傷が発覚したときには被害も大きくなってしまい、屋根修理にかかる費用も大変なものになっているかもしれません!

最悪の場合、住宅の全改修や再建築をせざるを得ない状況に陥ってしまうことにもなりかねません。

「台風や大雨が通り過ぎるごとにチェックしておく」ぐらいの意識を持っておきましょう!

雨漏りが発生したらすぐに屋根修理を依頼しよう!

屋根修理前に確認すべきことがわかったでしょうか?

自宅で雨漏りを発見したら、早めに業者に雨漏りの修理を依頼しましょう。

みなさんは、自宅のメンテナンスをする際に屋根修理のことを忘れていることはありませんか?屋根は家屋にとって大事なものです。今回は、あまりする機会のない屋根修理の業者の選び方と、業者の種類についてわかりやすく紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。