屋根修理のカバー工法を詳しく解説!

屋根修理のカバー工法を詳しく解説!

屋根修理をリフォームするときにその手法としてカバー工法というものがあります。

名前だけ聞いても「それってどんな工法なの?」「その手法は何がいいの?」と思う人が多いと思います。

そこでここではカバー工法について詳しく解説していきます。

屋根修理のカバー工法とはそもそも何か?

カバー工法とは、既存の屋根を撤去せず、その上から新しい屋根材を重ねて取り付ける工法です。

カバー工法に使われる屋根材は金属屋根材が主となっています。

その理由は金属屋根材の特徴である軽さがカバー工法に合っているからです。

カバー工法のメリット

このカバー工法には様々なメリットがあります。

工事費用が抑えられる

カバー工法は既存の屋根材の上に新しい屋根材を重ねるため、屋根材の解体工事費がかかりません

また、既存の屋根材を撤去しないため廃材処理費も節約できるので工事費用やすくすることができます

工期が短い

撤去や養生をおこなわないので通常の工事日数よりも短い期間で工事をすることができます。

天気の都合にもよりますが、葺き替え工事の半分程度の期間でリフォームすることができます。

断熱性、防音性が上がる

金属屋根の裏面にある断熱材が断熱性・防音性を向上させます。

また、屋根が二重になるので、断熱性や防音性が一重に比べ更に上がります。

アスベスト対策になる

2004年以前に製造された屋根材にはアスベストが含まれているものがあります。

アスベストは肺がんをひきおこす可能性があり現在では使用が禁止されています。

このアスベストの含まれた屋根の撤去費用は高額で、さらにアスベストが飛散・拡散しないためには養生費がかかります。

カバー工法で上から新しい屋根材を取り付けることで、アスベストが飛び散る心配をなくし、さらに撤去費用や養生費を節約することができます。

カバー工法のデメリット

屋根が重くなること

カバー工法は既存の屋根材の上に重ねるので屋根の重量は当然重くなります。

屋根の重量が大きくなると重心の位置が高くなるので、耐震性に影響が出ます。

ですがカバー工法に使われる金属屋根は屋根の中でも重量が軽いものなので大きく重量が変わることはないでしょう。

既存の屋根は古いままである

カバー工法は既存の屋根と下地(野地板)を再利用しているので、元の板はそのまま使うことになります。

既存の下地にも寿命はあり、特に結露が起きやすい環境では下地が傷みやすいです。

そのため、結露が発生しやすいところではカバー工法はあまりおすすめできません。

カバー工法の上にカバー工法はできない

カバー工法をしている状態の屋根に、さらにカバー工法をすることはできません。

カバー工法をする前に気を付けるポイント

カバー工法で屋根修理を頼もうと考えていても、カバー工法をしないほうがいい時や、カバー工法ができない場合があります。

ここではカバー工法で気を付けるポイントについて解説します。

下地が傷んでないか

下地が腐っていると、屋根材を固定するネジが効かず、強風ではがれてしまうといった事態になります。

そうするとせっかく屋根修理をしても数年でまた屋根を修理しなければならなくなります

また、水を多く含んでいると下地として機能せず、釘を打ち込むことができない場合があります。

業者の人に屋根を見てもらう場合はしっかり下地も見てもらうようにしましょう。

重ねる屋根材は軽いものにする

新しく重ねる屋根は軽いものにしましょう。

重ねる屋根を重いものにして屋根修理をしてもらうと、耐震性が悪くなる可能性があります。

カバー工法で重ねる屋根は基本的に軽くて錆びにくい金属屋根(ガルバリウム鋼板)がいいでしょう。

カバー工法ができない既存屋根材がある

カバー工法は全ての屋根材でできるわけではありません。

ここでカバー工法ができる屋根を紹介します。

カバー工法に適した屋根材

  • コロニアル
  • アスファルトシングル

コロニアルやアスファルトシングルの上にカバー工法で屋根を重ねることは基本的に可能です。

カバー工法できるがおすすめしない屋根材

  • 金属屋根(トタン瓦棒)

金属屋根にカバー工法をおこなうことは可能です。

しかし屋根修理でおこなうことはほとんどありません。

理由はトタン瓦棒の屋根はリフォームが必要な状態のとき、屋根自体すでにボロボロな可能性が高いからです。

そのような状態の屋根にカバー工法をおこなってもすぐにまた修理しなければならないかもしれないので、あまりおすすめはできません。

カバー工法ができない屋根材

瓦屋根は屋根材に厚みがあるため、カバー工法でのリフォームはできません。

優良業者か判断する方法

屋根修理をしてもらう業者はちゃんとしたところを選ばないと施工の問題ですぐ錆びてしまったり、数年で葺き替え工事をしなければならなくなったりします。

そこで良い業者を選ぶ判断基準をご紹介します。

写真や映像を撮って見せてくれるかどうか

屋根に上がって調査しても、屋根の状態を口頭だけの説明では理解が難しいです。

実際に写真や映像を見せてもらいながら説明を受けると、状況が理解しやすく、業者とあなたとの情報の共有ができます。

カバー工法以外の方法も提案してくれるかどうか

あなたがカバー工法を希望していても状態や予算によって別の方法が良い場合があります。

最適なプランを提案してくれる業者を選ぶことが大切です。

見積書に詳細が記載されているかどうか

しっかりした業者は費用の内訳を細かく記載し説明してくれますが、適当な業者だと詳細を書かれていない場合があります。

そうすると、もし業者が高額で見積もりをだしてもなぜそのような金額なのかが分かりません。

見積書が丁寧に作られているかを確認しておきましょう。

最後に

カバー工法は適した場合にはとてもおすすめですが、屋根の状態によっては別の方法がよいということがあります。

また、業者選びも重要で適当な業者に施工してもらうと、短期間でまた屋根修理が必要になるかもしれません。

優良な業者にみてもらい、適切な方法での屋根修理を頼むようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。