屋根修理の詐欺に注意!パターンと対処法を紹介

屋根修理の詐欺に注意!パターンと対処法を紹介

屋根修理や屋根工事の詐欺が近年発生しています。

「自分には関係ないこと」と思っている方もいるかもしません。

しかし、いざというときのために知っておくにこしたことはありません。

今回は、屋根修理の詐欺の手法や、対処法についてお伝えします。

屋根修理の詐欺の手法

屋根修理は屋根材の交換や雨漏りを直すといった工事です。

屋根修理による詐欺がどのようなものか紹介していきます。

細かい修理を追加する

屋根材の交換や補修工事はひとつひとつは少額でおこなうことができますが、工事内容を次々と追加されていくと、最終的に高額の修理費用を請求されてしまいます

一度で直せるものを少しずつ直してお客からの信用を得て、後々大きな屋根工事や小さな工事を追加で次々契約させようとしてくる場合もあります。

原因を特定せずに修理を施工

屋根修理で一番多いのは、雨漏りの修理です。

雨漏りの修理は原因を特定して原因にあった修理をしなければいけませんが、雨漏りの原因を特定せずに雨漏りだと思われるところを修理したり、しっかりとした調査をおこなわずに修理をすることで、雨漏りがさらに大きくなる可能性があります。

業者の中にはお客が屋根に上がれないので手抜き工事をおこなうなんてところもあります。

もし、手抜き工事をされると、何度も直す必要が出て当初の3倍以上もの金額になる場合があります

訪問販売で気を付けるべき言葉

屋根修理の詐欺は訪問販売でおこなわれることも多いです。

屋根修理の詐欺をおこなっている業者が使う言葉は決まったものが多いので、その言葉を知っていれば疑うことができます。

お宅の屋根が気になって来ました

たまたま近くを通った時に目が留まって訪問したと行ってきます。

屋根材がずれ落ちているといったような遠くからでも目に見えて分かる指摘ならば気になるでしょうが、実際に指摘されるのは「釘が抜けそう」といった近くから見ないと分からなかったり、近くで見ても分かるか難しいようなものです。

どこから見たかどうやって見たかが分からない場合は別の業者に依頼する、自分の目で確認するなどしましょう。

無料で点検します

詐欺業者がよく使う言葉が「無料」という単語です。

無料と聞くとお得に感じるかもしれないですが、現在屋根業者の点検はほとんどが有料です

悪質な場合は、しつこく契約を迫る、さらには自分で壊して修理が必要だと言う業者までいます。

無料と言われても鵜呑みにせず疑いの目を持ちましょう。

キャンペーン中

宣伝割引や期間限定と言って最初に高額を提示して、後から割り引くことで契約してもいいと思わせる手口です。

工事には材料費や人件費がかかるため、大きな割引を提示されたときは「材料の質が下がる」「手抜き工事をされる」といった可能性があります。

瓦がずれている、接着剤でメンテナンス不要にできます

築年数が長い家は屋根材にズレがおきたり、棟が歪んだりといった不具合がでます。

「瓦全体を接着剤でくっつけることで屋根全体を一体化させればメンテナンスが不要になり、長持ちします」と勧めてくる業者がいますが、そんなことはありません

接着剤の接着効果はとても強力で長持ちしますが、防水性は15年程度で効果がなくなります

すると、逆に雨漏りや結露のリスクが高くなります。

また、瓦以外が劣化した時や1枚だけ交換するといったメンテナンスがおこないにくくなります。

保険を使って無料で工事しませんか

火災保険を使えば0円で屋根の工事ができるといってくる業者がいます。

火災保険は火災以外にも台風といった自然災害にも適用されますが、自然災害を装った修理や屋根のリフォームは違法です

詐欺にあわないためにできること

訪問販売は屋根に上がらせない

訪問販売の全てが悪い業者ではありませんが、屋根に上がって不具合を指摘してきた場合は特に気を付けましょう。

屋根に上がって点検した後「修理が必要です。」と契約を結ぼうとするのが、悪徳業者に多い手口です。

部分修理で十分な場合も屋根材を全面張り替える工事を勧めてくるケースが少なくありません。

そのため訪問販売の人は極力屋根に上がらせないようにしましょう。

即決しない

これが詐欺にあわないために1番大事です。

詐欺をおこなう人は危機感を煽り「今すぐ契約して工事したほうがいい」と言ってきます。

しかし、優良な業者の方は指摘はしてもすぐに契約を迫ることはありません。

もし訪問販売で点検した後に「修理が必要です。」とその場で契約を促してきた場合は、断って後日別の修理業者に点検してもらいましょう。

複数の業者に点検してもらえば確実性はさらに上がります。

もし怪しい業者と契約してしまった場合の対処法

早めに別の業者に相談や点検を依頼する

契約したが業者に不安が残っているというときは別の業者に点検を依頼しましょう。

ちゃんとした業者だった場合は同様の指摘をもらえます。

もし、いらない工事があったり、故意に壊されているといった場合はすぐに教えてくれるでしょう。

クーリングオフする

他の業者に見てもらって契約した業者が信用できないと判断した場合はクーリングオフしましょう。

クーリングオフ期間であれば契約を解除することができます。

消費者センター、弁護士に相談する

難癖をつけられたりクーリングオフを認めない場合は消費者センターや弁護士に相談するべきです。

屋根修理の詐欺には細心の注意を払いましょう

今回屋根修理の詐欺についてさまざまな手法や対策を紹介してきました。

甘い話や不安を煽る話には十分に注意しましょう。

もし、怪しい業者と契約してしまった場合も落ち着いて正しい対処をしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。