屋根修理を始める前に…業者依頼・DIYそれぞれの注意点を解説!

みなさんは、自宅のメンテナンスを定期的に行っていますか?

自宅のメンテナンスと一口に言っても、外壁や内装の改修に、庭やベランダの整備などいろいろなものがありますよね。

しかし、そこで見落としやすいのが、屋根修理なのです!

普段から注目することのない屋根をメンテナンスしませんか?

今回は、屋根修理を進める際に注意することを、業者に依頼したときの場合DIYで屋根修理をすすめるときに分けて解説していきます!

屋根修理を業者に依頼するときの注意

修理業者を選ぶときに気を付けること

無理に修理させようとしてないかどうか

訪問販売や飛び込み営業の手を使ってくる業者は特に注意が必要です!

彼らは「お宅の屋根を拝見したのですが、傷んでいるようだから早く直したほうが良いですよ!」などといって、言葉巧みにあなたに屋根修理の契約を結ばせようしようとしてくることもあります…。

あなたの不安を煽るような営業があれば注意してください!

とは言っても、このような「いかにも」な営業には皆さんはひっかからないかもしれませんね。

屋根修理業者の中には、見積もりや下準備まで完璧な対応をしてくれるものもいます。

しかし、いざ契約を結ぼうとしたとき、大幅な値引きやサービスが良すぎる契約の提案をしてくることがあります。

一見「お得な」契約は、手を抜いた屋根修理をされる可能性もあるため注意してください!

屋根修理の営業の中には今すぐ修理をしたほうがいいと言ってすぐに契約を迫ったり高額の修理費用を請求してくる業者がいます。ここでは詐欺の手法と詐欺にあわないための対策について解説します。

意図の分からない屋根修理をしようとしてないか

屋根修理の契約が単価としては安くても、余計な修理面積を増やしてきて、結局業者に多額の支払いをしなくてはならなくなった…なんてこともあるので注意しましょう。

見積もりや屋根修理の説明段階でよくわからないことがあったら、その都度屋根修理を依頼する業者に相談・質問をしてください。

わからないことを放っておくと、悪徳業者じゃなくても面倒なことになってしまうので、おざなりにしてはいけません。

屋根修理を依頼する業者を選ぶところから契約を結ぶところまで、家主として、依頼主として、しっかりあなたが理解・納得した上ですすめていきましょう!

みなさんは、自宅のメンテナンスをする際に屋根修理のことを忘れていることはありませんか?屋根は家屋にとって大事なものです。今回は、あまりする機会のない屋根修理の業者の選び方と、業者の種類についてわかりやすく紹介します。

屋根修理を始めるときの注意

いざ、屋根修理を始めるとなっても、業者に丸投げしてはいけません。

屋根修理をすすめること自体は、あなた個人の問題かもしれませんが、一度自宅の周りにも注意の目を向けましょう。

近隣に住む人々に屋根修理をすることを話しましたか?

もしかしたら、あなたには大したことのないことも他の人々にとっては重要なことかもしれません。

屋根修理にかかる期間中に、周辺の人々に与えそうな影響についても注意してみてください。

「近所トラブルを起こしてしまわないかどうか」屋根修理をすすめるにあたって、誰しも気になるでことでしょう。屋根修理の際に起きてしまうかもしれない近所トラブルの例とそれらを事前に防ぐ方法をご紹介します!

DIYで屋根修理をするときの注意

DIYのメリット・デメリットとは?

最大のメリットは費用を抑えられること!

DIYの最大メリットは、費用を抑えられるということでしょう!

屋根修理に使う材料費や道具代も自分で決めることができ、作業をするのも自分でするため、人件費はかかりません。

業者によっては、屋根修理がすぐに始められないこともあるので、自分のペースで修理に取り掛かれるのもDIYのメリットですね。

最大のデメリットは屋根修理の質に不安があること…

しかし、業者に依頼しない分、デメリットも発生します。

最大のデメリットは、修理そのものの質に不安があるということです。

偏った知識で屋根修理を進めてしまうと、むしろ前の状態よりも悪い状態の屋根に出来上がってしまうかもしれません…。

そして、その作業は自己責任であるため、保証・補償が効きません。

結局、業者に屋根修理を依頼し、余計に費用がかかってしまうことだってありえるのです!

また、高所での作業であるため、曖昧な安全状態で修理を始めてしまうと取り返しのつかない事態を招く危険性もあります。

DIYの屋根修理を勧めないわけではありませんが、十分注意をして行ってくださいね。

屋根修理を始めるときに気を付けること

安全が確保できているかどうか

修理を進めていく際に、安全であるかどうかを何よりも優先して注意してください。

命に関わる事故を起こしてしまっては、元も子もありません。

作業場がいくら堅固になっても、日没後や天候が安定しないときには、絶対に屋根修理をしないようにしましょう!

修理道具が準備できているかどうか

屋根修理に使う道具は、適切なものでしょうか?

もう一度注意の目を向けてください。

不安がある場合は、近くの工務店や屋根修理を専門として行っている業者に問い合わせるのもいいでしょう。

塗料や屋根材についての正しい知識があるかどうか

屋根修理に必要な塗料や屋根材は今回の修理に役立つものでしょうか?

せっかくのメンテナンスなのに、使った塗料や屋根材の選択ミスのせいで、まったく無意味なものになってしまっては嫌ですよね?

専門家に問い合わせるなど、確実な情報の元、準備を進めてください。

屋根修理で注意することはたくさんある!

屋根修理はそう何度も行えるものではありません。

一つ一つのことに注意して、後悔のない屋根修理をしてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。