屋根塗装がもつ重要な意味とはなんだ?

屋根塗装の意味

家屋にとって屋根塗装は大きな意味を持つ

皆さんの家屋には屋根塗装が施されていますか?

屋根塗装とは屋根を好きな色にするために、ペンキを塗って完成!というものではありません。

屋根塗装には家屋に対して重要な機能や意味を持っているのです。

では、これから紹介していきましょう。

なぜ屋根塗装をするか

当然ですが、家屋には屋根が付いています。

しかし、屋根は常に新品であるということはなく、永遠に壊れないわけではありません。

雨風や極度の紫外線からそこに住む人間を守るために、代わりにダメージを受けてくれているため、屋根も少しずつ傷んできます。

屋根そのものが傷んでしまうと、大規模な改修工事を求められることになります。

また、最悪の場合、その家屋を諦め新しい住居を探すことになってしまいます。

そこで、大事な家屋の屋根を傷つけないために、屋根塗装が重要になってきます。

屋根そのものが傷つくと負担は少しでは済みません。そのため、塗装を行うことで屋根自体がダメージを被らないようにするのが、屋根塗装の重要な意味なのです。

屋根塗装のメリットとは①

屋根塗装の重要な意味はもちろん家屋の屋根を守ることですが、家屋や屋根にもたらすメリットは他にもたくさんあります。

屋根の寿命を延ばす

屋根は常に雨風や紫外線を常に受けています。

その屋根が負うダメージを塗装自身が代わりに受けることになり、屋根本体へのダメージを極力減らしてくれます。

屋根塗装は定期的に、かつ、正しい量や塗装性を理解し使いこなすことができれば、屋根本体の修理の必要度合は劇的に低くなり、家屋は安全です。

雨漏りを予防できる

屋根塗装によって、屋根本体が負うダメージが少なくなるので、雨風への耐久性も上がります。

塗装がない屋根の場合、屋根本体が浸水することで屋根本体の素材や構造が傷んでしまい、屋根としての機能が発揮されなくなってしまいます。

防水性のある屋根塗装をすることで、本体に浸水することがないのでその手の不安がなくなりますね。

屋根塗装のメリットとは②

他にもメリットはあります。

住居の節電効果にもつながる

屋根用の塗料の中には、遮熱性や断熱性に関して強いものもあります。

それらを屋根塗装に用いることで、気温が高く熱をできるだけ遮りたい夏場は屋内が涼しくなり、気温が低く屋内も冷えがちな冬場は熱が逃げにくくなります。

そのため、屋内で利用する冷房・暖房の無駄遣いを減らすことにつながり、節電効果が生まれます。

美しい外観に仕上げられる

塗料の中には、色素が含まれているものも多く、基本的に好みの色に仕上げることができます。

家屋の外壁などとの色彩の相性も、屋根塗装としての機能性も考慮することができるならば、家屋の外観も屋根の耐久性も保障されて一石二鳥です。

これらのメリットも踏まえると、屋根塗装には重要な意味があることが理解できますね。

屋根塗装のデメリット 屋根塗装の意味がなくなる?!

しかし、いくら一石二鳥な屋根塗装にもデメリットがあります。いくつか紹介していきましょう。

逆に雨漏りを引き起こしてしまう

さきほど、屋根塗装のメリットとして防水性があることを挙げました。

しかし、その防水性を活かすどころか、逆に雨漏りを引き起こす原因につながってしまい屋根塗装の意味がなくなってしまうこともあるのです。

実は、屋根塗装は多く塗料を塗りすぎてしまうと、効果が発揮されないのです。

このような良くない塗装は質の良くない業者が塗装を手掛けたり、その家屋の住人自身が業者に頼まず素人的な塗り方を行ったりしたときに起こりうるのです。

「塗料は多いほうがより効果が表れやすい。」といった安易な考えは屋根塗装には通じないのですね。

塗装自体の寿命は長くない

屋根塗装をすることで、屋根本体の寿命を延ばす効果があります。

しかし、その塗装に使う塗料の方はあまり耐久性が良くないのです。

もちろん、塗料は塗られてからから少しずつ劣化するものではあります。

それでも、塗装前の屋根洗浄が十分なものではなかったり、屋根本体と相性の良くない塗料を利用したり、さきほどの雨漏りの例のように、安売り業者による粗い塗装や素人的な塗装が施されたりした場合、すぐに屋根塗装がはがれてしまう可能性があるのです。

粗い塗り方にならないように気を付けるべきですが、過度な塗り方になって屋根塗装の意味がなくなってしまってもよくありません。

メリットのある屋根塗装も下手をすると、まったく役に立たないものになってしまうのですね。

屋根塗装には重要な意味があるが、使い方次第!

屋根塗装は計画的に

屋根塗装は、ただ単純にその機能性や色彩性だけを理解するだけではその意味を為すどころか、逆にデメリットしか生まないことがここまでで理解できたでしょうか。

塗装を完璧にこなすにはそれを確実に実行してくれる信頼性のある業者に頼むことや、自身も塗料についての情報を集めることで、効果のない無意味な屋根塗装をせずに済みます。

大事な家屋の大事な屋根、それを守るための屋根塗装は是非他人に全てを任せたりせず、その重要性や意味を考えたうえで取り組んでみることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。