屋根塗装に適した塗料の種類の解説

屋根塗装おすすめ塗料

屋根の状態は私達の目には届きにくい箇所です。だからこそ耐用年数の目安を知っておくことが非常に大切です。

「私の家の屋根は大丈夫?」そんな疑問を初めて持った方などにも向けて、屋根塗装に使われる一般的な塗料の酒類を分かりやすく解説していきます。

屋根塗装における耐用年数とは

まずは屋根塗装において耐用年数とはどのような意味があるのかを説明していきます。

屋根塗装において耐用年数とは、屋根に塗布した塗料の効果や効用などが十分に発揮される期間のことをいいます。

屋根上で塗料が十分に機能している期間であり、塗膜が劣化するまでの期間であります。

各メーカーが発表している屋根塗料の耐用年数は、その期間の間は塗膜としての効果を維持できるという確たる証拠を出すことにより公布しています。

例えば耐用年数10年であるならば、屋根塗装としての機能が10年間確実に継続できるという結果を様々な実験によって実証し、数値としてそれを発表しています。

屋根塗装別の耐用年数

屋根塗装の耐用年数は塗料の種類によって違いがあります。

一般的な屋根塗装に使われる塗料の種類と耐用年数を紹介していきます。

アクリル塗料

耐用年数は5~7年程度です。

汚れやすく耐久性が弱いので、耐用年数は長くはありませんが、他と比べると安価な塗料なので短期間で塗替えを繰り返す建物には適した塗料と言えます。

ウレタン塗料

耐用年数は5~8年程度です。

防汚性や施行性で一時期注目を浴びた塗料ですが、シリコン塗料の出現によって衰退してしまいました。

アクリルほど耐久力がなく、シリコンほど機能性があるわけではないのであまり人気はありません。

シリコン塗料

耐用年数は10~13年程度です。

費用対効果に優れているので屋根塗装としてはたいへん親しまれています。しかし、機能性塗料の出現によって耐用年数に差が現れ始め、徐々に注目度が下がってきた塗料です。

光触媒塗料

耐用年数は13~18年程度です。

日光を浴びることで親水効果が発揮され、屋根の塗膜をきれいな状態で保つことができます。

費用は高くなりますが、確実に親水効果を発揮するので人気が出てきています。

フッ素系塗料

耐用年数15~20年程度です。

耐久度が高く、親水効果もある屋根塗装です。そのためメンテナンスの行き届かない屋根の状態を長年美しく保つことができますが、費用は高価です。

遮熱塗料

費用は高くなりますが、遮熱性が高く、建物に浸透するはずの熱をはねのける効果があるので、省エネ効果があります。

耐用年数も長いのでメンテナンスが必要なく、大変人気があります。

断熱塗料

耐用年数15~20年程度です。塗料に中空ビーズを含んでおり、断熱性があります。余計な熱を建物に伝えない効果を発揮します。

耐用年数も長いので徐々に人気が出てきている塗料です。

塗料を選ぶ時は耐用年数が大事

上記のように屋根塗装には耐用年数の違いが大きくあり、短いものと長いものを比べると2~3倍程度も差があります。

耐用年数が短いものは単価が安く、長いものは高価になります。

屋根塗装工事を行う時、耐用年数と単価どちらに注目するべきなのか、ポイントを解説します。

単価が安いからと言ってお得とは限らない

屋根の塗装工事の際、費用を安く抑えたいため単価のやすい塗料を選んでしまう方が多いです。

しかし、塗装工事のお得さは単価の安さだけではありません。

単価の安さも魅力の一つですが、耐用年数の長さはメンテナンスの回数の少なさを表します。

こまめに塗り直しを行っているとそのたびに足場の組み立て費用などもかかります。

この分が損となり、見えにくい仮設工事費用がかさんでしまうのは、決してお得な塗装工事とは言えません。

メンテナンスの手間が省ける

耐用年数の長い塗料は高価ですが、その分長期間メンテナンスをしないですみます。

耐用年数が長い塗料を使うことでメンテナンスフリーにすることも可能です。

塗替えなどのメンテナンスは手間がかかり意外とできない場合が多いです。

メンテナンスのタイミングを見逃す

お客様は屋根の素人ですので、メンテナンスのタイミングを逃してしまい、屋根の状態が重篤になってしまう場合があります。

タイミングを逃すと屋根のメンテナンスだけではすまなくなる場合もあります。雨漏りが起きてしまうのはメンテナンスのタイミングを逃してしまった場合が多いです。

これらの点を踏まえると単価が高くても耐用年数の長い屋根塗装を行うほうがお得な場合が多いです。

屋根材別の塗料塗替え時期目安

屋根自体の素材によっても屋根塗装工事のタイミングは異なります。

そこで屋根材の種類別の塗替え時期を知っておくと、屋根状態を万全に保つことができます。

トタン屋根(銅板屋根)

耐用年数10年程度。

金属なので時間が経つとサビなどが発生し劣化します。サビは少しでも発生すると徐々に悪化していくので気づいたら早めの対処が必要です。

ストレート屋根(コロニアル屋根)

耐用年数は8年程度。

4.5mmほどの薄い瓦屋根のため太陽光などにより徐々に悪化していきます。

紫外線や風雨、苔やカビなどにより塗膜の状態が悪化していきます。

瓦屋根

耐用年数8年程度。

瓦自体は無機質なので半永久的に持ちますが、表面の塗装は外的刺激により徐々に劣化していきます。

これらの屋根の素材別の耐用年数や、塗料の種類別の耐用年数を考慮し、屋根塗装工事を行っていかなければなりません。

終わりに

今回は屋根塗装に用いる塗料の種類を耐用年数別に紹介しましたがいかがでしたか。

屋根の状態は普段目にしないことが多く気づいたときには劣化していて、雨漏りしてから気づく方も多いです。

前回の屋根メンテンナンスから10年以上経っている方は一度屋根の状態を確認してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。